【広島大】夏休み計画立てのヒント

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009299/

この記事を書いた人

広島大学 教育学部  さくらぎ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    夏休み計画立てのヒント.png

    こんにちは!広島大学教育学部、先輩チューターのさくらぎです!

    いよいよ受験生の夏休みを迎えますね!

    夏休みはまとまった時間が取れますが、やみくもに勉強すると教科が偏ったり、中だるみしてしまいます・・・

    そのため、計画を立てることがとても大事です。

    というわけで今回は、夏休みの学習計画を立てるうえでのヒントを3つ紹介します!

    夏休みをざっくりと区切る

    夏休みは長いので、まずは期間をざっくりと区切ってみましょう。

    私の場合、夏休みを2週間くらいで区切り、それぞれ何の科目に力を入れるのかを決めていました。

    決めた科目はその期間中毎日やるようにし、他の科目に関しても、やらない日が2日以上空かないようにしました。

    特に、受験勉強に本腰を入れ始めたばかりの人や苦手が多すぎる人は、各教科まんべんなく取り組んで基礎を固めることを優先すると良いと思います。

    詰め込みすぎに注意

    夏休みは時間が取れるからと、スケジュールを詰めたい気持ちはよくわかります。

    しかし、ぎっしり詰めるのは計画倒れの原因になります。

    それを防ぐために、やること一つ一つの目安時間を考え、1日でできる無理のない分量で計画を立てると良いと思います。

    志望大の過去問を解く

    志望大の過去問を解いたことがない人はぜひ夏休みに一度解いてみてください

    分からない部分があっても構いません。

    この時期に過去問をやるうえで重要なのは、自分に何が足りないかを知ることです。

    過去問で見つけた苦手を少しでも夏休みで克服するために、夏休み中盤までに取り組むことをおすすめします。

    最後に

    少しでも参考になれば嬉しいです!

    個別で相談したいことがあれば、いつでも先輩ダイレクトを利用してくださいね!

    「8月号スタートライブ」と「プレ夏期講習&スペシャルイベント」のお知らせ

    7/20 19:00~「8月号スタートライブ 合格学習戦略」開催!

    受験の天王山とも言われるほど、夏休みは受験生にとって重要な時期。

    進路のプロと先輩チューターが、勝負の夏に何をして、何をすべきでないのか「今」知っておくべき情報を伝授!

    8月号のテーマは、「夏の基礎完成で志望大へ近づく!」。夏の総復習教材や夏期講習の活かし方や、夏の学習を効果的に進めるためのヒントなど、気になる情報が満載!

    7/24「プレ夏期講習&スペシャルイベント」開催!

    受験天王山といわれても、いきなりしっかり勉強できるか不安...

    という人のために、夏の準備をする「プレ夏期講習」を7/24(土)、25(日)で実施。通常の「合格への100題オンラインライブ授業」の時間を30分延長し、「夏前に克服しておくべき弱点」をテーマにした特別授業です。夏に本格的な学習を開始するその準備としてぜひ受講してみよう。

    さらに、7/24(土)20:00からは「受験生応援スペシャルイベント」も開催!こちらも必ずチェックしてみてくださいね。

    視聴はこちらから!

    ※録画は「アーカイブ(過去の授業一覧)」から見ることができます

    <この記事を書いた人>
    広島大 さくらぎ

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング