【奈良女子大】夏休みの勉強、これだけはやめとけ3選

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009254/

この記事を書いた人

奈良女子大学 生活環境学部  るなぴす先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【奈良女子大】夏休みの勉強、これだけはやめとけ3選

    皆さんこんにちは!奈良女子大学の先輩チューター、るなぴすです!

    7月もそろそろお別れが近づいてきましたね。

    私はというと、暑い日が続くこの時期にはついついアイスが食べたくなるのですが...

    一人暮らしの極小冷蔵庫には箱アイスを入れる余裕がないので(笑)、アイスが食べたくなった時にはいつも買い置きしている小さいカップのヨーグルトを凍らせて、フローズンヨーグルトにしてアイスを食べた気になっています。

    さっぱりしてて美味しいので、受験勉強の息抜きに、興味があればお試しあれ!

    さてさて、前置きはこれくらいにして...

    今回の記事では、皆さんそろそろ突入しているであろう、夏休みの勉強について深掘りしていこうと思います。

    夏休みは受験の天王山」なんてフレーズがよく言われるくらい、夏休みは受験生にとって、チャンスに溢れた大切にしてほしい時間です。

    そんな大切な夏休みを無駄なく有効活用できるよう、今回の記事を読んでバッチリ勉強法を把握しちゃいましょう!

    〈!注意!〉

    今回の記事では、るなぴす的に「これはオススメできん...!」という勉強法に絞ってお伝えをしていきます。

    私や私の友人たちがやらかした悲しき失敗を、どうか繰り返さぬようご注意くださいませ。

    オススメしないよ その1:とにかくいろんな問題集使いまくる!

    ブログ第4回 本文中①[1].png

    これが個人的に一番オススメできない勉強法になります。

    いろんな問題に触れたい!という考えは間違っていないと思うけれど、だからといって問題集の数をこなせばいいわけでもないと思っています

    とにかくいろんな問題集を使いまくるとどういうことが起こるかというと...

    ひとつひとつの問題集を解く・復習するのにかけられる時間が短くなるのは、何となく想像できるんじゃないかと思います。

    1回目で解けない問題がたくさんある場合は特に、復習したり繰り返し解いたりすることで、少しずつ解けるようになっていくものです。

    ということは、せっかくいろんな問題集を使いまくって沢山問題を解いたとしても、復習や繰り返し解く過程に時間がかけられなくなる分、身に着くものも少なくなってしまう可能性が高いのです...!

    せめて努力した分は報われたいものですよね。

    本当にもったいない勉強の仕方だと思うので、ぜひとも避けていただきたいです。

    オススメしないよ その2:時間もあるし、応用問題やりまくる!

    ブログ第4回 本文中②[1].png

    夏休みに入るまでに基礎固めが終わっているスーパーマンを除き、避けてほしい勉強法ナンバーツー。

    基礎固めが終わっている自信がある人はやってもOKです。

    基礎固めがまだ終わっていないのであれば、応用問題だけに特化して夏休みを使うのはハイリスクかと思います。

    何故かというと、基礎が分かっていないのに応用問題ばかりに手を出しても、大抵の問題は解けないからです。

    例えば、平日は基礎固めに集中→土日に応用問題も取り組む、と言うような感じで、基礎固めの配分を大きくしつつ、応用問題にもある程度は取り組み始めておくのがよきかなと思います。

    ※基礎固めと応用のバランスは、どれくらい基礎固めが終わっていないかによって配分を考えてみてね!

    一人じゃ考えるのが不安な人は、先輩ダイレクトで相談してみるのもオススメです。

    オススメしないよ その3:復習は答え見て納得出来たらおしまい!

    ブログ第4回 本文中③[1].png

    こちらに関しては、夏休みであること関係なしにオススメできない勉強法です。

    私自身、解答解説を読んでちゃんと納得出来たら、復習をそこでおしまいにしていた時期がありました...

    でも、ある時気付いてしまいました。

    しばらくしてから何の気なしに問題を解き直してみたら、なんと同じ間違いを犯していたのです。

    同じような経験をしたことがある人、案外いるのではないでしょうか。

    このホラー現象の原因は、大きく2つ考えられるかなと思います。

    1つは、解説を読んだときに、「分かった気」になっただけで実は理解できていなかった...というパターン。

    そしてもう1つは、解説を読んだときにはちゃんと理解できていたけど、時間経過で忘れたパターンです。

    このどちらもまとめて予防できる方法としては、答えや解説を読むだけで済ますのではなく、アウトプットの動作も取り入れることです。

    具体的には、間違えた原因を解答の横に書き出してみたり、数学などであれば、解説を読んだ後に正しい解法を開設を見ずにノートなどに再現してみたりするのがあり得るかなと思います。

    このようにアウトプットの動作も取り入れることで、分かったつもりをなくし、かつ印象に残りやすいので忘れにくい復習の仕方になりますよ!

    まとめ

    今回のポイントをおさらいしておきましょう!

    この勉強はオススメしないよ 厳選3選

    その1:とにかくいろんな問題集使いまくる!
    →たくさんやれども身につきにくい、悲しき勉強法ナンバーワン。

    その2:時間もあるし、応用問題やりまくる!
    →夏休みまでに基礎固めが終わっている人以外はやめておくのが安牌。

    その3:復習は答え見て納得出来たらおしまい!
    →読んで納得しただけじゃ忘れます。だってそういう生き物だもの。

    7/24「プレ夏期講習&スペシャルイベント」開催のお知らせ

    受験天王山の夏、受験勉強を効率的に行うためにも夏期講習をうまく利用したい。

    でもいきなり夏期講習は不安、という人のために、夏の準備をする「プレ夏期講習」を7/24(土)、25(日)で実施。通常の「合格への100題オンラインライブ授業」の時間を30分延長し、「夏前に克服しておくべき弱点」をテーマにした特別授業です。夏に本格的な学習を開始するその準備としてぜひ受講してみよう!

    さらに、7/24(土)20:00からは「受験生応援スペシャルイベント」も開催!こちらも必ずチェックしてみてくださいね。

    視聴はこちらから!

    ※録画は「アーカイブ(過去の授業一覧)」から見ることができます

    おわりに

    今回の記事では、あえて「オススメしない」勉強法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

    こういう勉強の仕方が良くないのね...!というのが少しでも伝わったなら嬉しい限りです。

    せっかくの夏休み、皆さんが悔いなく勉強できることを、そしてその努力が1つでも多く報われることを祈っています!

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    それでは、次回の記事でまたお会いしましょう!

    不安なことや気になることがあれば、気軽に先輩ダイレクトで相談してくださいね!

    <この記事を書いた人>
    奈良女子大 るなぴす

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング