【大阪市立大】後悔しないために!夏休みの計画はこう立てよう!

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009240/

この記事を書いた人

大阪市立大学 文学部  はっさこ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    画像FMT_750×500サイズ(夏休みの計画).png

    こんにちは!大阪市立大学文学部、先輩チューターのはっさこです!

    いよいよ勝負の夏休みですね...。

    とはいっても、「1ヶ月どのように計画を立てればよいか分からない...」という人がほとんどだと思います!

    なので今回は、後悔しない夏休みにするために大切な、計画の立て方について紹介していきます!

    模試などから弱点をみつける

    夏休みは長いようであっという間です。

    やみくもに勉強していては、いつの間にか終わっていたということになりかねません。

    まずは模試やテストを見返して、自分は何が苦手なのか、何に手が付けられていないのかをリストアップしていきましょう。

    ただ、今の時期は応用問題ができていなくても大丈夫です。

    特に基礎的な範囲でどこが苦手なのかを書き出してみましょう。

    ここは克服する!という目標を科目ごとに決めておく

    自分の弱点が洗い出せたら、それを克服するために計画を立てていきましょう!

    ただ、あまりに克服したい目標がいっぱいになってしまうと、結局何をしたらよいのか分からなくなってしまいます。

    なので、目安としては一つの科目につき一つの目標がちょうどよいです!

    例えば私の場合は、英語は長文に力を入れる、数学は問題集の基本レベルの問題を全て解けるようになるといった目標を定めました。

    毎日することを決めておく

    特にのばしたい分野がある場合は、「毎日する!」と決めておいて、毎日計画に組み込むようにしましょう。

    例えば、私は英語は長文に力を入れるという目標を定めたので、「毎日移動時間に英単語を覚える+毎日長文問題に取り組む」と決めました!

    反対に、センター試験でしか利用しない科目は2日に1回取り組むなど、毎日する科目とそうでない科目のバランスをとっていました。

    まとめ

    夏休みは思ったよりあっという間に過ぎていきます。

    その中で何に力を入れるのかを明確に決めて、それに沿った計画を立てていきましょう!

    また、無理のないように、比較的余裕のある計画を立てることも大切です。

    これから夏休み、一緒に頑張っていきましょう!

    <この記事を書いた人>
    大阪市立大 はっさこ

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング