【東北大】「うっ...夏休み開始までに『アレ』さえしておけば...。俺を置いて先に行けっ...!」

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009238/

この記事を書いた人

東北大 経済  いろは先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【東北大】「うっ...夏休み開始までに

    物騒なタイトルでごめんなさい。そしていきなり謝罪からスタートでさらにごめんなさい。

    どうも、東北大学経済学部のいろはです。

    大学の講義、就職活動、資格の勉強、部活の大会、様々な締め切りに追いかけられています。

    さて、7月頭の定期考査を乗り切るとやってくるのが「夏休み」

    中には部活や補講があり、忙しさは変わらないという人もいると思いますが、それでも普段よりは時間がとりやすい時期になります。

    そんな「夏休み」だからこそ、始まる前に『アレ』をしておかないと...タイトル通り、ライバル達に先を行ってもらう(というか置いていかれる)ことになります。

    しかもこれ、多くの人は気づきません

    無意識にやっているか、気づかないまま忘れて大惨事になるかの二択です。

    他の記事でもあまり見かけない、隠れポイントだからこそ、タイトルのヒロインは見落としたんでしょうね...。

    果たして、絶対すべきな『アレ』とは何なのか...

    『アレ』をしなかったこのヒロインはどうなってしまうのか...

    皆さんも「俺/私を置いて先に行けっ...!」なんて言わなくて良いように、ぜひ知っておいてください。

    夏休み開始までに「自己理解」をしないと終わる

    夏休み開始までに「自己理解」をしないと終わる.png

    そう、夏休みまでに「自分のことをしっかり知る」、つまり「自己理解」をしておかないとヒロインみたいな目に遭います。

    受験の天王山と言われる夏休み、時間もやることもたくさんあります。

    気合いを入れて「毎日10時間!」模試があるから「過去問やろう!」となるのも悪くないですが、勢いで走ると転びます。

    例えば

    自分は1日に何時間勉強に使える時間があるのか?

    長時間続けて勉強するのはトクイかニガテか?

    今のニガテや到達度はどうなっているのか?

    集中できる場所は家か学校か、あるいはその他?

    自分の受験戦略(志望校、トクイニガテ、夏の目標)は何か?

    これらをわかっていないのに、がむしゃらに勢いで勉強すると、ヒロインみたいに途中で「突発的なイベント」「計画倒れ」「不可能なノルマ」「レベルに合わない勉強」によって致命傷を負います

    もう一度言います。

    自分のことをわかっていないと、この夏、まじで途中で転びます。

    無意識にできている人はどんな人?

    無意識にできている人はどんな人?.png

    「でも自己理解なんて受験で聞いたことないし、必要ないよね?就活に影響されてるだけじゃない?」と思ったそこのあなた。

    後半の「就活に影響されている」は否定しませんが、前半は断じて違うと言えます。

    「自己理解」は聞いたことないという方、じゃあ自分に合った計画を立てる」「自分のニガテを知る」「志望校との距離を知る」「自分にあった勉強法」なら、聞いたことありませんか?

    これ、全部「自己理解」でくくれるんです!

    自分のことをちゃんとわかっている人は、自分のニガテや志望校のとの距離はもちろん、自分に合った勉強法や、自分が使える時間を知っているから、自分にあった計画を立てられるんです。

    受験において順調な人は、「自分のことをよくわかっている」から、色々上手くいっている場合が多いです。

    自己理解が必要な理由、納得できましたよね...?

    「自己理解」をしないとどうなるか?

    「自己理解」をしないとどうなるか?.png

    「重要なのはわかったけど、別にしなくても勉強さえしていれば良いよね?」という声が聞こえてきました。

    だ・か・ら!

    自己理解をしないと最初は「毎日全力!順調!!」といっていても必ず途中で「あれ...?なんかやばくない?」となります。

    もしかしたら、夏休みを終えてから転ぶかもしれません。

    そしたら受験までに立て直せますか?キツいですよね。

    ちなみに、自己理解しなかったこのヒロインはどういう状況下というと...

    ①夏休み初日

    「よし!合格に向けて計画を立てるぞ!」

    毎日10時間勉強(今まで部活しかしてこなかったのに)。

    調整日なし(登校日やお盆もあるのに)。

    何故か数学ばかり(たしかにニガテだけど第一志望での配点は一番低い)。

    ②夏休み開始から1週間後

    「ふう、良い感じじゃん!」

    毎日10時間机に向かっている(半分くらいは集中出来ていない)。数学は順調(第一志望で一番配点の高い英語はノータッチ)。

    ③夏休み開始から2週間後

    「あれ...?なんか、無理かも...」

    登校日は10時間なんて確保できないことに気づく。数学も気づいたら予定から大幅に遅れている。

    ③夏休み開始から3週間

    「もう無理だわ...受験も無理かも...」

    計画倒れをきっかけに勉強へのモチベ急降下。

    お盆も重なり一切勉強できない日があり、もはや計画は使い物にならない。夏休み最後の模試まで残り5日。

    ④夏休み最終日

    「この夏、なにしてたんだろう...」

    夏休み最後の模試はニガテ科目の数学は夏休み前半でやった数個の単元しか解けない。

    配点が大きい英語も散々で判定はボロボロ。他の科目もあまり伸びず意気消沈。

    そしてライバル達にこう言うのです。

    「うっ...夏休み開始までに自己理解さえしておけば...。そうすれば、こんな計画倒れとモチベ急降下の夏休み最終日を迎えずに済んだのに...。お前達、俺を置いて先に行けっ...!」

    超簡単な自己理解~君はどっち派?&自分のこと、知ってる?~

    ここまでで「自己理解をしないとどうなるか」はわかったのではないでしょうか。

    脅して終わりは最低なので、忙しい皆さんでもできる超簡単な自己理解を載せておきます。

    自己理解①~君はどっち派?~.png

    自己理解①の結果の見方.png

    自己理解②~自分のこと、知ってる?~.png

    他にも、大学受験を舞台にしたドラマや、ネット記事でもたくさんの方法が紹介されているので、どれか1つやっておけばOKですし、そもそも自分のことをちゃんとわかっている人はそれでOKです!


    ということで、今回は「夏休み開始までに絶対しておくべき『自己理解』」についてお伝えしました。

    実は私は高3の夏休みをあまり有効活用出来ず、最後の方にある記述模試はサボるという、よろしくない受験生でした。

    そのせいなのかはわかりませんが、10月~11月にかけて一気に成績が伸び悩みます。

    みなさんには同じ目に遭って欲しくないです。

    ぜひ、夏休み明けにライバルに先を行かれることのないように、自己理解、しっかりしてから夏に臨みましょうね。

    もちろん、失敗してもそのあとでいくらでも挽回できます(体験談)。

    でも、せっかくの夏、達成感を得ていた方が、モチベ維持には良いと思いますよ(^^)

    それでは、みなさんの夏が充実したものになりますように。

    心から応援しています!

    \困ったときは相談してね/

    先輩ダイレクトへ

    <この記事を書いた人>
    東北大 いろは

    わたしの高3の夏休みは、7月末のマーク模試の会場で階段から落ち、足首捻挫から始まりました。

    高2の11月にも交通事故に遭って左手を骨折していたので、先生方にはかなり心配されました。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #文系
    • #理系
    • #進路選択中
    • #部活だいじに
    • #ニガテ何とかしたい
    • #時間がない
    • #模試

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング