【大阪市立大】夏にやるべき勉強vsやってはいけない勉強

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009233/

この記事を書いた人

大阪市立大学 工学部  こーき先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【大阪市立大】夏にやるべき勉強vsやってはいけない勉強こんにちは!

    大阪市立大工学部の、こーきです。

    夏休みの時期になったので、夏にどのように勉強しようか計画を立てている人も多いと思います。

    まとまった勉強時間が取れる最後の期間だと思うので、失敗しないように頑張りたいと思っている人もいると思います。

    今回は僕が受験生のときの夏休みの経験をもとに、夏にやるべきだと感じた勉強2つとやってはいけないと感じた勉強1つを紹介したいと思います。夏休みの勉強計画を考える際の参考になると思います。

    英単語を覚えるのに時間を使おう

    やるべき勉強の1つ目は、英単語を覚えることです。

    既に通学時間などを利用して英単語を覚えている人も多いと思います。しかし、英語に苦手意識がある人は英単語を覚えることを避けることも多いと思います。

    英単語を覚えているだけで、解ける問題も多くなることが多いです。そのため、夏休みに一気に覚えてしまう方が後で楽になると思います。

    普段は数学や英文法などほかの勉強に時間をとられて、英単語を覚えることに時間を使えていなかった人も、夏休みで意識的に時間を増やして覚えていきましょう。

    理系は物理、化学など理科の基礎を固めよう

    やるべき勉強の2つ目は、理科の基礎を固めることです。

    これまで、数学はしっかり勉強してきたけど、理科にあまり勉強時間を確保しきれていなかった人も多いと思います。

    しかし、入試では数学と同じくらい重要な科目になっている大学が多いと思いますし、短期間で難易度の高い問題まで解けるようになるのは難しいので、夏休みで基礎だけでも完璧にしておくことをおすすめします。

    入試問題ばかり解くことはやめよう

    やってはいけない勉強としては、不安になって入試問題ばかりを解くことだと思います。

    現時点で基礎を固められていて、入試問題が簡単に解ける人は問題ないですが、不安になって無理して入試問題を今の時期から解く必要はないと思います。

    だいたいどのような問題が出ているのか確認する程度にするのが良いと思います。


    参考になれば嬉しいです。

    困ったことがあれば、ぜひ先輩ダイレクトで質問してください!

    7/24「プレ夏期講習&スペシャルイベント」開催のお知らせ

    受験天王山の夏、受験勉強を効率的に行うためにも夏期講習をうまく利用したい。

    でもいきなり夏期講習は不安、という人のために、夏の準備をする「プレ夏期講習」を7/24(土)、25(日)で実施。通常の「合格への100題オンラインライブ授業」の時間を30分延長し、「夏前に克服しておくべき弱点」をテーマにした特別授業です。夏に本格的な学習を開始するその準備としてぜひ受講してみよう!

    さらに、7/24(土)20:00からは「受験生応援スペシャルイベント」も開催!こちらも必ずチェックしてみてくださいね。

    視聴はこちらから!

    ※録画は「アーカイブ(過去の授業一覧)」から見ることができます

    <この記事を書いた人>
    大阪市立大 こーき

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング