【千葉大】今、ニガテもやる理由

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/009158/

この記事を書いた人

千葉大学 工学部  にゃんた先輩

  • 先輩チューターに相談する

    6月15日 画像-min.png

    こんにちは。にゃんたです。

    だんだん暑くなってきましたね。部活も終わり、そろそろ受験も本腰に入ってきたところでしょうか。

    今回は「ニガテとの付き合い方」について書いていこうと思います。

    みなさん、ニガテはありますか?それをどうやって勉強していますか?

    「今は忙しくて、やる時間なんてない。」

    「わからないものを理解するのには時間がかかるし、夏休みとかにまとめてやればいいや。」

    そう思っていませんか?

    実は今の時期は、ニガテ克服に向けて、チャンスの時期と言っても過言ではありません。

    その理由とともに、私が当時やっていたことを紹介していきますね。

    少しでも参考になれば嬉しいです!

    ニガテと向き合う姿勢を持つ!

    「夏休みになって、時間が増えたらいろんな勉強ができる!」そう思っていませんか?

    私が部活を辞めて1番感じたことは「勉強時間、足りない...」ということです。

    時間ができると、やりたいことも大量に増えます。

    そうすると、ニガテの克服ばっかりに時間を取られてしまい、焦りの要因にもなります。

    実は、ニガテにかけられる時間は意外と多くないんです。

    だからこそ、今からニガテと「向き合う姿勢」を持つことが大事です。

    克服はする必要ないけど後回しにせず、継続的に取り組んでいきましょう!!

    明日からできるニガテの勉強

    にゃんたがやっていたことはこの3つです。

    ・自分のニガテを把握する

    ・計画を立てて、実行する

    ・毎日取り組む

    順番に説明していきますね。

    自分のニガテを把握する

    ①教科書の目次を見て「なんだっけこれ...」となったものに印をつける。
    →大事なことはまず「自分が何がどのくらいできないのか」を把握することです。

    ②その教科書のページを読む。教科書の内容を読む
    →どのくらい覚えているか、読み返しました。

    ③練習問題を解いてみる。
    →基礎問題でいいので、ちゃんとできるか試しました。読んで理解できていても、実際に解けなければ意味はありません!
    →ここで解けたら、印はつけなくてOK

    ④理解度を記録しておく。
    →読んだらできた、読まずにできたみたいな感じで、<ここまでできた>というのを記録していました。

    計画を立てて、実行する

    全体的に、どのくらい苦手があるのかわかったら、<いつまでに><何を><どのくらいやる>という目標を立てましょう。

    私は、<夏休みまでに><1を全教科><100%終わらせる>&<2~4を全教科><50%終わらせる>

    という目標を立て実行していきました。

    毎日取り組む

    できるだけ毎日、ニガテの勉強をする時間を作っていました。

    今までわからなかったものを、一気にやっても結局理解が浅かったりします。

    継続的に何度も取り組むことで、克服ができるようになると思うので、普段からその時間を確保していくことが大事です!

    まとめ

    最後に、まとめです。

    今からできるニガテとの向き合い方は

    ・早めに自分のできていないことを把握すること。

    ・継続的にニガテな教科をやる時間を作ること。

    把握できるところ(1番)までできるだけでも全然違うと思うので、まず知るところから始めてみてください!

    以上、にゃんたでした。

    <この記事を書いた人>
    千葉大 にゃんた

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #文系
    • #理系
    • #ニガテ何とかしたい
    • #予習復習
    • #時間がない
    • #整理術

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング