【東京大】書道部引退して、まず何に取り組んだ??

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/008986/

この記事を書いた人

東京大学 医学部  豆乳先輩

  • 先輩チューターに相談する

    tounyuu_210601_01.png

    こんにちは、東京大学の先輩チューター、豆乳です。

    いよいよ梅雨の季節ですね。梅雨入りは全国的に平年より早いようですね。

    さて、今回は【部活の引退】についてです。

    引退の時期は、バラバラだと思います。僕は、2年生の春休み明けで引退と決まっていました。一般的な引退時期よりは、少し早めでしょうか。

    そんな少し早めの部活の引退後、受験生への切り替えのため、どう工夫していったのか?

    当時のことを思い出しながら書いていきます。

    部活中の過ごし方

    私は、高校では書道部に所属していました。

    特に高1・2の夏休みでは、書道部合宿で同じ書道作品を1日20枚以上も書き上げたりするなど、部活には熱心に取り組んでいました!

    一方で勉強習慣については、「勉強0時間の日がない」ようにすることを意識していました。

    高校1年生のうちは、部活や行事などで忙しい日々が続いているかと思います。

    それでも、中学と大きく違ったのは、普段の予習復習が強く求められるという点でした。

    そこで、毎日10分でも1時間でもいいので、机で何か教材を開いて、勉強する、その習慣は受験時代にも大きく生きてきたと感じています。

    部活で忙しい時期でも、夜早く寝て朝に学習する時間を設けるなど、勉強0時間の日を作らないという意識はとても大事にしていました。

    このような書道部生活でしたが、私たちの部は伝統的に高校3年生になったら引退することとなっていました。

    そのため、高校最後の全国大会(書の甲子園)に出品する作品を、高校2年生の春休みに仕上げる必要がありました。

    具体的には、2~3月は放課後や週末などで、ほぼ毎日書道室に通い、何枚も作品を書き上げていました。

    この期間が2年間で一番部活に励んだ期間でした。

    引退後

    こうして全力で書道に向き合った3月が終わると、4月には寂しさいっぱいのまま引退となりました。

    引退後は、受験勉強への全集中を始めました。具体的には以下2つの取り組みを始めました。

    ①休日の部活に行っていた時間を学校での自習に切り替える

    休日家で勉強するより学校で勉強した方が集中しやすかったので、学校での自習によく行っていました。

    やはり、学校自習の方がスマホなどの誘惑に打ち勝ちやすい、と感じていました。

    この切り替えにあたっては、部活が休日の午前中にあった時間を、そのまま学校自習に切り替えられました。

    こうして部活の登校習慣があったのを、受験勉強にも生かせたと思います。

    ②登下校の時間に英語のリスニングを始める

    どこかでリスニングの習慣を身につけたかったので、同じく部活で登下校していた時間にリスニングを聞き始めるようにしました。

    ここで言っておきたいのは、現役生の伸びはすごいということです。

    つまり、部活引退直後は志望大との距離が大きく開いていても、そこからの伸びは努力次第で大きく伸びる人もいるということです。

    このことは高校の先生によく言われて、当時の僕にとっても大きな励みとなりました。


    皆さんも部活に注いだエネルギーをどう勉強に活かすか?について、今回の記事を読んで少しでも参考になったらと思います。

    <この記事を書いた人>
    東京大 豆乳

    東京大学医学部健康総合科学科4年(文科一類入学)です。看護の勉強をしています。高校時代は、高校2年生まで書道部で活動して、3年生から完全に受験生として受験勉強に励み、何とか現役合格できました。得意教科は英語と数学、苦手教科は国語でした。進研ゼミの受講講座については、高1からは国語、高3からは国語と日本史を受講していました。どうぞよろしくお願いします。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております

     
    • #文系
    • #部活だいじに
    • #予習復習

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング