【神戸大】脱ダラダラ!GWを満喫するための秘訣3選

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/008627/

この記事を書いた人

神戸大学 国際人間科学部  はりちゃん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    8627-01.jpg

    みなさんこんにちは!新学期にそろそろ慣れてきた頃でしょうか?

    高校時代のGWの思い出が、文化祭に向けた部活とバンドの練習一色だった先輩チューター・はりちゃんです。

    今回わたしがお伝えするのはズバリ!ダラダラしないGWを過ごすための秘訣です。

    では、さっそくいきましょう!

    ①カレンダーなどを使って、予定を決める!

    今は例えば携帯のアプリ、スケジュール帳などのいろんな予定管理の方法があると思います。

    私がおすすめするのは、細かく時間を区切って予定を立てることです。

    予定を立てることで、実行に移さなければならないというプレッシャーを自分に与えることができます。

    また、目標を掲げることで、それを達成した時の達成感や自信を得ることが出来ます。

    そして何より大切なのはその予定を実行しようとすることです!もちろん、人間なので予定通りいかないこともあると思います。

    そうなった時にどう挽回するのか、それを考えることが予定管理、つまりダラダラしない方法の一つです!

    ②早寝早起きをして、朝の時間を有効活用する!

    みなさん、「GWは昼まで寝てやろう!」なんて思ってはいませんか?

    実は、朝起きてからの3時間は脳がもっとも効率よく働くという脳科学者の茂木健一郎氏が提唱する研究結果があります。

    つまり朝は、1日の中でもっとも勉強がはかどる時間であるということです!

    学校の授業がないGWだからこそ、朝起きてからの時間を勉強に使ってください。

    勉強のやり方として、好きな教科から取り組むことでやる気を上げて、そののちに違う教科に変えることが集中力を高めるのに有効です。

    貴重な朝のゴールデンタイムを失わないように、早く寝てアラームをかけましょう!

    「また朝勉強したから、昼以降は好きなことをする」というように、自分に頑張ったごほうびを与えられるようにするのも効果的だと思います。

    ③1日だけ好きなだけ寝る

    勉強しようと思っても眠いものは眠い。そんな時は抗わずに思う存分寝る時間を作りましょう!

    寝ることでリフレッシュするだけではなく脳(記憶)がリセットされ、また集中が出来る状態で勉強できるようになります。

    ただ、毎日では意味がないです。

    1日ゆっくり寝てためた睡眠貯金を生かして、2つ目の秘訣である朝勉強をはかどらせてください!

    またお昼以降に寝ると次の日の睡眠にカウントされるそうなので、夜遅くまで起きてしまい夜型になる危険性があります。

    そこで、昼寝よりも朝寝を1日だけ取り入れることをおすすめします。

    わたしならばGW初日の午前中は思いっきり寝て、次の日からアラームをかけます。

    まとめ

    GWの具体的な勉強内容として、

    GW明けにある中間テストに備えて勉強するもよし、ニガテ科目に取り組むもよし、「チャレンジ」に取り組むのも大よしです!

    あとから振り返って充実したと感じられるGWに出来るように、上記の3つの秘訣をぜひ活用してほしいと思います。

    コロナに負けず勉強はもちろん、それ以外も楽しんでいきましょう!

    <この記事を書いた人>
    神戸大 はりちゃん

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #眠気

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング