【同志社大】あなたはやってない?NGノート2選

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/008532/

この記事を書いた人

同志社大学 法学部  ゆのたん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【同志社大】あなたはやってない?NGノート2選

    ノートの取り方って意外と悩みませんか?

    ノートをまとめるのが苦手、コツを知りたいという人も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、やりがちなノートづくりのNG例とコツを紹介していきます!

    NG例① カラフルすぎるノート

    ノートづくりに凝ってカラーペンや蛍光ペンをたくさん使って色を変えたり線を引いたり。

    にぎやかで見ていて楽しいけれど、どこが大事なのか自分でもわからなくなった、なんて経験ありませんか?

    せっかくなら見直しやすいノートにしたい!

    色分けを効果的にするために、気分で使い分けるのではなく自分なりのルールを決めましょう。

    たとえば私の場合は、三色を使い分け、+黒だけでノートを作っていました。

    赤→いちばんのポイント

    青→次に大事なところ

    緑→余裕があれば頭に入れておくところ

    一目で大事なところがわかって見直すのが楽だし、ノートをとるときの時短にもなります。

    これだと少し寂しい、かわいいノートのほうが見直すときにやる気が出る!という人は、ここぞというポイントにイラストを描いたりマークをつけたりといった工夫をしてもいいかも。

    これなら大事なところがわからなくなることもないですよね。

    NG例② 先生の板書丸写しノート

    定期テストだけのことを考えるなら単に板書を写すだけでも足りるかも。

    でも、せっかく作るなら何度も見直して受験に役立つノートにした方が効率的ですよね。

    そのためには気づいたこと・考えたこと、疑問に思ったこと、先生が話した教科書には載っていないトピックや覚え方など何でも、とりあえずメモをとってほしいと思います。

    整理するのはあとで見直すときでいいので、とにかく役立つ情報を聞き流さないように!

    参照した参考書のページもさっとメモしておくと復習のときに便利です。

    まとめ

    以上、ノートづくりのコツをシンプルに二つ紹介しました。

    二つに共通することとしてもう一つ伝えたいのが、授業を聞きながらノートづくりに熱中しないこと!

    忘れないようにメモ程度はとった方がいいですが、ずっと下を向いて書きながら聞いていると、思ったよりも聞き逃していたり頭に入っていなかったりするもの。

    話は100%集中して聞いて、板書を写したり、色分けしたりはそれ以外の時間にするようにしてくださいね!

    ノートは自分専用の参考書

    ぜひ見やすく使いやすいものを作って繰り返し使って、受験に役立ててくださいね!

    <この記事を書いた人>
    同志社大 ゆのたん

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #整理術

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング