【上智大】ノートの基本は、使う〇〇〇から!?

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/008520/

この記事を書いた人

上智大学 外国語学部  ぷらむ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    0411表紙.jpg

    みなさん こんにちは〜。上智チーム最年長、盛り上げ担当!先輩チューターのぷらむです。

    今日のテーマは、ででんっ。

    【ノートの取り方】

    私は使う【色】にチューモク!「2つの場面」に分けてお話したいと思います!

    授業中のノート

    突然ですが。授業中に色ペンを持ち替えるの、面倒になりませんか?

    高1生の頃は「カラフルなほうが可愛い!」の理由で、ピンクやオレンジ、青に緑...とたくさんの色ペンを使用していました。

    でも、ペンを持ち替えている間に先生が重要なことを話していて、書き逃してしまうこともありました。

    そこで私が授業中に使っていてオススメしたいのが【4色ボールペン】です!!!

    オススメポイント その①

    4色なので、1本のペンに赤・青・緑・黒が入っています。

    つまり...ペンを持ち替える時間をなくすことが出来ます!

    オススメポイント その②

    4色且つ、色も落ち着いているため、カラフル過ぎず、シンプル過ぎないノートになります!

    より詳しく、色について見てみると、それぞれの色に特徴があります。

    ・赤:はっきりした色

    ・青:黒より目立つ

    ・緑:目を引く色

    なので私はこのように【使う用途】に分けて使っていました☆

    使う色決める.jpg

    苦手のまとめノート〜単語編〜

    私は自分の苦手をノートに書いて、「苦手ノート」を作っていました。

    「苦手ノート」の中でも「単語暗記」に注目して、使う【色】を見ていきましょう!

    私が「単語の苦手ノート」に使ったのは、たった2色。

    紺色のボールペンとシャーペンの2色です。

    それぞれの使い分けを、画像を使って解説していきます◎
    2色ノート.jpg

    シャーペン

    「覚えられないもの」や「何度も間違えたもの」の横にシャーペンでチェックするようにしていました。

    覚えたものはチェックを消したかったので、消せるシャーペンを使っていたというわけです!

    紺色のボールペン

    消すことはない物、つまり...英単語・和訳、そして類義語・反義語を書くのに使っていました!

    暗記が大の苦手だったぷらむ。

    派手な色(=赤やオレンジ)を使ってしまっては、その色の部分だけを覚えてしまう...と考えていました。

    そのため、あえて目立たない「紺色」と「シャーペン」を使うことによって、均等に苦手を克服していこうとしていました~。


    本日はここまでっ!!!

    授業中ノート→4色ボールペンで重要ポイントを一目で理解!

    苦手ノート(単語編)→紺とシャーペンでシンプルに!

    次回の担当はアシュ先輩。何やら、GWの有効活用法を教えてくれるとか、くれないとか。そちらも要チェックです!!!

    <この記事を書いた人>
    上智大 先輩チューター ぷらむ

    大学生になり、学年が上がるにつれて、ボールペン1本で登校するようになりました。

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #文系
    • #理系
    • #進路選択中
    • #ニガテ何とかしたい
    • #予習復習
    • #文具

    コメント(3

    みみこ

    2021年5月16日 15:17

    色の使い分けについて迷っていたので、参考になりました!

    お嬢113番

    2021年5月26日 22:04

    暗記は青ペンでやっております!

    猗窩座

    2021年8月 9日 09:34

    なるほど!!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング