【お茶の水女子大】大学生活の楽しい点

  • 志望大
  • /digitalmyvision/jyuken/008468/

この記事を書いた人

お茶の水女子大学 文教育学部  きりん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    8468-01.jpg

    みなさんこんにちは!お茶の水女子大学 文教育学部 言語文化学科の先輩チューター、きりんです。

    皆さんお気づきの通り、わたしは女子大学で学んでいるのですが、本当に女子大が大好きです!

    今回はそんな私の視点から、女子大生活の楽しい点についてお話していこうと思います。

    題して「女子大のすゝめ」

    ①ジェンダーフリーでいられる

    画像FMT_750×500サイズ(33000002195).png

    これが本当に一番大きいのですが、生物学的な女子しかいない環境になり、本当にジェンダーフリーでいられます。

    同性しかいないので、社会的な「女である」という役割を与えられないんですね。

    みんな本当にのびのびと生活していて、女の子だからという理由付けで何かができなかったり、何かをやらされたりすることがないのは本当にありがたい環境だと考えています。

    例えば力仕事なんかも、男とか女とか考えず自分がやるしかないですし(笑)

    性別にとらわれず生活することができるので、学びにも積極的になれます。

    ②ジェンダーの勉強が盛ん!

    画像FMT_750×500サイズ(10230002776).png

    わたしは高校生の時から性的マイノリティの人権問題に興味があり、そのような分野も学んでいけることが今の大学を志望した理由の一つになりました。

    多大の友達の話を聞くと、ジェンダーについて勉強するのはなんとなく抵抗感があるという子も多い気がするのですが、わたしの通う大学ではそのようなことが全くありません!

    教養科目の5分野の柱のうち1つがジェンダーになっているくらい大学全体で力を入れているということもあり、ジェンダーについて学びたい!という子が多いと感じます。

    ジェンダー学といってもその中身は幅広く、わたしのようにセクシャルマイノリティの人権について考えたい人もいれば、女性の社会進出について考えたい人もいて、本当に豊かなバラエティで授業が開講されていることを感じます。

    まとめ

    わたしはほんとうに女子大が大好きで、学生生活最後の4年間を女子大で過ごせることは、今後の人生においてもとても貴重でおおきな意味を持つと確信しています!

    今女子大を志望しようか迷っている方、ぜひ参考にしてくださるとうれしいです。

    先輩ダイレクトではもっと詳しく大学の雰囲気についてもお話しできるかと思いますので、たくさん利用してくださいね!

    それでは、またの機会にお会いしましょう~!

    \先輩に質問しよう/

    先輩ダイレクトへ

    <この記事を書いた人>
    お茶の水女子大 きりん

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #志望大選び
    • #学部・学科選び
    • #友達関係

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    志望大カテゴリ よく読まれている記事ランキング