【毎週水曜更新 部活ネタ】先輩夏休み何してた?1日のタイムスケジュール~夏期講習や習い事で忙しかった人編

  • 息抜き
  • /digitalmyvision/ikinuki/009077/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

先輩は何してた?夏休みのタイムスケジュール 夏期講習や習い事で忙しかった人編

みなさん夏休みの真っただ中だと思いますが、部活だけでなく学校や塾の夏期講習、さらに習い事など、忙しい毎日を過ごしている人も多いはず。

【夏休み前(理想)】
たくさん時間のある夏休みだから、課題も終わらせて、ニガテ克服もやってと、いろいろやりたいことがある!

【今(現実)】
いざ夏休みになってみたら、忙しくて全然そんな時間がない...

今まさにこんな悩みを抱えている夏休み中のキミのために、大学生の先輩たちがどんなタイムスケジュールで勉強していたのか夏休みの勉強で工夫したことは何かを教えてくれました!

合格をつかみとった先輩たちの過ごし方を参考にして、夏休みの後半は理想に近づく過ごし方を見つけよう!

夏期講習があった人は、いつ勉強していた?先輩たちのタイムスケジュール

まずは、先輩たちのタイムスケジュール!部活や習い事のほか、学校などの夏期講習に参加していたと答えた先輩が多くいました。

平日中心の人は『復習をその日のうちに』

平日中心の人は、復習をその日のうちに

その中から、平日を中心に勉強していた先輩のタイムスケジュールがこちら。

東京家政学院大 H.S先輩

夏休みは、朝から学校の講習がありました。国語、日本史、英語と、講習をたくさん受けていたため、家に帰る時間は18時になりました。夕食後に講習でやったことの振り返りとゼミで演習をして、コツコツ勉強するようにしていました。

学校や塾の夏期講習で忙しかったという人の多くが実践していたのは、「講習でやったことをその日のうちに復習する」でした。

もちろん課題の有無や量にもよりますが、帰宅後に復習をすることで効率的に学習できるようです。

休日中心の人は、まとまった時間で

休日中心の人は、まとまった時間で勉強

また、土日など夏期講習等がない日にまとめて勉強していたという先輩も。

神戸大 S.O先輩

夏休みは、お盆や学校行事の直前以外、ほとんど学校の夏期講習がありました。学校の講習と部活、学校の講習の予習で1日が終わっていました。

ゼミや夏休みの宿題をする時間がまったくないので、土・日曜日にするようにしていました。平日は学校の講習等に集中!

部活などもあるので、平日に勉強するのは、時間的にも体力的にもキツイ...。そんなときは、平日は講習に集中して、自分の勉強は土日にというスタイル。

部活や講習で忙しい平日はどうしても勉強できないというタイプの人は、このように土日に集中して勉強するほうがよいかもしれません。

夏休みの勉強は、ここを工夫した!先輩たちの夏ワザ

タイムスケジュールが分かったら、次は夏休みにはこんな工夫をして勉強していたという先輩の夏ワザを真似してみましょう!

少人数を利用して、先生に質問!

少人数を利用して、先生に質問!

新潟大 T.T先輩

夏休みは学校が開催する補習に、連日行っていました。日中は補習を受け(1~3限)、家に帰ってからは2時間ほど学習しました。

補習では、通常の授業より先生に質問しやすいので、とにかく質問しました。

まずは多くの人が通っていた学校の夏期講習。ここでは普段の授業とは違って少人数になることが多いので、その環境を生かして先生に質問をしていたという先輩がいました。

時間がない人こそ、わからないところはその場で解決するという姿勢が大事ですよ!

強制的に勉強する環境を作っていた

強制的に勉強する環境を作っていた

明治大 U.T先輩

高2で、予備校の夏期講習に行きました。時間が限られるが、部活終わりでも行ける時間帯があったので、夕方か夜を選びました。

家ではあまり勉強できていなかったので、勉強していないのはまずい、と思ったので通いました。

また、部活後だと疲れていたり、自宅だと集中できなかったりするので、塾や予備校の夏期講習を使って、勉強する環境を作っていたという先輩も。

やっぱりニガテ克服が大事!ゼミ教材も活用しよう!

やっぱりニガテ克服が大事

そして、最後は夏休みの定番にして最重要事項、ニガテ克服!

大正大 C.H先輩

夏休みは塾の夏期講習、習い事のピアノを週3~4日やっていました。夏期講習は学校のものと塾と2つあって、帰宅するのは20時を過ぎてしまうことが多かったです。

講習では宿題を出さないでもらって、習った範囲でニガテ・わからなかったところだけゼミで復習するようにしていました。できないときは仕方ないので、とにかくニガテな範囲は徹底的につぶすような勉強の仕方をしていました。

普段はできない勉強ができる夏休みこそ、ニガテ克服のチャンス!塾や予備校の夏期講習は、ニガテな教科・科目に絞って受講していた先輩も多かったようです。

ゼミ教材もうまく使ってニガテな範囲を復習していた先輩ですが、ほかにも進研ゼミ高校講座の『予習復習 効率アップ』アプリを活用するのも効率的です。

『予習復習 効率アップ』アプリ

例えば、英語では『かざして英和辞書』という機能を使うと、わからない単語にかざすだけでその意味を確認できちゃうんです!

とくに夏休みには英語の初見の長文が載った問題集や冊子がまるっと1冊渡されることもあるので、夏休みの課題をはやく終わらせるのにも役立ちますよ!

ダウンロードはコチラから


夏休みを忙しく過ごしている人も、後半戦は先輩たちの過ごし方を参考に、うまく勉強時間を見つけてみてくださいね!

時間がないときこそ、効率的に勉強することが大事です。先輩たちの夏ワザも真似しつつ、充実した夏休みを過ごしてくださいね。

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座
ライター/クロロ

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #部活だいじに
  • #予習復習
  • #時間がない

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事