どうしても疲れた日に!学校の休み時間でのパワー回復ヨガ

  • 息抜き
  • /digitalmyvision/ikinuki/007031/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

どうしても疲れた日に! パワー回復ヨガ

授業に学校行事にと忙しくて、疲れを感じたり、体がダルいって思うことってありますよね。

そんなときにオススメの、学校の休み時間にできるヨガをやってみませんか?深い呼吸をしながらポーズをとると、思いのほかリラックスできて、疲れがとれるんです!

今回は、学校でもできるように、立ち状態からのポーズを2つ紹介します。

ただし、ヨガは瞑想からはじまることからわかるように、深い呼吸と集中力が必要なので、ちょっと人目のないところでチャレンジしてみてください!

ヨガで一番大事なこと

ポーズをしっかりやることよりも、呼吸を大事にしてください。

深い鼻呼吸を意識すると、より効果的!

安定感と集中力が増す!戦士のポーズ

最初に紹介するのは、戦士のポーズ。戦士のように勇ましいこのポーズでは、重心を落として、安定させることで、心にも落ち着きを与えてくれます

また、安定したポーズをとるため、集中力が増すという効果も。

パワー回復ヨガ 戦士のポーズ

戦士のポーズ

①両足を開いて立ち、右足のつま先を90度真横に向ける。右のかかとの延長線上に左の土踏まずを置く。

②両手を左右に大きく開いて、背筋を伸ばす。

③骨盤を正面に向けたまま、右膝を曲げる。

④顔を右に回転。右手の先を見つめて数呼吸キープ。手と足を入れ替えて、反対側も同様に行う。

安定感を得るための3つのポイント

戦士のポーズを正しく行うためには、いくつかポイントがあります。

まず、安定感を得るための下半身ですが、曲げるほうの足は膝を90度曲げるようにしましょう。

具体的に言うと、かかとの真上に膝がくる太ももと床が並行になる、という形です。

パワー回復ヨガ 戦士のポーズ

また、腕は左右で真横に一直線になるようにしましょう。

あとは、体全体のバランス。体が正面を向くこのポーズでは、上半身が前に傾きがちになります。その原因は、膝が内側に倒れてしまっているから。

膝と腕はしっかりと真横を向くようにすると、体全体が安定しますよ!

腕やわき腹の引き締め効果も!月のポーズ

続いて、体を横に倒す月のポーズ。

簡単にできるポーズではありますが、背中をほぐす効果に加えて、腕やわき腹を引き締める効果があります。

意外と日常生活にはない動きなので、リラックス効果もありますよ~!

パワー回復ヨガ 月のポーズ

月のポーズ

①両足を揃えて立つ。

②両手を上げて手のひらを合わせる

③体を真横に倒す

④ゆっくりと元の位置に戻り、反対方向へ

体を深く傾けなくてOK!前傾しないように注意

月のポーズは比較的簡単なポーズなので、つい思いっきり体を傾けて脇腹を伸ばそうとしがちですが、あまり傾けなくてOKです!

傾けることよりも、体を前傾させないことと、呼吸をすることを意識するようにしましょう。

パワー回復ヨガ 月のポーズ

とくに、体を横に傾けたときは、自然と体が前傾しやすいです。しっかりと真横に倒すようにしましょう。

呼吸で気分も大きく変わります!

よく深呼吸すると、ちょっと体の中が変わった気がして、気分も晴れやかになりますよね!呼吸をもっとも大事にするヨガでも、同じような効果が得られます。

その呼吸がポーズの効果をさらに高めてくれるので、呼吸することを忘れないで、体を動かしてみてくださいね!

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座 ライター/クロロ

戦士のポーズは、数種類バリエーションがあって、今回紹介したものは戦士のポーズⅡと呼ばれています。

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #リフレッシュ

コメント(1

たこらいす

2021年6月14日 21:12

リングフィットアドベンチャーかな?

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事