受験勉強に最適な集中できる部屋へ!今すぐできるポイント3選

  • 進路
  • /digitalmyvision/ikinuki/006910/

この記事を書いた人

同志社大学 法学部  マーゴ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    11月片付けアイキャッチ.png

    みなさんいかがお過ごしでしょうか。

    先輩チューターのマーゴです!

    高校2年生3学期といえば、高校3年生0学期といわれるように、周りが受験モードに突入してくる時期。

    やらなければって思って自分の家で勉強しようとしても、どうしても集中できない!!!!

    というような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

    ついついスマホでSNSをチェックしたり、漫画を読んでしまったりと家の中には誘惑だらけ。

    気づいたら勉強をせずにただただ時間が進んでいるだけで、勉強できるような環境でなかったりします。

    受験生モードは、まずは身の回りから!

    カフェや図書館で勉強するにしても時間が限られてしまうので、自宅を自分の受験勉強に適した場所に大変身してみませんか?

    今回は、すぐに大変身させられる3つのポイントに絞ってお伝えしていきます!

    目移りしないように机の上は必要なものだけにしよう!

    机の上に、お菓子やゲームといった勉強に関係のないものや、やたら沢山の筆記用具が置かれていませんか?

    人間は情報の80%を視覚から得ているといわれているくらい目はたくさんのことを見ているのですが、このように机の上に沢山の物が置かれていると目移りしてしまい集中できなくなってしまうんですよね。

    なかなか集中できないことに悩んでいるならポイント1つ目の「机の上には必要なものだけを置く」を実践してほしいのです。

    私の場合は、

    受験生の頃なら、筆記用具、付箋、ノート、その時にやる教科、スマホやイヤホン。

    大学生になってからは、パソコン、付箋、筆記用具、スマホ、イヤホン。

    たったこれだけです。

    高校生の時を再現してみると、このような形です。

    1.png

    あれもこれも!!と思うと机の上にものが増えるので、今はとりあえずこれをやると決めた教科書や参考書だけを机の上においていました。

    おまけとして、大学生になるとこんな感じになります。

    2.png

    このコロナ禍で、高校生でもパソコンを使ってレポートを提出するようになったところもあるようですよね。

    大学生になるとパソコンで文字を打ち込むことが増え、手書きで何かをするってことがほとんどなくなります。

    私は本は実物を持っていますが、中には電子書籍を使っている人もいて、パソコンとタブレット端末さえあれば大丈夫って人もいたり。

    大学生の日常を少しでも感じてもらえればうれしいです!

    さて、以上で見てもらったとおり、必要なものだけにして視覚をできるだけ勉強に集中させるようにしていました。

    また、筆記用具も学校で使っている筆箱をそのまま使い、中身もシンプルにしたかったので極力少なくするようにしていました。

    このようなちょっとした工夫で、集中力が増しますし、モノが少ないので机の上の何かが邪魔でイライラなんてこととも無縁になれます。

    机の上に物が沢山あって整理できないときは、空き箱や100均で売っている箱にいらないものを詰めて目に入らないところに置いていました。

    環境に変化をつけるとさらに集中力が増すかも...!?

    同じ場所でずっと勉強していると集中力が続かないなら、場所をローテーションしてやっていくのもおすすめです。

    私は受験生の頃は、自分の部屋やリビング、たまに祖父母の家や図書館で勉強して変化をつけるようにしていました。

    今も、ずっと同じところだと集中力が続かないので、最近ベッドテーブルというものを買いました!

    そもそもベッドテーブルとは、これは昨年の2、3月ごろ、ステイホーム期間で在宅ワークが増えたことで話題になったもので、ベッドの上に座って膝の上におけるローテーブルのことです。

    ローテーブル.png

    これが本当に便利で!

    ベッドの上だけでなく、気分転換に違う場所で勉強しようと持ち運んで座布団やマットの上に座りながら、どこでも勉強や作業ができる環境が作れるんです。

    大学生はレポートを書くことが多くて、ずっと同じ体勢でいると集中力が途切れるので、ソファや床の上で書いたりと変化させることではかどるようになりました!

    自分の少しの工夫で変化はつけられるものだと思うので、自分のタイプを見極めて勉強場所を変えるなどして勉強してみても良いですね!

    箱にまとめるだけでどこに何があったっけ?を解決!

    どうしても授業でもらったプリントなどは散乱してしまいがちですよね。

    特に、高校生の頃はプリント類の配布が多く、気づけばすぐにどこにどのプリントがあるのやら...。

    そこで、私はA4やB5が入る箱にまずはまとめて入れるようにして、部屋が散らからないようにしていました。

    もちろん溜めてばかりいては溢れる一方なので、休日に1週間分のファイリングをしてこまめに整理していました。

    平日は忙しいし、めんどくさくてポンっとところかまわず置きがちですが、場所を決めておくことで散らからないし、1週間分まとめて整理すればきれいな状態を保つことができます!

    残すか捨てるか迷ったプリントは写真で保存!

    整理していると、捨てるべきなのかそうじゃないのか迷うようなプリントも出てくるものですよね。

    そういう時は、スマホで写真をとって保存するのがおすすめです。

    さらに、スマホの中でも整理したいなって時は、メモ機能やファイルを使うのがおすすめです。

    スマホの中でメモを取っておけば、見たいプリントが検索ですぐに発見できてすごく便利になります!

    メモだけでなく、LINEのメモ機能や自分だけのSlackを作って管理するのもいいですね。

    心機一転!断捨離のススメ

    最後に、受験生になる前に、いらないものを捨てて部屋を片付ける断捨離についてお伝えしていきます。

    なんだかんだ机の上や引き出しに、いろんなものを溜めてしまいますよね。

    ずっと同じ家に住み続けていると、小学生時代から机の中に入れていて今は使わないものや、捨てづらい思い出の品が見つかったり、自分でも何でいれたかわからないものが入っていたり...。

    この機会に、そういうものを一気に捨ててしまえば、部屋の中がさらにスッキリします。

    高校時代は部活が忙しいことを言い訳にして、私は部屋を片付けられませんでした。

    もはや、何から手をつければ良いのかわからなかったんですよね。

    ですが、片付いていない部屋だとどうしても集中できなかったので、受験生になるというのを一つの良い区切りとして行いました。

    部屋にものが溜まっていく一方では絶対片付かないので、使わない・使っていないものはとりあえず段ボールに出す。

    その後に、必要じゃないものをゴミ袋に入れて捨てていく。

    たったこれだけですが、こうやって物を減らしたことで部屋がスッキリし、その後も毎日や毎週数分だけものを整える習慣をつけていき、「片付けられない」を防ぐことができました。

    受験生も終盤になると勉強が大変なので特に部屋が荒れがちですが、その時も今の時期に片付けをしておいたことで、大荒れはせずなんとか保つことはできました。

    受験勉強を集中できる部屋ではじめよう!

    いかがだったでしょうか。

    家での勉強に集中できる環境づくりは、受験を乗り越える第一歩。

    部屋が片付いた状態をキープするためには、続けられる習慣作りも大切になるので、毎日勉強を始める前に机の上を整理する癖をつけられるとなおさらいいですね!。

    自分にとっての最強な受験勉強ルームで受験生の1年間を乗り越えていきましょう!

    <この記事を書いた人>

    マーゴ

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    コメント(2

    なな

    2021年2月 7日 15:44

    自分の部屋には声優雑誌やDVDが沢山あって
    そっちに目がいきやすかったのでこれをきに
    色んなものを箱に詰めて目の前から消してしまおうと思いました。

    匿名

    2021年2月 7日 23:36

    プリントを写真で保存するという発想がとてもいいと思いました!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    進路カテゴリ よく読まれている記事ランキング