文具でやる気アップ!?先輩が語るその真相とは?

  • 息抜き
  • /digitalmyvision/ikinuki/006616/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

文具でやる気アップ!

いつも身近にある文具。

お気に入りの1本や使い慣れた文具は、苦楽を共にした親友のような存在になっている人もいるかもしれません。

そこで今回は、先輩に聞いた「文具で進路のやる気があがったエピソード」をご紹介します。

たった1本の文具との出合いで、やる気がグンとアップしたんだとか・・・!

進路や勉強法で悩んでいるあなたの手元の文具が、まさかのヒミツを握っているかも...!?

ぜひ参考にしてみてください。

※このデータは2020年7月に大学生100人にとったアンケートをもとに作成しております。

憧れが詰まったシャープペンシルでテンションアップ!

文具でやる気アップ!

好きな人と同じシャープペンシル

先輩体験談

大学のプレ入試でもらったシャーペン。

それを見るとやる気がでる。

好きなアイドルが使っていたシャーペンと同じだったので手放さなかった。

(工学院大 K.S先輩)

志望大からもらったシャープペンシル...というだけでもテンションが上がりますよね。

好きなアイドルとお揃いともなれば、さらに貴重さはアップ。

シャープペンシルを見るたびにウキウキできれば、勉強のやる気も上がります。

大学の名前が刻まれたシャープペンシル

先輩体験談

オープンキャンパスでもらったシャーペン。

大学の名前が書いてあるので、それを見て元気を出した。

(茨城大 S.G先輩)

希望する大学入学への道のりは、時に苦しいことも。

模試の判定が悪かったり、学校のテストの点数で落ち込んだりすることもあると思います。

そんな時は、大学にまつわるアイテムで気分をアゲるのがおすすめ。

先輩も、オープンキャンパスでもらったシャープペンシルを大切に使っていました。

高いモチベーションを常に維持するのは大変なもの。

目標になる物を身近に置いておけば、気持ちを後押ししてもらえるかも!

問題をまとめたノートを見返して自信をつける!

文具でやる気アップ!

先輩体験談

リングのノート。

間違えた問題を一冊のノートにまとめていました。

リングノートにすると電車の中で見る時もかさばらず、オススメです。

ノートを作ることで、自分の頑張った軌跡を見ることができ、とても自信になりますよ!

(大阪教育大 M.T先輩)

間違えた問題は自分の弱点ですが、克服するのはツラい時もありますよね。

でも、自分の弱点と向き合って努力すれば、必ず道は開けます・・・!

コツコツまとめたノートは、努力の結晶。

進路で悩んだ時に見返せば、勇気と自信をもらえそうです。

先輩体験談

ルーズリーフをためていた。

書き終わったルーズリーフを目につくところに置いた箱の中に入れて、どんどん溜まっていく様をみて、やる気を出していた。

努力が目に見えるようにするのは効果的だと思う。

(名古屋工業大 R.M先輩)

頑張った成果は、目に見えなければ忘れてしまうことも。

勉強で落ち込んだ時や、進路で悩んだ時は自分の頑張りを見直してみましょう。

机や本棚の一角に、「頑張ったコーナー」を作ってみるのも良いですね。

おすすめのルーズリーフやバインダーはこちらの記事でも紹介しているので、チェックしてみてください。

>>文房具のプロがオススメ!板書が快適なルーズリーフバインダー3選<<

先生気分で丸つけ!採点ペンを使ってやる気アップ!

文具でやる気アップ!

先輩体験談

採点ペンをもち、まるで先生に丸をつけてもらっているかのようにつけました。

丸をつけるときに、できた問題には大きく丸をつけ、間違っていた問題にはそのペンを使って、丁寧に分析を書き込みました。

同じミスを繰り返さないという気概を手助けしてくれたのが、採点ペンでした!

今も使っています!

(宮崎公立大 H.N先輩)

先生と同じ気分で丸つけ→書き込む。これを繰り返すことで、「なぜ間違ったか」が自分でわかるので、理解度アップにつながります。

「同じミスを繰り返さない」という気概は、実力にもつながります。

解ける問題が増えて点数がアップすれば、進路の幅も広がっちゃうかも?

進路に向かってやる気がアップした文具番外編

文具でやる気アップ!

文具だけではなく、手帳を上手に使っていた先輩もいました。

先輩体験談

高3の時ですが、「合格手帳」というものを1年間使用していました。

普通の手帳のようにカレンダーと予定を書く欄があります。

合格手帳は、受験生用に

・その月の目標を書く欄

・1日ごとの時間軸

・その日の活動予定

・センターまで〇日と書く欄

・1日の反省をする欄 があります。

日々の計画を立てたり、振り返りを行ったりするのに役立ちました。

1日の勉強時間を書く欄もあり、モチベーションアップにもつながりました。

受験終了後に見返すと、1年間よく頑張ったな、と目に見える形でわかるので今でも宝物になっています。

(徳島大 N.F先輩)

最初から進路が決まっている人もいれば、途中で進路変更する人もいると思います。

目標を見失ってしまいそうな時もあるかもしれません。

そんな時の振り返りにもおすすめなのが手帳。

勉強の目標や成果だけでなく、その時思ったことや自分の考えも書いてみましょう。

落ち込んだ時や、不安になった時。自分の頑張りを見返せば、やる気がみなぎってくるかも?

いかがでしたか?

「進路がなかなか決まらない」

「希望する進学先を目指せるかわからない」

と、不安に思っている人も多いかもしれません。

合格をつかみ取った先輩たちは、身近な文具からやる気をもらっていました。

みなさんも、進路に向かってやる気をアップしてくれる相棒を見つけてくださいね。


\あわせて読みたい/

<この記事を書いた人>

進研ゼミ高校講座

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #ニガテ何とかしたい
  • #リフレッシュ
  • #文具

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事