カレンダー、どう使う? スケジュール管理に役立つ、文具の使い方アドバイス!

  • 息抜き

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

c00.png

毎日勉強しているけれど、達成感がなくてやる気が出ない...。

計画的にコツコツ勉強し、成績UPにつなげるために大事なスケジュール管理。

やることがひと目でわかり、さらに勉強のやる気がUPするような管理法があるといいですよね。

そこで、皆さんと同じ「ゼミ」会員の声とあわせて、スケジュール管理に役立つ文具とその使い方を教えます!

スタンプで毎日の勉強を記録し、やる気UP!

単語の暗記や宿題など、毎日必ずやっていることがいくつかあると思います。

しかし、毎日頑張っていても達成感がなくてモチベが上がらない...となることがあるのではないでしょうか?

そこで、カレンダーに毎日スタンプを押して、達成感を味わいましょう

スタンプがない時は、シールやペンを使ってください。

毎日必ずやっていることを書き出してスタンプを用意!

毎日やることスタンプ

まずは、自分が毎日やることは何か、いくつあるかを確認。

そして、その数分の色や柄が異なるスタンプを用意し、「スタンプ」と「毎日やること」を対応させます。

例えば、青のスタンプを<宿題>、赤のスタンプを<「予習復習 効率UP」アプリの国語>に決めます。

スタンプを押して毎日取り組んでいるかチェック!

c02.png
※画像はイメージです。

「宿題」をやったらその日の欄に青のスタンプを押す、というように、「毎日やること」ができた日にはスタンプを押します。

カレンダーを見れば、毎日取り組めているのかどうかがわかります

スタンプがたまっていき、毎日コツコツ取り組んだことが可視化されることで、達成感を味わえ、やる気UP

マーカーやペンで色分けしてスケジュールに書き込むと、ひと目でやることがわかる!

ペンで色分け

色を分けて書き込むことで、パッと見ていつ何があるのか?何をすべきか?がわかりやすくなります。

まずはマーカーで行事やテスト期間を確認!

マーカーでテスト期間

学校が休みの日にはピンクのマーカーを引き、テスト期間には黄色のマーカーを引く...

というように、まずはマーカーを使って、学校行事などのあらかじめ決まっている予定をわかりやすく色分けしましょう!

科目ごとに色分けして、いつ、どの科目をやるのかをわかりやすく!

教科で色分け

次はペンを科目ごとに色分けし、やることを科目ごとに記入しましょう。

色分けすることで、いつ・どの科目やるのかがとてもわかりやすくなります

また、科目ごとに色を分けることで、得意な科目ばかりを計画に入れていないか? というように、科目ごとの偏りも確認できます

苦手科目もスケジュールに入れるなど、色分けされたものを見て、全体のバランスを確認しましょう。

ゆっぴぃ先輩

いろいろな色のカラーペンを使っています。英語はピンク、数学は水色というように、科目ごとに使い分けています! 今日、何の科目を勉強すればいいかがひと目でわかるのでオススメです!

SH先輩

個人の予定は黒、テスト関係は赤、学校からの課題は青にして、終わったらカレンダーにチェックを入れています。

まとめ!

身近な文具で少し工夫することで、カレンダーやスケジュール帳が一気に見やすくなり、やる気UPにもつながります。この機会にぜひ、今回紹介した方法を試してみてくださいね!

※この記事は2020年9月に実施した、高1・2年生の「ゼミ」会員のアンケートをもとに作成しています。

【先輩に聞いた】たまった『チャレンジ』を整理できる文具とは?

【大学合格した先輩に聞いた】「ゼミ」教材に書き込む派&書き込まない派それぞれのオススメ

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座 ぴ

今年社会人になり、スケジュール帳ではなく、Excelでスケジュールを管理するようになりましたが、Excelでも色分けしています!

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #時間がない

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事