【大学生活がイメージできない人へ】文系学生の4年間大公開!

  • 息抜き
  • /digitalmyvision/ikinuki/003413/

この記事を書いた人

首都大学東京 都市教養学部(改組前)  ぴかっち

文系学生4年間大公開

大学受験、志望大選択、など「大学」とは切っても切れない縁。

一方で

「大学って何をするんだろう?」

「サークル?アルバイト?そんなにたくさんできるものなのか?」

「実際の大学生活の様子はオープンキャンパスに行ってもイマイチわからなかった」

という方もいるのではないでしょうか?

私自身も、大学へのイメージがわかなかった記憶があります。

今回は、そんな疑問に答えるべく、経済学部に4年間通った私の生活を公開していきます。

※編集部注:ぴかっち先輩は大学卒業をされた先輩です。

ぴかっちのプロフィール

・文系国公立、経済学専攻

 

・教職課程は履修していない

 

・実家通学(往復3時間程度)

 

・体育会など、厳しい部活には入っていない

\文理・志望大選びで迷ったら/



授業の自由度が高い!

まず、私が大学に入って一番感じたことは「授業の自由度が高い!」ということ。

もちろん、必修(必ず受けないといけない授業)の科目など、一定の制限はあるものの、高校までと比べると、かなり自由でした。

それでは学年ごとに紹介していきます!

ポイントは画像にも書いてあるので、時間がない方は画像だけでも目を通してみてくださいね。

大学1年生

まずは時間割を公開!

時間割

1年生は、基礎科目をメインで受講します。

主に2年生以降で、専門分野を学ぶために必要な知識や計算方法などを習いました。

また、自分の学部の授業だけでなく、他の分野の授業も履修しました。

色々な授業の基礎科目を受講し、広く浅く、教養を身につけるのにもってこいの期間でした!

2年生

こちらも時間割から!

時間割2

2年生からは、だんだんと専門分野の授業も受講し始めました。

内容がハードになる一方で、1年生の時の基礎科目と比べると、こういう勉強をしてみたい!と高校時代に思っていた内容を学ぶことができ、充実していました。

また、大学生活に慣れてきたことと、多くの授業をとっておかないと3〜4年生になってから大変だと思ったことから、1年生の時よりは多めに授業をとっていました。

授業の受講は計画的に!

3年生

時間割3

3年生からの目玉は、何と言っても「ゼミ」です!

ゼミでは、自分の興味のある分野について、さらに理解を深めていきます。

大人数の授業と異なり、学生間・教授との距離が近く、非常に良い環境でした。

また、2年生までに授業をたくさんとっていたおかげで余裕ができ、全休(丸一日休みの日)ができました。

4年生

時間割4

計画的な受講のおかげで、4年生では週一のゼミのみでした!

とはいえ、前半は就職活動があったので忙しかったです...。

4年生の中心は卒業論文でした。

3年生までの授業やゼミ、普段の生活の中で興味のあること・深く掘り下げたいことについて研究し、文章にまとめます。

大変でしたが、自分の4年間の集大成を形にすることができ、完成したときは達成感がありました!

生活は忙しくするも、余裕を持たせるも可能!

授業の自由度以外に感じたのは、生活面も自分次第で忙しくも暇にもできるということです。

同じ学部の友人でも、

・教職など、経済学部以外の授業で忙しい人

・部活やサークルに打ち込んでいる人

・アルバイトに力を入れている人

など、人それぞれ過ごし方は異なりました。

私はアルバイトに力を入れており、授業後や土日の空いた時間は、ほとんどアルバイトをしているような生活でした。

アルバイトに限らず、課外活動は、授業では得られない学びや経験の場になるので、興味があるものがあったら積極的に取り組んでみることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したのはあくまで私の例なので、学部や大学によっては大きく違います。

気になった学部や大学があったら、カリキュラムなどを調べてみるとイメージがわくと思いますよ!

また、自由というと聞こえはいいものの、それだけ責任も伴うということです。

時間を有意義に使うも、無駄にするも自分次第。

高校生のうちに自分を律する力や、学習計画を立てる力は身につけておかないと、あとあと困ることになるので、今の内から学習習慣もつけていきましょう!

<この記事を書いた人>

東京都立大都市教養学部 先輩チューター ぴかっち

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

\あわせて読みたい/

 
  • #志望大選び
  • #学部・学科選び
  • #リフレッシュ

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事