体育ニガテでも大丈夫! 運動オンチが体育祭を楽しむ3つのヒケツ

  • 息抜き
  • /digitalmyvision/ikinuki/003335/

この記事を書いた人

早稲田大学 文学部  める先輩

  • 先輩チューターに相談する

    運動オンチサムネイル

    今年は、開催が見送られる高校もあるかもしれませんが、そろそろ体育祭がやってくるという人も多いはず。

    でも私、先輩チューターのめるにとって体育祭は、ちょっと憂鬱なイベントでした。

    実は体育が超ニガテ!

    クラスでは一番足が遅いし、クラス対抗競技も自信が無い......。

    他の仲間に迷惑をかけてしまわないか心配になってしまっていました。

    でも、体育祭は高校時代の大イベントの一つだから、楽しまないともったいない!

    今回は運動オンチだった私の経験から、体育祭を楽しむ3つのヒケツを伝授します!

    体育祭前の準備でがんばる!

    ①体育祭前の準備でがんばる!

    体育祭の前、クラスやチームの団結を強めるために、応援旗を作ったり、おそろいアイテムを作ったりする人も多いのではないでしょうか。

    ここが活躍のチャンス!

    ぜひ積極的にアイディアを出したり、アイテムを作ったりするのに参加してみましょう。

    ちなみに私の高校では、体操服にクラスカラーのゼッケンをぬいつけるのですが、苦手な子は得意な子と一緒にやったりしていました。

    体育祭前の協力が、クラスの団結につながるかも!?

    放送や運営係で活躍!

    ②放送や運営係で活躍

    体育祭当日には、放送委員が実況したり、競技に必要な道具を用意する係がいたりと、競技を行う以外の大事な役割がいっぱい!

    体育が苦手だという人は、こんな役割で活躍するのもいいかも。

    私は、賞品のお花の飾りを作って選手に渡す係をやったことがあるのですが、自分が作った賞品を喜んで受け取ってくれる選手を見て、私もうれしい気持ちになりました。

    ③結果より参加することが大事!

    ③結果より参加することが大事

    そしてやっぱり大事なのは、クラスやチームの仲間と一緒に体育祭の競技や応援に参加する!ということです。

    もちろん苦手なものがあるかもしれないし、失敗してしまうこともあるかもしれないけど、怖がって何事からも逃げてしまっていると、思ったよりできる競技とか、友達が助けてくれればやり遂げられることにも気が付くことが出来ません。

    クラス対抗の全員リレーでものすごく不安だった時に、リレーの順番を決めてくれた子から、「めるがどれだけ抜かれても、逆転できるように組んだから大丈夫!」と言ってもらえて、すごく励まされたこともありました!

    まとめ

    今回の記事を参考にすれば、これまで体育祭が憂鬱だった人も、今年の体育祭から変わるかも!?

    試してみてくださいね!

    <この記事を書いた人>

    早稲田大文学部 先輩チューター める

    借り物競争とか久しぶりにやりたい(笑)

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事