【新高1向け】高校の部活、中学から変える?変えない?先輩がメリットとデメリットを解説!

  • 息抜き
  • /digitalmyvision/ikinuki/000759/

この記事を書いた人

横浜市立大学  国際総合科学部  なっち先輩

  • 先輩チューターに相談する

    部活変える変えない

    新高1生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

    大変だった受験生活が終わり、ついに待ちに待った高校生活が始まりますね。

    高校では、楽しいことがたくさんありますが、そんな高校生活を語る上で欠かせない存在が「部活」!

    中学で部活に入っていた人はいるかと思いますが、高校での部活を中学までと同じにするのか、はたまた違う部活にするかで迷っている人もいるのではないでしょうか?

    また、中学では帰宅部だったけど、高校から部活に入ろうとしている人もいると思います。

    ちなみに、この文章を書いている僕・先輩チューター なっちも、中学までの部活から高校の部活を変えるかで悩んでいました。

    そこで今回は、進研ゼミを高校時代に使っていた現役大学生である「先輩チューター」に、中学までの部活を踏まえて、高校の部活を変えた(もしくは変えなかった)理由と、その決断をしたことによるメリットデメリットを聞いてきました!

    1部活を変えた人へのインタビュー

    最初に、高校からは中学とは違う部活に入った人たちにインタビューしました!

    1-1 【メリット】新しいことにチャレンジしたい人が多い

    高校生

    高校から部活を変えた人に理由を聞いたところ、新しいことにチャレンジしたかったから部活を変えたという人が多くいました!

    文章を書いている僕自身も、新しいことをやってみたくて高校から部活を変えました。

    高校には、中学ではあまりメジャーではない部活があることも多いです。

    例えば、僕の場合は、中学までは剣道部でしたが、高校からは中学までで見たことがなかった弓道部に入部しました。

    中学までは見たことのない部活以外でも、心機一転、部活を変えてみようと思っている人たちは、想像以上に多かったです!

    1-2 【メリット】価値観や視点、新たな友達ができるかも!

    高校生 友達

    部活を変えたことによるメリットを質問してみると、新しい視点を持てた、これまでとは違う友達ができたと答える人が続出しました!

    新しいことを始めれば、必然的に新しい物事の考えや、やり方を知ることになります。

    それを通して、これまで自分にはなかった価値観や視点を得られたことが、自分にとってプラスだったと考える人が多いです。

    また、部活を変えることで、中学まで関わってきた人たち以外の人と話すことが多くなり、今までとは雰囲気の違う友達ができやすいのではないかと思います。

    1-3 【デメリット】経験者との差がつきやすいのは難点

    部活を変えたことによるデメリットを聞いたところ、ほとんどの人が経験者との実力差がつきやすいことを挙げていました。

    高校の部活では、中学と同じ部活に入っている人も多くいると思います。

    高校から部活を始めた人は、高1の時点では初心者ですので、キャリアの長さの関係で、実力の差がついてしまいがちではあるかと思います。

    また、中学で文化系の部活に入っていた人が、高校からは体育系の部活に入った場合、人によっては入部当初に体力的に辛い時期があるかもしれませんね。

    2部活を変えなかった人にインタビュー

    次に、高校でも中学と同じ部活を続けた人にインタビューしてきました。

    2-1 【メリット】コンクールや大会でより活躍しやすい

    試合

    高校も中学と同じ部活に入った理由を聞いたところ、コンクールや大きな試合で、これまで以上に活躍したいと考えている人が多数でした!

    中学の3年間の部活で、あと一歩のところで上位大会への出場を逃した、という経験をした人たちが、リベンジをしようと、高校でも部活を続けているみたいです!

    それ以外にも、小学校からずっと続けていた競技だったりしたことから、あまり深く考えずに同じ部活に入部した人もいました!

    2-2 【メリット】経験値がある状態からスタートできる

    部活を変えないことのメリットで最も多く挙がった意見が、経験値がある状態から部活をスタートできるということです!

    少なくとも3年間は、練習を積み重ねてきたわけなので、全くの初心者よりは、入部当初はスムーズに活動ができるかと思います。

    その関係で、初心者よりも部活のレギュラーになりやすいかもしれませんね。

    高校ではなく、大学の話になるのですが...僕は、高校の部活と同じ部活に大学で入りました。そのときは、他の人よりも早い段階で試合に出してもらえました!

    また、中学までの部活のチームメイトと、高校の試合でも再会することができて楽しかったという意見や、新しく道具を買い換える手間がなかったと答える人も多かったです!

    2-3 【デメリット】プレッシャーや中学とのギャップがあることも

    部活を変えなかったデメリットとして意見が多かったのは、「経験者だからできて当然だよね」というようなプレッシャーや、中学の部活のルールとのギャップに困ったという点です。

    初心者と比べて経験値があるがゆえに、「いろいろなことができて当然」「多くのことを分かっているよね?」といった目で見られることも多くなるようです。

    それだけでなく、高校からの部活のルール(先輩には必ず挨拶をする、下級生が雑用関係をする等)が、中学の部内でのルールと異なることもあるため、そこの差でギャップを感じてしまう人もいるみたいです。

    参考までに、僕が大学で高校と同じ部活に入ったときも、プレッシャーがあったり、部内のルールで高校とのギャップを感じたりすることは多々ありました。

    でも、毎日練習を一生懸命することで、プレッシャーを感じなくなりましたし、ルールのギャップも日を追うごとに気にならなくなりました!

    まとめ

    「部活を変える」「部活を変えない」の2つの視点で書いてきましたが、一概にどちらの選択肢が良いとは言えません。

    しかし、僕は、どちらの選択肢を取っても、自分にとってプラスになるかと思います!

    中学と高校の間で僕は部活を変えましたが、そのことで、これまでは知ることのできなかった世界を知ることができましたし、多くの友達を作ることもできました。

    大学では、高校の部活をそのまま続けましたが、高校時代よりも技術を上げることができ、良い経験を得られました!

    新しいことを始めるもよし、今までやっていたことを突き詰めるもよし。

    今の自分にとって、どちらの方が良いのかを、じっくり考えてみてください!

    <この記事を書いた人>

    横浜市立大学 国際総合科学部 先輩チューター なっち

    高1の4月、僕が友達に「軽音部に一緒に入ろう!」と言った翌日、僕が弓道部への入部届けを書いてきたので、友達に驚かれました(笑)

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #部活だいじに
    • #友達関係

    コメント(7

    ツナ

    2020年3月24日 19:16

    すっごくわかりやすかったです!!( ´꒳` )

    あああ

    2020年3月25日 18:50

    陸上の長距離は、高校からでも3年間で伸びますか??(私バスケ部でした

    ピヨコ

    2020年3月25日 18:52

    今知りたいと思っていた事がちょうど記事になっていたのでびっくりしました笑
    分かりやすくてとても参考になりました!
    ありがとうございます〜

    フルート

    2021年3月27日 20:39

    吹奏楽をこのまま続けるか迷っていたので、とても参考になりました!
    新しい事にもチャレンジしてみたいけど、吹奏楽も続けたい...仮入部してきちんと決着つけます!ありがとうございました!

    Re:たこぴー から あああ への返信

    2021年4月 6日 12:21

    バスケで鍛えた体力を活かせると思うの
    でアリだと思います

    Re:たわし から あああ への返信

    2021年4月 6日 17:45

    伸びます伸びます‼︎毎日走ってたらだいぶ早くなったと先輩が言ってました^_^

    Re:high jump から あああ への返信

    2021年4月 7日 08:51

    むしろこれからが楽しみな時期だと思います。頑張ってください!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    息抜きカテゴリ あなたへのオススメ記事