【早く終わらせる?マイペースに進める?】夏休みの宿題攻略法!

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/008952/

この記事を書いた人

大阪大 工学部  みかん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    スライド1.PNG

    こんにちは!大阪大の先輩チューター、みかんです!

    いよいよ夏休みが始まりますね。部活はさらに忙しくなり、毎日が充実した夏を過ごすことになると思います。

    ところで、宿題の存在は忘れていませんよね!?

    今回の記事では、宿題に追われて夏休み後半に苦しむことがないよう先輩からアドバイスをもらいました。それではさっそく本題に移りましょう。

    基本的な考え方

    さて、まずは夏休みの宿題を終わらせるためのスケジュールについて紹介します。

    私がオススメする計画は次のようになります。

    スライド2.PNG

    ここで、具体的な例を用いて考えていきましょう。

    例えば、宿題が次のように出たとします。

    スライド3.PNG

    ①まずは、いつまでに終わらせたいか考えましょう。
    →ここでは10日間とします。

    ②次は、その日数に4~6日を足しましょう。
    →計画というものは大抵の場合、思い通りに進まないからです。特に夏休みはいろんな予定が入ると思いますので、十分に余裕を取るべきでしょう。

    ③そして、ページ数をこの日数で割ります。
    →1日あたりに進めるべき量がはっきりしますね!

    スライド4.PNG

    次に、進め方に合わせた計画法を取り上げたいと思います。

    とにかく早く終わらせたい人向け


    できる限り早く宿題を終わらせて、夏休みは部活に専念したいという人も多いと思います。私もその一人でした。

    この場合、終わらせるまでの日数を短く設定し、先ほど挙げた例に沿って計算すれば、1日あたりの勉強量を知ることができます。

    問題は読書感想文など、問題集以外の宿題をいつ終わらせるか、ということです。

    私のおすすめは、問題集が終わってからです。

    理由は短期集中で問題集を進めているので、途中にそれ以外のことを挟むとペースが乱れるからです。

    ちなみに、私はこんなスケジュールで宿題を進めていました。

    スライド5.PNG

    ゆっくり取り組みたい人向け

    中には夏休みを目一杯に使って、少しずつ進めていきたい人もいると思います。

    そこで、私の友人のAさんにインタビューしてきました!

    Aさんはおおよそ次のようなスケジュールで進めたそうです!

    スライド6.PNG

    ポイント!

    読書感想文などを問題集の隙間に入れたこと

    長期的に取り組むとどうしてもやる気が起きない日もあると思います。

    そういった日には気分転換を兼ねて、問題集以外の宿題に取り組んだそうです!

    ちなみに、計画が長期的になるほど、思い通りに進まないことも増えてきます。

    ですから、1週間程度の余裕をもって計画を立ててみることをオススメします!

    まとめ

    ポイントは2つです。

    予備日を考慮した計画を立てること。

    問題集以外の宿題をうまく配置することです。

    この2点を意識して、計画を立ててみてくださいね。

    素敵な夏休みを過ごせると良いですね!

    <この記事を書いた人>
    大阪大 みかん

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング