【精神論サヨナラ】ぼんやり「苦手」を克服する真の方法は◯◯◯の活用!

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/008603/

この記事を書いた人

北海道大学 工学部  あつぼー先輩

  • 先輩チューターに相談する

    【精神論サヨナラ】ぼんやり「苦手」を克服する真の方法は◯◯◯の活用!

    高2になり、定期テストや模試をこなす今日この頃。

    「なんか苦手があるけど、解消しきれない...」
    こんな悩み、ないでしょうか。

    どうもみなさん、こんにちは!先輩チューターの「あつぼー」です。

    高校時代は高3の11月までE判定だったものの、勉強のやり方を変えて第一志望に逆転合格できました!

    E判定時代は、まさに先ほどの「苦手が解消しきれない」モヤモヤをいつも感じていました。

    それを克服した「◯◯◯」の活用について、ここから紹介していきます!

    問題集よりも「教科書」の活用で成績UP!?

    2.png

    僕は当初「問題集をひたすら解く」という勉強をしていました。

    中学校からの習慣で、「解いた問題の量に比例して成績が上がる」と思い込んでいたからです。

    しかし、結果は「全然成績が上がらない」というただ一言でした。

    それもそのはずで、勉強時間は長くても、全然勉強すべき内容を理解していなかったからです。

    「長時間、苦労して勉強すれば成績が上がる」という精神論は高校では通用しないと学んだ大きなきっかけとなりました。

    それならどうすれば良いか。

    いろいろ試した末に良いと思った方法が「教科書をカンペキにする」という勉強法でした。

    定期テストでも入試でもそうですが、最低限教科書レベルの知識があれば、知識の組み合わせで解ける問題は数多くあります。

    一方で教科書レベルの知識に抜け漏れがあったら、どれだけ応用力があっても問題を解くことはできません。

    つまり、どれだけ教科書の知識を自分のモノにできるかが、テストの成績を大きく左右する、ということができます。

    教科書で苦手探し!?

    3.png

    なので、僕は「徹底的に教科書を活用」して勉強を進めることに決めました。

    まずは教科書を用いて「苦手を探す」ことを意識しました。

    「苦手を克服したい」と思っても、まずはどこが苦手かが分からなければ克服できません。

    一方、問題集を解いて苦手を見つけるのはかなりの時間と手間がかかります。

    そこで僕は、次のようなやり方で苦手を探しました。

    ・教科書をパラパラめくって

    ・なんとなく「苦手だな」と思ったページに折り目をつける

    教科書を使って探すわけですから、基本的には抜け漏れが起きる心配はありません。

    また、直感で「苦手」を探すことになるので、短時間かつより集中したいポイントに絞って探すことができます。

    1冊あたりそんなに時間をかけてはいけません。

    だいたい10分くらいでパラパラと見ていき、「このページイヤなんだよな」と思う部分を見つけて印をつけるイメージです。

    苦手なページって直感でイヤな感覚がすると思うので、その部分を探していきます。

    見つけた苦手を克服するためには...?

    4.png

    見つけた苦手を克服するためには、少し時間はかかりますが「教科書1行1行を丁寧に読む」ようにしていました。

    具体的には、次のことを確認しながら読み進めるようにしました。

    ・分からない言葉はないか

    ・なぜその解法になるか説明できない部分はないか

    そこで怪しい部分があったら、この手順で解消しました。

    ① 分からない言葉については、定義が載っていたらマーカーチェック

    ② ゼミ・参考書で調べたり、先生に聞いたりして余白に書き込む

    重要なことは、すべての知識は教科書に集約するということです。

    例えばノートやゼミなど、いろいろなところにメモを取っていると、模試や入試の前に「これを見直せば大丈夫!」というものがなくなってしまいます。

    なので「これを見直せば全てが書いてある」というものを1つ作っておくと安心だと思います。

    僕自身は、教科書が最もコンパクトでかつ最もよく使うので教科書に書くことをオススメします。

    時にはインターネットの知識も活用しながら、「なぜ」を解消し分かったことを教科書に蓄積させていくのがポイントです。

    まとめ

    実は教科書ってこんな使い方もできる!ということが体感できたはずです!

    噛めば噛むほど味が出るのが「教科書」。

    ぜひみなさんもオリジナルの使い方を考えてみてくださいね!

    <この記事を書いた人>
    北海道大 あつぼー

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング