先輩チューターも陥った!?高1クライシスを乗り越える方法3選

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/008199/

この記事を書いた人

関西大学 文学部  セサミ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    高1クライシスかも...?.png

    こんにちは!
    関西大学文学部の先輩チューター【セサミ】です(^^♪

    高1生のみなさん、もうすぐ高校生になって約2ヶ月ですが、高校生活はエンジョイできていますか?

    もしかすると、

    「授業のスピードが速くてついていくのが大変...」
    「部活のレベルが高くて毎日ヘトヘト...」

    など、なかなか環境の変化に合わせるのが難しい人もいるかもしれません。

    実は、私も高校生になりたての頃は高校生活に慣れるのに精一杯で、体調を崩したりしていました(-_-;)

    ですが、これらの「高1クライシス」に陥っていたのは私たち先輩チューターも同じです。

    今回は全国の先輩チューターに「高1クライシスを乗り越える方法」を教えてもらいました!
    この記事を読めば、高校生活がもっと楽しくなること間違いなし!

    高1クライシス①勉強編

    クライシス①「勉強についていけない...!」.png

    まずは、クライシス①、勉強について先輩の声をみて見ましょう。

    Q.高1の5月頃、(1科目でも)学校の授業についていけないと感じたことがありますか?

    グラフ①勉強編.png

    なんと、
    先輩チューターの60%が「学校の授業についていけない」と感じていた
    という結果になりました...!

    志望大に合格した先輩チューターも、高校生のときは授業についていくのに苦労していたのですね。
    もちろん私も、高校生になりたての頃は、授業スピードの速さと予復習の多さに圧倒されていました。汗

    先輩チューターが陥った高1クライシスとは?―勉強編―

    【授業スピードが速い】

    ・これまでの勉強習慣ではついていけないくらい授業が速かった。
    ・数学の授業がとにかく早いし、ついていくのが精一杯。
    ・数学。宿題をやらない、週末課題をわからないから写すということをしていたら、全てわからなくなっていた。

    教科で分けると、圧倒的に数学でこの意見が多く挙がりました。
    やはり、数中学までより格段に授業スピードが速くなるようですね。

    【「中学と同じように」とはいかなかった】

    ・中学までは何となく読んでいた古文の読み方が全くわからなくて困った。
    ・物理が中学の時とは考え方が違い過ぎて、理解できなかった。

    教科の名前が同じでも、内容は全然違うのが高校です。
    学ぶ内容もより幅広く・深くなるので、中学と同じ感覚でいると痛い目にあうことも...。

    【周りのレベルの高さ】

    ・自分は英語が得意だと思っていたけれど、そんなことないんだ...と落ち込んだ。

    「上には上がいる」ということを突き付けられるとへこみますよね...。
    私も高校生になって初めてテストで平均点を切り、現実を突き付けられました。泣

    先輩チューターはこう乗り越えた!

    【予習・復習に力を入れる】

    ・教科書を授業前に読むなど予習をしっかりやって、授業で先生にあてられた時などに、自信を持って回答できるようにした。

    予習や復習をしっかりやっておくと、心の準備にもつながります。
    基本的なことではありますが大事なことですよね。

    【積極的に質問をする】

    ・放課後に先生に聞きに行く習慣をつけた。

    私も先生に質問をしまくっていました。笑

    中高一貫校に通っていた先輩チューターは、高校の先生が忙しい時は中学の先生にもお願いして教えてもらうなどして、先生をうまく頼っていたみたいです!

    ・友達に教えてもらいながら一緒に勉強する。

    教えてもらう人は先生ではなくても大丈夫です!
    教えてほしい教科が得意な友達もどんどん頼っちゃいましょう!

    高1クライシス②部活編

    クライシス②「部活がハード...!」.png

    続いては、部活のお悩みです。

    Q.高1の5月頃、部活動についていけない・部活動が大変だと感じたことがありますか?

    グラフ②部活編.png

    約40%の先輩チューターが「部活動についていけない」「部活動が大変だ」と感じたことがある
    と回答していました。

    高校は勉強に加えて部活動のレベルも上がるので、部活にもクライシスが潜んでいるかも?

    先輩チューターが陥った高1クライシスとは?―部活編―

    【レベルが高い】

    ・高校の部活のレベルが高く、技術が追いつかずに辛かった。

    高校の部活は中学よりもレベルが高くなることが多いのではないでしょうか?
    強豪校だと特にレベルの違いを感じるかも。

    【活動時間が長い】

    ・帰宅が20:00前後で、夜は勉強にほとんど手がつかなかった。
    ・ゴールデンウィークはたくさん試合があって大変だった。

    部活のレベルが上がると活動時間も比例して長くなりがちです。
    通学時間も中学より長くなる人が多いので、帰宅したらへとへとでベッドへダイブ、なんてことも。
    疲れもたまってしまいがちですよね。

    先輩チューターはこう乗り越えた!

    ・朝の時間を活用して勉強した。課題はギリギリだと時間がなくてできなかったりするので、出されたらすぐやるようにしていた。
    ・自分なりに疲れをとる方法を探した。

    帰宅が遅くなるなら朝やってしまう、というのはおすすめです!
    朝練がある場合は難しいかもしれませんが、やるべきことを先に済ませておくと部活にも集中しやすくなるはず!

    高1クライシス③生活編

    クライシス③「生活の変化に慣れない...!」.png

    さいごに、中学生から高校生になったことでの、生活面の悩みです。

    Q.高1の5月頃、人間関係など生活面で悩んでいたことがありますか?

    グラフ③生活編.png

    こちらも、
    約40%の先輩チューターが「人間関係など生活面で悩んでいたことがある」
    と回答しています。

    高校生になって環境が大きく変わると、ストレスも感じやすくなるもの。
    友達も新たにつくる必要があるので、なかなか慣れるまでには時間がかかるかも?

    先輩チューターが陥った高1クライシスとは?―生活編―

    【友達づくり】

    ・知り合いが全くいなかったし、自分の最初の席は男子に囲まれていたのでどうやって話しかけようか迷った。
    ・教室を移動する時やご飯の時に一緒にいる友だちを作るのに苦労した。

    最初の座席は出席番号順であることが多いのではないでしょうか?
    周りの席に同性のクラスメイトがいないと話しかけづらいと感じてしまう人もいるはず。

    教室移動やお昼休みなど、誰かと一緒に行動したくなるタイミングもありますよね。

    【通学に時間がかかる】

    ・通学に1時間かかった。

    通学時間が長くなるのは多くの人が当てはまるのではないでしょうか?
    公共交通機関を使って通学する人も増えると思います。

    先輩チューターはこう乗り越えた!

    ・昼休みとかに席が近くて話が合いそうな子のところでお昼を一緒に食べた。
    ・話しかけられたら笑顔でなるべくテンション高めで返す。

    まずは近くにいる人からとりあえず声をかけてみるのはおすすめです!

    これから1年間は同じクラスで過ごすわけですし、相手も友達をつくりたいと思っているかもしれません。
    相手から話しかけてくれたときは良い印象を与えられるように笑顔を意識するのも良いですね!

    ・時刻表やスムーズな乗り換えを覚えた。

    最初は慣れない通学も、回数を重ねれば慣れてきます。
    私は電車を2回乗り換えて通学していましたが、慣れてきたら登校時と下校時でルートを変えたりして楽しんでいました。

    まとめ

    実は、先輩チューターも経験していた高1クライシス。

    今は「うまく高校生活になじめない...」と感じているみなさんも、焦らなくて大丈夫です。

    今回の記事も参考に、できそうなことから少しずつ実践してみてください!

    私たち先輩チューターは、みなさんが楽しく充実した高校生活を送れるようにサポートします!
    質問や相談があれば、先輩ダイレクトで私たちに相談してくださいね(^^)

    <この記事を書いた人>
    関西大 セサミ
    焦らず、自分のペースで乗り越えていきましょう!

     
    • #文系
    • #理系
    • #進路選択中
    • #部活だいじに
    • #ニガテ何とかしたい
    • #テスト一発逆転
    • #予習復習
    • #友達関係
    • #恋愛

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング