【高1向け】 成績が伸びる予習・復習法&ノートの取り方とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/008010/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

予習復習&ノート術

そろそろ高校生活が始まってきた頃ですね。

高校での授業が本格化してくると、授業スピードが速い!と感じる人が多いようです。

板書を写すだけで精いっぱいだと、この先ニガテと感じる教科が出てくることも。

今のうちに「高校式の予習・復習法&ノートの取り方」に変えれば、授業内容もバッチリわかるようになります!

【高1限定】担任の学習法アドバイザーが「キミの高校にあった予習・復習法&成績が伸びるノート術」をお届け!

今なら、あなたの高校や頑張りたい教科にあった授業の予習・復習法と、授業をしっかり理解できるノートの取り方を担任の「学習法アドバイザー」がアドバイス!

まだスタンプを送っていない人は、<トークボード>から、頑張りたい教科のスタンプをぜひ送ってみてください。

下記の画像から<トークボード>へ行けます。

今すぐトークボードへGO

※このアドバイスが手に入るのは4月22日までです。

ノートは予習、授業、復習の3回使うのが成績アップのコツ!

板書を書き写す行為だけだと、受動的になってしまい、自分がどこまで理解しているかがわかりにくくなります。

授業の内容をしっかり理解するためには、授業を能動的に聞く、ということが必要なのです。

そのために、予習→授業→復習の3点セットでノートを使うのがおすすめです。

予習では余白を多めにしておこう

予習のときは、授業中の説明を書き込めるような余白をとっておくのがおすすめ。

あらかじめ、単語や語句、文法を確認しておくとよい英語と国語は、単語の意味や本文の訳を書いておき、行間を少しあけるようにしておくこと。

授業中に先生の話した大事なポイントや間違えそうな箇所にマークするなどして書き込むのがコツです。

先輩体験談

余白を多く取り、見やすいノートにしたかったため、先生が口頭で説明したことや授業内で出てきた単語の類義語や対義語となる単語は、ノートの余白ではなく、大きめの付せん紙に書いてノートに貼っていました。

(英語)

 

授業では先生の板書以外にも重要なことはメモ

授業中、先生はどんどん板書をしていくと思いますが、口頭でしか説明しないこともあります。

たとえば数学の問題で、式を解くコツとして、細かいことを説明してくれているとか。

そのようなポイントも逃さずノートにメモすることで、あとから見直すとわかりやすいノートになるのです。

先輩体験談

教科書に書いていないことを中心に、先生の解説をよく聞いて、自分が本当にわかりやすいと思う数式を書いていました!

(数学)

 

復習ではあいまいな箇所や重要な箇所を確認

復習では、わかりにくかったところや、重要なポイントをその日のうちに見直すのがポイント。

重要な箇所を目立たせておく工夫があるといいです。

先輩体験談

疑問点は、ノートにまとめておいて質問するようにしていました。あと、自力で問題を解いていくうえで思いつくのが難しいだろうなというところはチェックをして、見直せるようにしていました。

(数学)

 

学習法アドバイザーに頑張りたい教科のスタンプを送って「キミの高校にあった予習・復習法&成績が伸びるノート術」をGET!

スタンプの送り方はカンタン!

<トークボード>の左下のスタンプマークを押して出てくる教科のスタンプを1つ押すだけ!

下記の画像から<トークボード>へ行けます。

トークボードはこちらから

今すぐスタンプを送ってくださいね。待っています!

 

<この記事を書いた人>

「進研ゼミ高校講座」 学習法アドバイザー

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 

コメント(1

プリンさん

2021年4月13日 13:56

やってみます!

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング