偏差値20UPした!勉強法を勉強することのススメ

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/007878/

この記事を書いた人

同志社大学 法学部  マーゴ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    勉強法アイキャッチ.png

    みなさんこんにちは。先輩チューターのマーゴです。

    「中学生の時は勉強が上手くいっていたのに、なぜか高校生になってから科目数は増えたし、勉強が上手くいかなくなった」
    「新しい学年になって、新しい先生になったりしたけど、授業についてくのが正直しんどい」

    なんてこともあるかもしれません。

    そんな時にお勧めしたいのが、「勉強法を勉強する」ことです。

    勉強法??そんなのを勉強するもんなの??なんて思うかもしれません。


    盲点であまり大事にされませんが、実は勉強法を知ることは、効率よく勉強をして成績UPしつつ、部活もしっかり頑張れることに繋がります

    高1は、中学との差を感じ始めた時期。

    高2の場合、高校卒業後のキャリアのことも意識しなければいけないけど、目の前の部活も学校行事も一番頑張りたいっていう難しい時期。

    だからこそ、全力で取り組んで悔いのない高校生活を送るために勉強法を学んでほしいんです。

    勉強法を見直してアップデートさせて成績UPを狙うためにも...

    今回は勉強法について私が偏差値を20UPさせられた秘訣から、先輩チューターたちがどんな方法で学んでいたのかも含めて必要なことを丸っと含んで書いていこうと思います!

    ぜひ最後まで読んでくださいね!

    なぜ勉強法を知ることが大事なのか

    勉強法1.png

    勉強法は、マイビジョンをはじめとしていろんな記事や書籍にまとめられているので目にすることは多いかもしれません。

    ですが、勉強法を実際に試してみたことってありますか?



    私は勉強がすごく苦手だったのですが、そもそも高校1年生の時はこれまで勉強をしてこなかったからこそ、どう勉強すれ良いのか全然わからなかったんですよね。

    そして、とりあえず「勉強=ノートを作る、いっぱい書く」ことが大事だと思っていた勉強を本気でやってみようと思った初期。

    けど、全然ノートまとめは進まないし、いっぱい書いても時間はかかるのに覚えられないし...。

    そして、かたや勉強が得意な人たちって、いつ勉強してるんだ??ってくらい部活も思いっきりやってるし、そもそも勉強時間少ないし、なんでこんなに違うんだろうって思ったんですよね。


    そこで、自己流でするのも良いのですが、これまで勉強をやってもあまり成績が上がらなかったという苦い経験があったので、まずはじめに勉強法を知ろうと思って一念発起。

    そうしたら、勉強時間はそんなに変わってないのに1年くらいかけて偏差値が20上がりました。



    この経験から言えることは、まさに「勉強法を知ることは目標に向けての最短距離を知れること」だということなんです。

    目標が高くてまだ全然届いていない状態でも、勉強法を試していけば、計画と少しの工夫で勉強だけの高校生活でなく、部活も他の課外活動も両立した高校生活を送れるようになります。

    だから、今おろそかにしてしまっていたと思うならぜひ勉強法との向き合う姿勢を変えてみてほしいと思います。

    勉強法の見つけ方

    特に、勉強法の勉強は憧れの大学があるけど偏差値が全然足りていないというような高校生に試してほしいと思っています。

    なぜなら、勉強は積み重ねが必要で伸びるためにはある程度の時間を要します。

    そして、高校2年生から効率の良い勉強法を身に着けて勉強すれば、高校3年生で始めるよりも時間があるからこそ、勉強が飛躍的に伸びるからなんです。

    ここで、記事を書いてる私の勉強法とその見つけた方法をお伝えしていきますね。


    話に入る前に私の話をすると、高校2年生冬くらいから本格的に勉強開始しました。

    高校1年の時からずっと偏差値40台~50台、とても良くて偏差値60いくかどうかのレベルでした。

    ですが、勉強法を知って勉強したことで高校3年生の夏の模試で70突破しました。

    こうやって成績が一気にアップする前にやった勉強法の勉強は以下の流れになります。

    勉強法2.png

    特に情報収集は本当に大事で、沢山の情報をただ読んで流すのではなくて勉強ができる人たちの共通点を見つけていくという目的を持ってやっていくのが大事です。

    私の場合はマイビジョンと記事で情報収集をしていたのですが、とりあえず勉強に苦手意識やできないという自覚があったので一番やっている人が多い(共通する人が多い)やり方を試していきました。

    そして、勉強していく中で「英語のある単語がどうしても覚えられないなぁ」とか特にできないことって出てくると思うんですよね。

    そうしたら、ネットで検索をかけたりして同じような悩みをもってる人がどうやって克服したのかを探して、それを試していました。

    私が勉強法を学ぶ中で全体に一致していることは、「自分が出来ていないことはできるまでやる」ということだと気づきました。

    勉強法3.png

    そのため、自分が出来ていないことに絞って勉強をしていったところ、効率よく勉強をしながら成績が上がりました。

    いろんな勉強法を試す中で、自分が暗記しやすいと思ったものを取り入れて、自分にあった勉強方法を見つけていけると良いですね!

    チューターに聞いたおすすめ「勉強法の勉強法」

    さて、最後にチューターに勉強方法についてのアンケートを取ってみました。

    勉強法4.png

    一番多かった勉強法の勉強はマイビジョンでした。

    私も高校生の時に読んでいて、毎月いろいろな勉強方法が知れるのですごく便利だったなと思います!


    ネットだと沢山の情報が一気に出てくるので検索エンジンに「○○ 勉強法」と検索して、そこから記事などにたどり着くのも良いですよね。

    得た情報をいろいろ試して自分に合った勉強方法を見つけていったというような方法が多かったです。


    また、学校や塾の先生、先輩から勉強法を教えてもらうというのもありました。

    自分の悩んでいることを細かく聞いてもらえますし、直接聞けるとやっぱりわかりやすいですもんね!

    聞きにいくの恥ずかしい...と思うかもしれませんが、先生は受験を乗り越えてきた先輩でもありますし、親身になって相談に乗ってくれるはずです!



    また、「進研ゼミだけで勉強を頑張っていて、なかなか先生に聞き辛い...」というのもあるかもしれません。

    そういうときは、デジタルMyVisonで教科別の対策に強い先輩の勉強法を探して先輩ダイレクトでも相談ができます。

    先輩ダイレクトとは、全国の大学生のチューターが一人ひとりの相談に対してアドバイスをくれる進研ゼミのサービスです。

    周りに大学生や志望校の大学に行った人がいない環境だと大学受験について相談しにくかったり、出来なかったりしますよね。
    でも、先輩ダイレクトを使うことで手軽に相談できますし、体験談を通してリアルを教えてくれるのですごく役に立ちますよ!

    まとめ


    今回は勉強法について触れてきました。


    自分に合った勉強法を身に着けることで、成績がぐーんってあがることも夢ではありません

    自分は頭が良いわけじゃなから無理!!と勉強に苦手意識があるとはじめから諦めそうになってしまうこともありますよね。

    ですが、まだ高校1・2年生なら受験まで時間があるからこそ、努力次第でどんな大学だって目指せると思うんです。

    勉強への苦手意識や、志望校と現状のギャップがある高校生には、この記事にも書いた勉強法を学ぶところからぜひ始めてみてほしいと思います!

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

    <記事を書いた人>
    マーゴ

     

    コメント(1

    匿名さん

    2021年4月25日 13:12

    マイビジョン役立てたいと思います

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング