【居眠り根絶!?】いやでも授業に集中してしまう方法とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/007836/

この記事を書いた人

九州大学 農学部  ベリー先輩

  • 先輩チューターに相談する

    beri_01.png

    真面目に受けないといけないのはわかっているけれど...

    ついつい授業で居眠りしたり、ぼーっとしたりして過ごしてしまう......そこのあなたに朗報です!

    今日の記事では高校三年間を「どーしても集中できない授業」と戦い通した私ベリーが、集中できない理由別にその対抗戦術をご紹介します!

    せっかく時間をかけて受ける授業、無駄にせずに過ごしたいですよね。

    それでは早速、そのテクニックを見ていきましょう!

    ★"眠くて眠い"授業、どうする?

    スライド16.PNG

    朝早くの授業、寝るのが遅くなった翌日の授業、体育の後の授業......

    そもそも授業を受け始める前から体が「眠い!!」と訴えているようなタイミングの授業たち。

    こんなタイミングで受ける授業は内容に関わらず眠くなってしまいますし、寝ていなくても頭に入らないとお悩みの人も多いはず。

    歴史モノのドラマやゲームにハマっていたので日本史の授業を楽しみにしていた高校一年生の私も、その授業が体育の後の二限目だったことで睡魔との戦いを強いられることに(?)なっていました。

    聞きたいのに聞けないほど悔しいこともありません。

    そこで私が注目したのが、「何もしないと眠くなる」ということ。

    beri_02.png

    スピーキングの授業のように定期的に近くの子と喋るような授業では眠くならないのに、大好きな内容のはずでも先生の話をただ聞いているだけだと眠くなってしまう。

    つまりこの「先生の話をただ聞いているだけ」の時間をなくせば、眠くならないのでは!?と考えたんです。

    そして決めた2つのルールが、こちら。

    ・先生の話がいい感じに切れたら、頷く!

    ・「板書されていない」話の中で、大事なことを「ボールペンで」メモする!

    体を動かすと目が醒めるものですが、授業中に運動はできません。

    でも、先生の話に頷くなら自然です。メモのために筆箱を開き、シャープペンシル(鉛筆)からボールペンに持ち替えるのも自然ですよね!

    しかも「頷きポイント」も「メモポイント」も話をしっかり聞いていないとわからないので、このルールを守ろうとしていたらいつの間にか集中できた!?ということも......。

    慣れないうちは「一回の授業中に最低○回はしよう」みたいな感じで目標を設定すると、だれずに取り組めましたよ。

    ★"難しくて眠い"授業もこれで解決!

    授業が始まったときには眠くなかったんだけど、中盤からどんどん眠くなってくる!気づけば妄想の世界に行っちゃってる!......その原因、「難しくてわからないから」ではありませんか?

    わからないと授業を聞き流すだけになってしまいますが、聞き流すだけの授業はさっきもお話した「ただ聞いているだけ」の時間に。

    これって、眠気や雑念の入り込みやすい格好のタイミングですよね?


    私は数学が一番の苦手教科だったので、見事にこのパターンで授業に集中できなくなっていったのですが......。

    結果、起こったのが「苦手だから聞けなくなる→聞けないからわからなくなる→わからないから苦手になる→...」の負のループ!

    スライド15.PNG

    なんとかそこから脱却するため、眠くて眠い授業への克服法を応用して編み出した対抗策が、こちら。

    「わからなかったところを隠さず、ひたすらメモる!」

    つまり、板書のほかに「ここがわからなかった」をメモすれば、授業中絶え間なくメモすることがあるのでは(?)という超ポジティブ作戦です!

    実際にわからないことが多いと、メモすることだらけで眠くなる暇なんてありませんでしたし、「どうしてわからなかったんだろう?」というところまで添えてメモできるようになると、もうかなり授業を聞いている状態になっていました。

    しかもそこまでメモと分析ができていれば、復習や先生への質問もスムーズ。

    「わからないメモ」は恥ずかしいものではなく、難しくて眠くなる授業から脱却するカギだったのです!

    beri_03.png

    ★"興味を持ちづらくて眠い"授業は意外なチャンス!?

    最後に、「正直この分野、あんまり興味が持てない......」という授業の眠気への対策もご紹介します。

    ちゃんと勉強はしたいけれど、興味を持って聞くこともメモするほどわからないこともそこまで浮かばない...そんな授業こそ、実はテストで高得点できるチャンスかもしれないんです。

    私がそんなときにやっていたのが、

    「先生の話や板書と並行して、自分で教科書のまとめノートを作る」こと。

    beri_04.png

    教科書をまとめ直すという本来テスト前にやるようなことを授業中にやることで、時間内にすることを増やして時間を持て余さないようにしよう!という取り組みです。

    でも、単純に物量を増やしただけかもしれないこれが意外にもテスト勉強を楽にしてくれたんです。

    なぜなら教科書の内容がその都度授業の記憶と結びつく上、テスト前にはすでに復習用のノートがカンペキに出来上がっているから。

    ただの+αの勉強というだけではない効果を感じられて、私にとっては興味を持ちにくいような授業もかえってチャンスと捉えることができました!

    ★まとめ

    「眠くて眠い授業」「難しくて眠い授業」「興味を持ちづらくて眠い授業」それぞれに理由と対策があること、伝わったでしょうか?

    今回紹介したやり方は私がやって成功した!というものですが、人それぞれもっとこの方が効率よく原因をなくせる!というやり方もあるかもしれません。

    そんないろんな戦術をあれこれ試してみるのも、授業を集中して受けるのに効果的かも?

    部活やプライベートを楽しむためにも、メリハリをつけて頑張っていきましょう!

    <この記事を書いた人>
    九州大 ベリー

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #おもしろ
    • #眠気

    コメント(6

    のな

    2021年5月11日 22:08

    授業中、眠くてしかたがないときがあったけれどこれなら眠くなくなりそうです!早速やってみます!

    むごしけ

    2021年5月12日 13:47

    なるほど!!

    お嬢113番

    2021年5月13日 18:51

    実践してみたら効果がありました!ありがとうございます!

    じゅんぐーじ

    2021年5月14日 22:24

    今日寝ちゃったから実践したいです!

    るみん

    2021年5月17日 17:09

    参考になりました!ぜひこれからやってみます☺︎ありがとうございます!

    ダンカー

    2021年8月30日 17:25

    参考になりました!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング