【国語の勉強法】プロ講師がイチオシ!デキる人がやっている予習復習・暗記・テスト勉強法とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/007789/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

デキる人がやっている国語の勉強法

国語は一括りになっている教科の中に、読解力が問われる現代文と、暗記科目と言われる古文・漢文という、性質の異なる科目が混在しています。

どうやって勉強したらいいのかわからないという人が多い現代文、そして古文では単語の暗記がニガテになりがち。

そんな国語の勉強法を、お茶の水ゼミナールの国語担当のプロ講師が解説します!

国語担当講師の秋元です。

男の子3人の子育てで、毎日がてんやわんや!自分が幼稚園児に戻ったみたいに、子どもたちに影響を受けています。

進研ゼミ高校講座では『オンラインライブ授業』を行うので、この記事を見て少しでもためになったと思ったら、ぜひ授業に参加してください!

普段の勉強法からテスト対策、古文単語の暗記術まで、国語が得意になる極意を伝授します。

見たいところへ

国語を勉強するときの基本的な考え方

普段の予習・復習法

古文単語の暗記法

テスト勉強法

オンラインライブ授業はこちら!


\【高1】は4/11から/

高1国語へ

\【高2】は3/23から/

高2国語へ

【基本的な考え方】現代文は目的意識&間違い探し、古文・漢文は古典文法が重要

国語では、現代文と古文・漢文それぞれで、デキる人が意識していることがあります。

現代文と古文・漢文の基本的な考え方

現代文では、難度が一気に上がる高2後半ころから、解答を導き出すテクニックが重要になります。

小説文では、文学的感性は必要ありません。選択肢の間違い探しをする能力さえあれば解けます。

評論文では、目の付け所があるので、目的意識をもって読むことがポイント。そのパターン認識ができるようになると一気に成績が上がります。

続いて、古文と漢文では古典文法を勉強することで一気にニガテ意識を払拭できます。英語の文法と同様に、単語だけ覚えても読めるようにはならないので、文法の勉強を優先しましょう。

文法ができないと品詞がわからない、品詞がわからないと辞書が引けない、辞書が引けなければ単語もわからない。

古典文法ができるようになると、直訳ができるので、意味をとるのがグッとラクになります。

オンラインライブ授業では、ニガテになりやすい文法などを解説します。これを聞けば文章も読めるようになりますよ!

>>目次へ戻る

【普段の予習・復習】現代文は予習を、古文・漢文は復習を大事に

普段の予習・復習についても、現代文と古文・漢文で大きく異なります。

現代文と古文・漢文の予習復習

現代文は予習で題材をしっかりと読んで問題を解くことが重要なのに対して、古文・漢文は予習よりも復習が大事になってきます。

【国語の勉強法】予習と復習どっちに力を入れる?部活で忙しくてもできる予習復習法&ニガテ対策

>>目次へ戻る

【テスト対策】授業を聞いて、覚えるだけ

国語の定期テスト対策は、授業を聞いて覚えるだけ!

国語のテスト対策は、実はすごく簡単!なぜなら、定期テストでは出題範囲が決まっていて、出題される題材も授業でやったものがほとんどだからです。

答えがわかっている試験なんだから、覚えてしまえばそれが正解。覚えるべきポイントは授業で先生が言うはずなので、それを覚えるだけです。

現代文は予習をして授業でポイントをつかむ古文は授業を聞いたあとに10分だけでもいいから暗記をしていく、これだけでテスト前の勉強がラクになります。

【国語の勉強法】確実に点が取れるテスト勉強法とは?古文単語は、2つの暗記術で攻略!

>>目次へ戻る

【古文単語の暗記】コアイメージをつかむ&英単語に置き換えて効率アップ!

古文で避けて通れないのが単語の暗記。古文単語の暗記でまず知っておきて欲しいことは、単語の「語源をおさえる」ことと、「英単語に置き換える」こと。

まずはその単語のコアイメージをつかむことで、覚えやすくなるし、今後日本語訳を求められる際に必要な意訳ができるようになります。

高校3年生までは特別に単語帳で単語を覚えていく必要はないと思います。

古文読解を通じて、だいたい200語は自然と頭にきざまれていくはずです。

難関大学合格に必要となる残り300~400語については、受験期に集中して覚えていけば大丈夫です。

古文単語の暗記術

古文単語は、ただ暗記するだけじゃなく、単語の持つコアイメージをつかむことで、一気に暗記効率がアップします。

また、微妙なニュアンスの違いは、中学生レベルの英単語に置き換えると覚えやすいですよ!

具体例も挙げながら解説しているので、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

【国語の勉強法】確実に点が取れるテスト勉強法とは?古文単語は、2つの暗記術で攻略!

この勉強法を実践して、国語を得意科目にしよう!

自分ではなかなか良い勉強法を見つけにくい国語ですが、ここで解説した考え方や勉強するときのポイントをおさえておくと、効率的に勉強できますよ!

とくに古文で高得点を取りたい、得意にしたいと思っている人は、進研ゼミ高校講座で開催する『オンラインライブ授業』に参加してください、秋元先生が講師となって、国語を教えてくれます。

ライブ授業が意味のあるものになるかどうかは、チャット次第です。空気を読まなくていいからなんでも聞いてほしいし、息抜きの世間話でもいい。そういうコミュニティの場にしたいです。

チャットの質問によって授業内容も変わってくるし、興味を持てる裏話や遊びも入れられるので、積極的に参加してください!

オンラインライブ授業はこちら!


\【高1】は4/11から/

高1国語へ

\【高2】は3/23から/

高2国語へ

※受講教科に応じて利用可能。
※事前エントリー不要です。
※各回5000人まで。参加人数が上限に達した場合は、ご参加いただけない場合があります。その場合は、録画をご覧ください。
※最新の動作環境は高校講座サポートサイト(spt.zemi.jp)をご確認ください。

また、オンラインライブ授業のスケジュールや見方は、こちらのページで詳しく解説しているので、当日までにチェックしてみてくださいね!

【高1向け】 オンラインライブ授業が初めての人へ!簡単3stepでオンラインライブ授業のいろはを紹介!

【国語の勉強法】予習と復習どっちに力を入れる?部活で忙しくてもできる予習復習法&ニガテ対策

【国語の勉強法】確実に点が取れるテスト勉強法とは?古文単語は、2つの暗記術で攻略!

<この記事を書いた人>
進研ゼミ高校講座

※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #文系
  • #理系
  • #進路選択中
  • #部活だいじに
  • #ニガテ何とかしたい
  • #テスト一発逆転
  • #予習復習
  • #時間がない

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング