【高1向け】高2への不安を消して好スタートへ!3月にやってトクする学習とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/007358/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

この時期に絶対やっておいた方がいい学習とは?TOP

高1もあと少し。いよいよ高2がスタートしますね。

わくわくしていますか? それともちょっと不安でしょうか。

学年末テストも終わって、もうすぐ春休み。

そんな今の時期は、なかなか学習のモチベーションが上がらないという人も多いかもしれません。

しかし、高2で成績をぐっと上げていくためには、今この時期の学習が非常に大切なのです。

なぜ今の時期の学習が大切?

高1と違って高校生活に慣れているから、高2は特に問題なし?

しかし、先輩たちからは「高2になって授業についていくのが大変になった!」という声がよくあがります。

なぜかというと、

1.高2では授業のスピードが速くなるから!

2.高2では学習する内容も難しくなるから!

3.高1範囲のニガテの上に、高2範囲のニガテが積もっていくから!

です。

この1年間で学習した範囲に「わからない」を残していませんか?

高2になってから高1範囲のニガテをつぶそうとしても、高2の授業もどんどん進んでいくので、難しいのが現実。

高2に進級する前に、高1範囲を復習し、土台をしっかり固めておくことがとても大切なのです。

ポイントを絞って復習をしよう!

「高1範囲の土台固めを」と言っても、すべての教科、すべての範囲となると手が回りませんよね。

なので、重要事項や、ニガテ教科やニガテ単元に絞って復習をしておきましょう。

効率的総復習には『チャレンジ3月特別号』がとにかくオススメ!

「時間がない」と感じていても、どうか『チャレンジ3月特別号』だけは取り組んでほしい。

それが進研ゼミ編集者の心からの願いです。

なぜなら、『チャレンジ3月特別号』は、

1教科30分~×5回完成で、

高1範囲の重要事項を効率的に復習できるからです。

高2からの学習につながるつまずきやすい単元が厳選されています。

どれも、高2に向けてしっかりと理解しておいてほしい単元ばかり。

もし5回も取り組めない!と思ったら、目次で「★マーク」がついている最重要単元だけでもいいので、取り組んでおきましょう。

スピード要点復習

そして、どの教科にも取り組んでほしいですが、まずはニガテ教科を優先して取り組むようにしましょう。

学年末テストの振り返りもしておこう!

学年末テストが返ってきたら、そのままにせず、間違えた問題について復習をしておくことも大事です。

テストの復習って面倒くさいものですよね。

でも、力をつける方法としてはとても有効。

なぜ間違えたのか、何についての理解が足りていなかったのかを確認し、知識事項やその問題の解き方を『チャレンジ』などを使って理解しておきましょう。

数学がニガテなら、AI StLikeアプリも活用しよう!

数学がとにかくニガテでしっかり復習したい、ニガテすぎて何をやったら良いのかわからないという場合には、「AI StLike」アプリを使ってみてください。

これ、ニガテの根本解消にかなり役立ちます!

AIが、問題の取り組み結果に応じて、つまずきどころを判定し、理解するのに最適な問題を出題してくれます。

「自分のニガテがどこかわからない、だけど、とてもニガテ!」という悩みが吹き飛びます。

英語も3月20日にリリース予定!

ちょっとずつ気軽に取り組めるので、ぜひアプリをダウンロードして、取り組んでみてくださいね。

受講教科にかかわらず、受講者全員利用可能です。

\今すぐダウンロード!/

「AI StLike」

 

春休みを待たずに今から!

春休みに頑張る?

それもいいけど、春休みは意外と短く、あっという間。

結局何もできなかった!という声もよく聞きます。

3月の今の時期、学年末テストが終わったら、すぐ『チャレンジ3月特別号』に取り組むようにしましょう!

高1範囲の「わからない」をつぶして土台を固めておくことで、高2の学習はぐっと楽になりますよ。

良い高2生活を送れることを祈っています!

 

<この記事を書いた人>

進研ゼミ高校講座編集室 クワ

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 

コメント(1

でぐ

2021年3月 6日 12:10

今のうちに、『チャレンジ3月特別号』を繰り返し解いて、春休みの宿題や学年末テストの見直しも早めにやって、充実した春休みを過ごしたい!!

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング