今だから感じる、やって後悔した勉強法

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/006907/

この記事を書いた人

北海道大学 薬学部  ばろっく先輩

  • 先輩チューターに相談する

    11月.png

    こんにちは。

    先輩チューターのばろっくです。

    今回は、今だから感じる、自分自身がやって後悔した勉強法を紹介したいと思います。

    その1:参考書のまとめノートを作る

    スライド42.png

    私が一番後悔した勉強法は参考書のまとめノートを作る」ことです。

    参考書には既に重要事項がまとまっています。

    それをノートにもう一度まとめ直すというのは、効率的ではないなと感じました。

    そして、だいたいの場合途中で挫けました。。。


    参考書まとめって、勉強というよりは作業的な部分が多いので、実はそれほど頭に入らないんですよね。

    参考書を活用する際は、"書く"よりも何度も繰り返し"読む"、書きたいことは参考書の余白に直接書き込んだ方が、効率的だったなと思います。

    まとめノートを作っていた時間で問題集に取り組んだほうが、実力もアップしやすいと思います。

    その2:いろいろな参考書に手を出す

    スライド43.png

    これも高校生の時の反省です。
    (大学生になってもたまにやります...)

    飽きっぽい性格だったこともあり、いろいろな参考書に手を出しすぎました。

    だいたい、こう、買って、本棚に飾って満足するという・・・


    いろいろな参考書に取り組むよりも、1冊を徹底的にやりこんだほうが良いんだろうなと思います。

    1冊の参考書や問題集をやりこむことで、知識も定着させやすいし、自信にもつながると思います。

    あとは、荷物が減ったり、参考書代を節約できたり、いいことづくめです。


    いろいろな参考書に手を出すと、知識が断片的で中途半端になりやすいです。

    1冊を徹底的にやりこんだ後、余裕があれば他の参考書や問題集に取り組みましょう。

    ゼミ生の皆さんは、ゼミを中心に取り組み、+αで問題演習用の問題集を使うというのもおすすめです。

    まとめ

    今回は私が高校生の時にやって後悔した勉強法を紹介しました。

    みなさんが効率的に勉強を進めるうえで、少しでも参考になればうれしいです...!


    \あわせて読みたい/

    <この記事を書いた人>
    北海道大・先輩チューター ばろっく

    成功体験よりも失敗体験の方が共感しやすいですよね...

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    コメント(1

    空白

    2021年2月 1日 20:29

    めっちゃ参考になりました!ここに書かれている勉強法を今まさにやってましたw...。
    テスト勉強法を始める前に知れてよかったです!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング