【高1向け】効率のよい模試対策とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/006258/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

fe745ed3a0ba32a92a06f7e0469151c52e5fa274.png

「模試の対策はどうしよう」

「試験範囲も広いし、定期テストのようにプリントもワークない。友だちも対策はしないと言っているし...」

模試は、正直対策が難しく思えるものです。

けど、実は...ここでしっかり取り組んで力にすれば、ライバルからリードを奪えます。

そこで今回は、忙しいからこそ、模試をうまく活用して、いい点数をとりつつ合格に1歩近づく方法をお伝えします。

模試は対策して受けて差をつける!

普段は部活があり、授業の予復習や定期テスト対策に追われて、模試対策まで時間がまわらない、と思っているかもしれません。

しかし、忙しいからこそ、これから何度となく受けるようになる模試を「なんとなく受けて、受けたら受けっぱなし」ではもったいないですよね。

忙しいから「こそ」、模試をうまく活用することが、合格への一番の近道です。では、どうすればいいでしょうか。

今までのテストや模試を最大限活用する

今までに受けた定期テストや1学期に受けた模試があれば、それらの間違えた箇所を復習しておきましょう。

「模試では詳しい試験範囲が決められていないから、どこから対策すればよいか」と難しく思えます。

けれど、過去のテストの間違いこそ、自分のできていない箇所

まずは、過去に自分ができていなかった内容を理解しましょう。



次に、それらの結果から現時点でのニガテ科目が明確にわかっていれば、ニガテ科目に優先度を高く取り組むのがオススメです。

先輩体験談

高1の時の苦手は、今のうちに潰しておくことで受験にかなり役立ちます。部活動もあったり忙しい時期ですが、時間をうまく活用して間違えた問題だけでも復習しましょう!

成績の伸びしろが大きい分、対策した内容がすぐに得点につながりやすいですね。

ニガテな科目についてどのような対策をしたらよいかは、模試前にやるべきことがわかる「模試対策役立ちサイト」をチェックしましょう。

2_模試サイト.png

>>「模試対策役立ちサイト」はコチラ

模試は絶好の復習タイミング!有効活用して効率よく受験対策!

誰にだって、定期テスト前に焦って覚えた公式や文法事項などの基礎知識はありますね。

それをずっとそのままにしておくと、すっかり忘れてしまい覚え直すのも大変です。

しかし、模試のタイミングで振り返って学習することで、確実な理解へと定着させることができます

また、今回の模試の前に復習できるのが1時間でも、高1の秋から大学受験まで多ければ10回以上模試を受けることになるので、これらの時間を積み重ねれば合わせて10時間にもなります。

「試験範囲が広いから何もしなくていい」

「どうせやっても模試に出ないかも」

と思っていては、もったいないですね!

学習したことは必ず活きるタイミングが来るので、模試をいいペースメーカーとして活用し、しっかり学習しておきましょう

先輩体験談

高1の頃から模試の勉強や見直しをしておくことで、自分の苦手な分野やしてしまいがちなミス・癖を発見することができます。実際の試験では1つのミスが命取りなので模試はしっかりやるべきです!

模試直前の対策は、10月24日(土)の18時から「オンライン進度セミナー(模試版)」でお伝えし、18時半からの「オンライン自習室」では、仲間と一緒に対策を実行する時間をもてます。

詳しくは「模試対策役立ちサイト」をチェックしましょう。

2_模試サイト.png

>>「模試対策役立ちサイト」はコチラ

模試ごとに復習を積み重ねて、合格への実力を身につけましょう!

<この記事を書いた人>

「進研ゼミ高校講座」 横井

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング