【定期テストで+10点を狙おう!】ケアレスミス対策をして、テストで実力を発揮しよう!

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/006162/

この記事を書いた人

東京大学 教養学部  なっぽ先輩

  • 先輩チューターに相談する

    ケアレスミス対策をしよう.png

    こんにちは!先輩チューターのなっぽです。

    定期テストや模試で「ケアレスミスをしてしまった...」と悔しい思いをしたことがある人、たくさんいると思います。

    私も何度もスペルミスをしたり、計算ミスをしたり。

    高校時代のケアレスミスの失点分は、合計何点になるんだろうと考えるだけでがっくりします...。

    でも、ケアレスミスもミスはミス

    それで失点してしまうのはもったいない!

    普段からケアレスミスをちょっと意識しただけで、私は以前のテストよりも+10点取れました☆

    ケアレスミス対策をして、テスト本番ではきちんと実力を出せるように準備しましょう!

    今回の記事では、お悩み別に対処法を伝授します!

    時間がなくて焦ってしまい、ミスをしてしまう

    焦ってしまうと大事なところを見落としてしまいがちですよね。

    +と×を見間違える、現代文で同じ文章を繰り返し読んでしまう、などテストで時間に追われるとミスをしやすくなります。

    でも、大事なテストだからこそ、焦ってミスをしないようにしたいですよね!



    だからこそ、事前のテスト勉強の段階から「時間を測って演習する」ようにしましょう!

    時間を意識して焦るだけで、自分がどんなミスをしやすいのかを知っておきましょう!

    「チャレンジ」に書いてある目安の時間で解いたり、問題を10問解くのにかかる時間を測ったりするのがおすすめです。

    テストの問題を全部解くのにどれくらい時間がかかりそうかがわかるだけで、時間配分がしやすくなりますよ!

    本番になると、問題文を読み違えてしまう

    テストや模試では、一気にたくさんの問題を解くので疲れてしまうこともありますよね。

    問題文を読み違えてしまわないように、問題文を読みながら鉛筆で薄く下線を引いていって、大事なところだけ濃く引くと、集中力が続きますよ!

    問題文が長くなったら、文章を区切って落ち着いて考える練習をしてみましょう!

    毎回しているミスの種類が違って、対策しにくい

    直し+分析で自分のミスの傾向を知っていこう.png

    毎回ミスをしてしまうけれど、ミスの種類が違う...という場合、対策しにくいですよね。

    テストが返却された後に、直しノートを作って原因分析をすることで、次回のテスト前勉強で気をつけられるようになります!

    一つ一つの問題に対して、何に気をつければよかったのか、どんな対策をすれば良いのかをメモしましょう(^^)

    具体的に考えておくと、普段から意識しやすくなりますよ!

    まとめ

    ケアレスミスを減らすだけで、点数が少しずつ上がります!

    テスト前に意識しながら対策をして挑みましょう(^^)


    \おすすめリンク/




    <この記事を書いた人>

    東京大 なっぽ

    テスト内容の勉強には、やっぱり「定期テスト予想問題集」が一番!



    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング