【高2向け】「夏休みゆる計画術」で、つい勉強しないでダラダラしちゃう...を防げ!

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/005480/

この記事を書いた人

国際教養大学 国際教養学部  やっすー先輩

  • 先輩チューターに相談する

    夏休みゆる計画術

    高2の夏休みといえば、自由に過ごせるラストの学年。

    「去年はダラダラしてしまったから、今年は勉強も頑張りたいなあ」
    「今年の夏こそは、いろんなことに挑戦したい」
    そう感じている人は多いのではないでしょうか。

    でも、計画を立ててもすぐにザセツしてしまったり、時間をかけてつくった計画表が「計画倒れ表」になってしまったりすることは、案外あると思います。

    そこで、今回は「ゆる計画術」として、ムリなく夏休みを充実させる方法を、3つお伝えします!

    カンタンにできるので、ぜひお試しあれ。

    【夏休みゆる計画術1】リミットをつけろ!

    夏休みゆる計画術 リミットをつけろ

    計画を立てるときに、漠然と「夏休みまでに終わらせる」みたいにすると、結局最後までやらないことって、意外とあるのではないでしょうか。

    だから、夏休みの間にしたいことに対して、いつまでに終わらせるかを、数字を活用しながら具体的に設定しよう!

    これは全体的な計画の中以外にも、一日の中の計画の中でも実践しよう!

    「ゼミ」の夏休み号は、8月17日までに終わらせる

    →学校の宿題は8月11日までに完成!

    →今日の12時までにこの問題集を終わらせる

    このリミットから逆算して、今どれくらい取り組めばいいのかという目安がわかるし、緊張感をもてるのでより集中して取り組めます!

    【夏休みゆる計画術2】計画をみじん切り!

    夏休みゆる計画術 計画をみじん切り

    夏休みの最初に大きな目標や計画(今までためてきた「ゼミ」教材をすべて終わらせるとか)を立てると思います。

    でも、大きすぎるとやる気もあまり出ないし、続かないですよね。

    だから、その大きな計画を、少しずつ小さくしていって、1日単位まで区切ろう!そうすれば、計画も具体的になって、取り組みやすいよ!

    いままでためてきたゼミ教材の数学(4~7月号ぶん)を8月17日までにすべて終わらせる。

    →夏休みは2週間あるから、5日で1か月分完成させればいい

    →ページ数と問題数を考えて、1日当たり5ページ分取り組めばいい!

    このやり方で、僕はためてきた「ゼミ」教材の大部分を、夏休み中に終わらせることができました!

    【夏休みゆる計画術3】空白の日をつくれ!

    夏休みゆる計画術 空白の日をつくれ

    毎日予定が入った計画を立てると、もし予定が思うように進まなかったり、急用が入って毎日のto doがこなせなくなった時、今後の計画がすべてずれてしまいますよね。

    だから、毎週1日は予備日という、予定調節の日を設定し、その日の予定はカラにしておこう!

    そして、ずれてきた計画を調整する日にしよう!

    空白の日に、おとといやるのを忘れていた国語のワーク3問解く

    ちなみに僕は、部活も習い事もない日曜日を予備日にしていました!

    予定がとくにない日曜日を予備日にしたことで、1週間の計画のずれを直すことができましたし、来週の予定を立てやすかったです!


    今年の夏は良かった、頑張ったと言えるように、この3つのことを是非参考にしながら、計画を立ててみてください!

    <この記事を書いた人>
    国際教養大国際教養学部 先輩チューター やっすー

    ※この記事は、公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     
    • #予習復習

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング