【高2向け】休校明け、「授業についていけない!」と思ったら...

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/003211/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

画像1.png

ようやく休校が明けて登校できるようになったけど、授業についていけないという不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

もともとスピードが速い高2の授業ですが、休校による遅れを取り戻すために、例年以上に速くなっているかもしれません。

また、高1よりも学習内容が難しくなるため、高1からのニガテを引っ張ってしまっていると、なかなか理解が追いつかないことも。

そんな困った状況にある人は、授業でわからなかった事項を次に残さないことが大事!

時間がない中でも、「ゼミ」教材を効果的に使って「わからない」をつぶしながら学習していく方法をお伝えします。

休校明けは「復習」が勝負! 授業の「わからない」を後に残さない!

先生は、休校中に自主学習をしていたこと前提で、どんどんと授業を進めるかもしれません。

授業後の「復習」で、どれだけ自分の「わからない」をつぶしていけるかが、休校明けの大事なポイントになります。

目的やつまずきに応じて、使う教材をチョイスしましょう!

知識レベルのつまずきはアプリでサッと確認!

「この文法はどういう意味?」「どうしてそういう訳になるの?」といった疑問は、「予習復習 効率UPアプリ」を使って解決しましょう。

古典では、授業で学習した文章の訳し方を、重要文法、重要語の意味とあわせ、その場でサッと確認できます。

「コミュニケーション英語」では、LESSONの重要英文が厳選されているので、特に大事なところに絞って確認ができます。

授業で学習した文章を読むためのポイントもまとめられているので、重要ポイントを漏らさずに振り返ることができます。

授業での「わからない」は、ためてしまわずに、その日のうちに復習して解決しておくことが大事。

授業後すぐに確認することで、「わからない」を残さないようにしましょう。

画像2.png

また、授業の復習だけでなく、学校の課題に取り組むときに使うことで、課題にも効率的に取り組めます。

予習で使っている人も、前の授業の復習をあわせて行っておくと効果的ですよ。

さらに、古典で、文章内容を全体的に復習したい場合には、『古漢 読解ポイント確認事典』もおすすめ。

「予習復習 効率UPアプリ」と同じく授業で学習する文章について、各文の省略された主語や、「結局この話はどういう話なのか」をパッとつかむことができます。

学習タイミングにあわせて、アプリと冊子とを使い分けましょう。                                                

『チャレンジ』を「部分使い」して、 「わかる」状態をつくる!

「ちょっとだけ」でも良いので、日々使ってほしいのが『チャレンジ』です。

数学の『チャレンジ』では、つまずきやすいところをかみ砕いて説明しています。授業で学習した単元にできるだけ早めに取り組んで、解き方を理解しておきましょう。

宿題などで時間がとれない場合は、問題を解く手順を示したコーナーだけでも良いので、目を通しておくようにしましょう。

宿題が課されている場合も、問題の解く手順を理解することで、その問題が解きやすくなりますよ。

高2の数学では、「授業を聞いただけでその単元のどんな問題でも解けるようになる!」なんて人は少ないもの。

授業後、解き方を復習しながら問題演習に取り組んで、理解を深めることが必要です。

だから、「授業についていけない」と焦らなくてもOK。

「次の授業までにわかるようになる」ことを目指しましょう。

国語や英語も、時間が取れないときは『チャレンジ』の「部分使い」をすることで、授業で習った文法事項などの復習を、毎日の時間がない中でも行っていくことができます。

例えば国語では、古典の授業があった日に「5分」だけ使うのでもOK。

「古文知識」ユニット、「漢文知識」ユニットの最初の例題やチェック問題に取り組み、各項目の理解度を確認しておきましょう。

そして、わからなかったところがあれば、その後のまとめコーナーで、解くために必要な知識事項を確認しましょう。

小さい復習の積み重ねが、「授業がわかる」状態をつくっていきます。

「つまずき」のピンポイント解消には、「一本入魂これで動画」がおすすめ!

「高校講座アプリ」内にある「一本入魂これで動画」には、高2の授業でのつまずきを解決するための動画がそろっています。

英語、数学、国語だけでなく、理科、地歴公民もあり、豊富なラインナップなので、つまずきをピンポイントで解消するのにおすすめ。

また、動画の方が学習しやすいという人にもおすすめです。

動画一本は約5分。

手軽に見られるので、つまずきだと感じている事項や授業の範囲を分野・単元から探し、授業でわからなかったところを理解しておくようにしましょう。

>>「一本入魂これで動画」はこちらから

『ニガテCLEARリクエスト』をリクエストして、たまったニガテをつぶす!

日々の「わからない」を解決していくだけでなく、高1からのニガテが残っている場合は、ニガテをつぶしきることも大事!

『ニガテCLEARリクエスト』にも取り組みましょう。

画像3.png

自分のニガテにあわせて、英語・数学・国語の、差がつきやすい6テーマから3テーマを選んでリクエストできます。

リクエストできるのは5月25日(月)までなので、どうかお早めに!

日々の授業の「わからない」を解決することを優先させながら、夏までにニガテを得意に変えることを目標にして、この教材に取り組んでいきましょう。

>>リクエストはこちらから

<この記事を書いた人>

「進研ゼミ高校講座」 高2編集部 クワヤマ

「ちょっとずつでもすぐに!」は慣れるまでは大変ですが、一番着実なつまずき解決法だと思います。

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。


\あわせて読みたい/

 
  • #高2最難関大突破プラン
  • #高2難関大挑戦プラン
  • #高2大学進学総合プラン
  • #高2授業対策重点プラン
  • #ニガテ何とかしたい
  • #予習復習

コメント(1

さばみかん

2020年5月25日 19:25

めちゃくちゃ困ってたので助かりました!ちょこっと使いしてみます!!ありがとうございます!

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング