【高2向け&休校中の課題対策】 課題が多すぎる! 課題がはかどる勉強法とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/002122/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

yofuku_1.png

「休校期間、学校から出された課題が多すぎる...」
「学校が始まったら、休校だった分、進度が急に速くなるのでは...」
「休み明けのテストってどうなるの?」

この休校期間は、皆さんにとっても学校にとっても前代未聞のことで、さまざまな不安が出てきているのではないでしょうか。

今回はそんな学習面の不安を解消するための勉強法や、自学自習に役立つ強力ツールを紹介します。

>>「予習復習効率UPアプリ」のダウンロードはこちらから

自分だけで課題を進めるときに困ることとは?

そもそも自分だけでは課題が解けない...

課題は、新学年の授業を進めていく上での予習となっているものも見受けられます。

どう手をつけたらよいのかわからない、と思ってしまった方も多くいるのでは?

「これはどうやって解いていけばいいのか」と一から自分で調べなければなりません。

もしくは、「何も教わっていないのに解けるわけない!」と課題から気持ちが離れても無理はありません。

自分だけで課題を進めると時間がかかる

この休校期間の課題ですが、非常にたくさんの量を課している学校もあります。

そうなると、自分一人で学習して理解しなければならない上に、「休校期間とはいえ、全部の課題を解く時間あるの?」と思ってしまいますよね。

自学自習の強力ツール「予習復習 効率UP」アプリ!

yofuku_2.png

そんなお困りごとを解決するのにうってつけのツールが、「予習復習 効率UP」アプリ

学校の教科書や参考書の内容を理解するために必要な解説や講義動画がコンパクトに、かつ、ぎっしりつまっているので、皆さんの学習の助けになることは間違いなし。

特に古典では現代語訳が書いてあるだけでなく、省略されがちな主語が何かもわかるので、疑問点がすぐに解消できます。

yofuku_3.png

>>「予習復習効率UP」アプリのダウンロードはこちらから

さらに学習時間の時間短縮も!

また、ついつい時間がかかる英語や国語の単語調べ。

「予習復習 効率UP」アプリでは、教科書の重要語句がすぐに見られるようになっているので、いちいち辞書を引いて調べる必要はなし

また、単語だけでなく、調べたい箇所は教科書ページ数の入力で検索できるので、さらに時間が短縮されます。

サクッと課題を終えて、少しでも不安を取り除こう!

yofuku_4.png

休校期間はどうなるか先が見えず、不安も募るのも仕方ないと思います。

この記事や紹介したツールが、そんな不安を少しでも取り除けられれば、本当にうれしいです。

<この記事を書いた人>
「進研ゼミ高校講座」 学習法アドバイザー たかぎ

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 

コメント(10

2020年4月15日 18:30

ありがたいです!
古語の品詞分解とかのせてくれると助かるのですが…

トミー高良

2020年4月15日 18:44

参考になりました!

おっとっと

2020年4月15日 22:10

やってみます

匿名

2020年4月16日 10:27

私も品詞分解もあると助かります!!!

Re:匿名 から  への返信

2020年4月16日 22:38

英語の教科書に載ってる新語と対応していないないので対応させて欲しいです。
sectionによっては不足しています

匿名

2020年4月17日 10:42

特に助動詞書いてくれると助かります(古典)
文章によっては、無いものもあるので増やしてくれると助かります(現代文)

あらっぴー妻

2020年4月17日 18:18

教科書対応をもうちょっとやってくれると嬉しいです!単語意味だけでなく、文のアドバイスとか

のっそりうさぎ。

2020年4月22日 18:29

英語の動画がとても分かりやすかったです(^^)数学の問題集で、「赤チャート」が設定できるとさらに嬉しいです!

たつのおととしなにしてたん

2020年4月22日 18:33

品詞分解とコミュ英の新語を教科書に合わせてくれると更に使いやすいです!

ヘウレーカ!

2020年4月22日 22:30

品詞分解を載せて貰えるとありがたいです!
あと、教科書の文章が載ってないことも...

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング