【新高1向け】部活・勉強両立のキモ!「授業を最大限美味しくする方法」とは?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/002053/

この記事を書いた人

立命館大学 経営学部  はっすん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    スライド1.PNG

    こんにちは!先輩チューターの、立命館大学経営学部のはっすんです(*^o^*)

    最近、アロマセラピー検定試験に向けて、アロマを嗅ぎまくっています。

    アロマの香りはおうちの中でもすっきりしますし、リラックス効果もあっておすすめです!



    今回は、「授業を最大限美味しく使った」部活と勉強の両立方法についてお伝えしたいと思います!

    学校が始まった地域の方はスグ挑戦しつつ、まだお休み中の地域の方は「こんな手もあるのか!」と、新学期にぜひやってみていただければと思います。

    それではまいりましょう!

    高校では「部活ガッツリ、よく食べ、よく授業中寝る子」だった自分

    スライド2.PNG

    まずはこの記事を読んでいるあなたが、想像しやすいように私の高校時代の生活をお伝えすると...

    週6日、朝練も週3回くらいあるバスケ部に所属していました。


    通学時間は約40分だったのですが、部活終わりの帰宅時間は19時半くらい。

    いつもお腹ぺこぺこで、近所のコロッケ屋さんに寄り道して帰っていました。

    バスケ部は朝練も多かったので、朝が早く、点字ブロックの上を歩きながら居眠りしていたことも何度か、、、(危ないからまねしちゃダメですよ??)



    得意科目は数学・日本史、苦手科目は英語と国語でした。

    1年生のときは居眠りで立って授業を受けたこともある、だめだめ高校生でした。

    その後、2年生のときに体調を崩して高校を休んでいた時期があり、授業の大切さに気づいて心を改めたんです。

    中学とはひと味違う、高校の味

    スライド3.PNG

    そもそも「なぜ授業が大事か」と思ったかというと、高校の授業は、中学とは5つの点で違うからなんです。

    中学と高校の違い①教科書のわかりやすさが違う

    突然ですが、みなさんの中・高の教科書を思い浮かべて下さい!

    教科書に写真、図やイラストがたくさんあってわかりやすかったですよね。けど高校は少ない(笑)。


    そのため、「わかった気になっても、実はわかってない」というのが起きやすいのです!

    「わかる」と「解ける」は違うなって感じてます。

    中学と高校の違い②科目数が違う

    また、中学までは国数英理社が基本の5科目でした。

    けど、高校は、科目数が圧倒的に多い!

    国語なら、古文や漢文もあります...。

    私の場合、理科だけでも生物基礎、科学基礎を勉強していて、社会は日本史だけでなく、倫理、政経も勉強してました!

    中学と高校の違い③テストの数が違う

    私の場合、テストの数が、圧倒的に増えました

    中学ではまとめテストや定期テストがあるくらい。けれど、私の通っていた高校では、英単語の小テストなどが、毎週ありました。

    その勉強だけでいっぱいいっぱい!

    中学と高校の違い④文理選択があり、専門性が違う

    高校2年生になると、文理選択があります。

    学ぶことの専門性も高まります。

    中学と高校の違い⑤途中式の必要性が違う

    さらに、途中式の必要性も違うと思いました...。

    数学でイメージしてもらいたいのですが、テストや入試で白紙が配られることもあるくらい、途中式を書くことが求められるんです。

    答えが合っていたらそれで良い、というわけではないのが、高校では難しい点なのです!



    この中学との「5つの違い」を解消するには、授業がいちばん近道なのです!

    どうやって授業を美味しくするの?

    スライド4.PNG

    「授業が大事」とはいいつつも、実際うまくいかないのが、高校のツラいところ。

    私も、

    「授業中は朝練で疲れてもう頭が働かない、、今晩も部活があって、、

    夜には今日の授業の復習に、宿題に小テストの単語覚えて、、あぁ今日も日付変わっちゃった、明日も朝練なのに...」

    といった失敗を何度もしていました。




    けれどこれはもったいない!せっかく先生が説明してくれているんだから、授業こそ一番大事!

    教科書を読み直して自分で理解するより、聞いて理解するほうが断然早いしわかりやすいはずです。

    テストに出るところも教えてくれますしね。


    なので授業により集中できる工夫を、理系の科目・数学と、文系の科目・国語を例に出してお伝えしていきますね!

    【数学編】授業にスパイスを加えて集中しよう!

    スライド5.PNG

    数学は、よそ見したり、集中が途切れないようにするには手を動かしまくる!これにつきます!

    もちろん板書もとります!

    けど、説明がゆっくりに感じたり、わかったって~ってときに妄想が始まったりしませんか?



    そこでわたしは、「宿題になりそうなものを先回り」作戦をとっていました!

    まずは教科書の例題、いくつかの練習問題に進むことの多い数学。

    例題の説明が長く感じていたので、練習問題をさくっと見つつ、次の本問を解いてみていました!

    手を動かし続けていることで、怒られることはないですし!



    それも終わった頃には、ちょうどみんなが本問を解き出す頃。

    暇!と感じたら、宿題になりそうな問題集の頁を解いていました!

    この中で、わからない問題があったときは問題番号の横にニコちゃんマーク!

    さらに何がわからなかったのかをさっと付箋にメモ!!

    これであとで間違えたところだけを見直せます!

    【国語編】授業にスパイスを加えて、集中しよう!

    スライド6.PNG

    次に、国語の授業で集中する方法です。

    私は特に古典に苦しめられていたので、古典でお話します!

    授業の板書をとるのはもちろん、
    ・わからない単語の意味をすぐ引けるように単語帳
    ・文法に困ったら文法のテキスト
    ・理解出来ない時代背景があったときに便覧
    をすぐに用いていました!


    先生から指示がある場合もありますが、常に業を聞きながら何それ?という疑問を探して、単語帳か文法か便覧を手にして開くことがおすすめです!

    同じ頁を何回も見ているよ!というしるしをつけるために、見る度にマーカーをひいていました。

    これが意外と効果があって、「あ、あの話のときに調べたやつ!」と思い出すことがあるものです。

    【テスト勉強編】美味しいとこ取り!「間違いノート」でテスト勉強を時短

    さらに、全科目で使える授業で集中するテクニックをお伝えします。

    ズバり、授業中に付箋を貼っていた問題をまとめた、「間違いノート」を作ること!


    テスト1週間前とかって、部活が休みになったりすることが多いです。

    私はテスト前はオフがあったのですが、ために溜めまくった宿題を片付けるだけで手一杯。

    「プラスで勉強とか、時間全然無い!科目多すぎんか!!」って叫んでました。



    なので、もう、いついつまでに課題を終わらせて~テスト勉強して~...といった、自分ができない目標を立てることはやめました。

    そこで、授業中に付箋を貼っていた問題をまとめた、「間違いノート」を作ったんです。


    「間違いノート」を授業中に作っていれば、テスト期間中に解き直すだけ!

    平日はなかなか難しいのですが、家に帰って座り込む前にまとめちゃうもよし。

    週末にまとめて付箋を貼っていたところを引っ張り出して間違いノートにするもよし、です!




    まとめ方は簡単!一例として、私のまとめ方の例をお見せしておきます。

    まずは、数学の例です。

    スライド7.PNG
    将来の自分が見直して、わかるようにまとめられたらOK!

    これで特別なテスト勉強をするというよりは日々の復習、ってかんじでテストにのぞめます!

    この自分で書いた解答をかくして解けるか、を何度か日を改めて繰り返します。



    そしてこっちが古典の例です。
    スライド8.PNG

    ここで間違えた問題に付随する「進研ゼミ」の問題をあわせて解いたり、まとめたりしておくのがオススメです。

    ゼミ教材は解答解説も分厚いですし、この単元全体のニガテが自然とつぶせちゃいます!

    そして私が伝えたい、まとめ方のポイントは「本当に覚えられない内容だけ」にしぼること。

    自分の間違いノートを作る際に参考にしてみて下さいね!

    高校の授業を、美味しくできるかはあなたしだい!

    最後に、今回伝えたかった内容のキーワードは、以下です。

    スライド9.PNG

    また、作った「間違いノート」は、受験勉強でも使えます。

    捨てずに、とっておいておいてくださいね!


    この目に見える積み重ねが、受験期、自分の自信に繋がったと感じています。

    忙しい皆さんだからこそ、日々の授業を大切にしてみてください。

    気になる点があれば、コメントらんにぜひのこしてくださいね。

    どんな小さな質問でもお待ちしています~

    ではまた!

    <この記事を書いた人>

    立命館大 はっすん

     
    • #部活だいじに
    • #ニガテ何とかしたい

    コメント(12

    Lipo

    2020年4月16日 13:02

    先を見通すことと効率の重要性が改めてわかりました

    匿名

    2020年4月16日 18:12

    今、なかなか授業を受けられないので、一回、一回の授業を大切にしようと思えました。
    ありがとうございました!

    匿名

    2020年4月16日 21:10

    間違いノート、実践してみたい!

    エビチリ

    2020年4月16日 22:49

    授業の大切さが理解できました。ありがとうございます!
    また、数学は計算の途中式を必ず書くようにします。

    匿名

    2020年4月17日 13:15

    数学の間違いノートを作る時に気をつけることはありますか?

    レク

    2020年4月17日 18:11

    授業の大切さが分かりました!

    匿名

    2020年4月17日 21:25

    間違いノート、実践してみます!
    ありがとうございます!

    hama

    2020年4月20日 21:09

    授業って大切ですね。
    授業が始まったら取り入れていきます!
    ありがとうございます!

    匿名

    2020年4月21日 13:46

    間違いノートをつくるときは、ルーズリーフとノートのどっちがいいですか?

    なつみかん

    2020年6月 6日 21:30

    私は應援團(応援団)に入っています!
    部活は朝練などは無く、放課後練習だけですが、いつも疲れて家に帰ったらヘトヘトになってしまいます。今年はコロナウイルスの影響で中間考査が無くなったので、最初のテストが期末考査になってしまいました。なにかテストで良い点を取るためのアドバイスがあれば、教えてください!!

    先輩チューターに相談する >

    我、戦艦ニ突入ス.

    2021年6月 6日 16:58

    間違いノート、いいですね‼T字ノートと並行しながら実践してみようかと、思います!

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング