【時間がない人必見!】次のテストで逆転するには!?

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/002015/

この記事を書いた人

東北大学 工学部  ぼーん先輩

  • 先輩チューターに相談する

    kimatugyakuten.png

    こんにちは!先輩チューターのぼーんです。

    「次のテスト、自信ないなあ」「はじめてのテストだけど...みんな頭よくて自信がない...」と悩んでいる人はいませんか? 


    今回はそんなみなさんに、吹奏楽部で週7朝・昼・午後と部活に取り組みながら、高3の評定平均が4.9だった先輩チューター・ぼーんが、時間のない中で、つぎのテストで逆転する3つの方法を紹介します。

    今回は、当時私が部活で使用していた楽器(トロンボーン)につけていた名前「かわうそ」にちなんで、かわうそさんと一緒に紹介していきます。

    ①逆転には「今日から毎日がテスト勉強!」と念じよ

    ①逆転には「今日から毎日がテスト勉強!」と念じよ.png

    ぼーん 
    結論から言うと「テスト勉強って何日前からするの?」という疑問を持っている皆さん、その考え"だけ"では高校のテストは乗り越えられません!

    かわうそ
    え!どういうこと?

    ぼーん
    つまりみなさんには今日からは、毎日がテスト勉強だと思って、どんなに小さくてもできることに取り組んでもらいたいなと思います!

    かわうそ
    毎日できるのは、例えばどんなこと?

    ぼーん
    電車の中で取り組む英単語や、授業で行われる小テストの勉強がそうだよ。
    特に小テストで毎回満点を取る人と勉強せずに半分以下しか取れない人では、テストの点数に大きな差が生まれるよ!

    かわうそ
    具体的には、どんな感じで勉強するの?

    ぼーん
    まず英単語は「スマホアプリ」を使用して、意味・スペリング・発音の3つを一気に覚えるようにしていたよ。
    小テストは古文単語など暗記系が多かったんだけど、小テストのある日の行きの電車で赤シートで隠して覚えていたよ。

    高1の最初の頃は小テストの勉強はあまりしていなくて、10点満点中5点くらいのことが多かったんだけど、勉強して小テストで10点を取れるようになったら、定期テストの点数も10点以上上がってびっくりした!

    かわうそ
    そうなんだ!テストに向けて一気に頑張ることも大事だけど、毎日コツコツできることに取り組むのが大事だね。

    ②逆転のヒントは「課題と小テスト」と心得よ

    ②逆転のヒントは「課題と小テスト」と心得よ.png

    ぼーん
    全ての教科に言えることではないけど、定期テストで点数を取るヒントは、普段の課題や小テストにあるよ!

    かわうそ
    さっき、小テストの話は少し出たよね?

    ぼーん
    そうそう、小テストとか課題とかがある科目はそこからテストに出ることも多いから、普段からきちんと取り組もうという話はさっきしたよね。
    一度勉強したことは後で思い出そうと思ったとき楽に思い出せるはずだから、テスト前にその小テストと課題をさっと見ておくことが大事!

    かわうそ
    さっとって、どんな感じ!?

    ぼーん
    時間次第だけど、余裕があるときは小テストを全部解き直していたよ。
    だけどほとんどの場合時間がないから、間違えた問題についてだけ答えを見たり、テストに出るよって先生が言っていた箇所だけスキマ時間で確認したりしていたよ。

    かわうそ
    なるほど!時間がなくても、一度覚えたものを確認するなら簡単にできそうだね!

    ③逆転には基礎の理解が最優先と覚えよ

    ③逆転には基礎の理解が最優先と覚えよ.png

    ぼーん
    テスト勉強って、みんなは具体的に何をするのかな?

    かわうそ
    英語なら長文を読んだり、数学なら演習を解いたり・・・応用問題にも取り組んでおかないと不安だな~。

    ぼーん
    なるほどね。でも一番大事なのは基礎だよ。
    英語で言うなら単語や文法、数学で言うなら応用ではなく例題の部分。

    かわうそ
    それって・・・

    ぼーん
    不安だよね。でも応用問題ばかりに取り組んで基礎が中途半端になるよりも、まんべんなく基礎を理解した方が点数も取れるはず。

    かわうそ
    例えば、どんな問題に取り組めばいいの?

    ぼーん
    私のおすすめは例題!
    どんな問題集でもいいけど(できれば学校で配布されたものがおすすめ)、例題の部分だけざーっと全範囲解くといいよ!
    問題集全部に取り組もうと思うと、どうしても最後まで解く時間がなくなっちゃうから、そういう意味でも例題はおすすめだよ!

    かわうそ
    もっと具体的に!

    ぼーん
    例えば数学なら、まずテスト範囲の例題のみをどんどん解いていくよ。
    分かった問題についてはそのまま次に行ってOKで、分からなかった問題については解説を読んで理解して、付箋を貼っておくと後で便利。
    1周解き終わったら、もう一度付箋を貼った箇所を解くの。

    ここで大事なのは、模範解答の再現が一人でできること
    2回目だろうが3回目だろうが、答えをチラ見したり、解説が理解できたからその問題を終わりにしたりするのは絶対NGだよ!

    かわうそ
    なるほど!きちんと理解するためには、自分の力だけで解けることを確認するのが大事なんだね!

    まとめ

    今回私が紹介した、つぎのテストで逆転する勉強方法は

    ①逆転には「今日から毎日がテスト勉強!」と念じよ
    ②逆転のヒントは「課題と小テスト」と心得よ
    ③逆転には基礎の理解が最優先と覚えよ

    の3つでした!

    まわりが頭よく見えても、前回のテストがイマイチでも...実は逆転はできます。

    忙しくなり、勉強のやる気も下がってくる人が多い6~7月ですが、うまく要点をしぼって勉強すれば、次のテストでイイ点はとれますよ!

    今日から実践できることもあるので、ぜひ、逆転を狙って頑張ってくださいね(*^-^*)

    <この記事を書いた人>

    東北大 ぼーん

    ※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

     

    記事にコメントする

    【コメント送信前に必ずお読みください】

    このコメント欄では、質問や相談はできません。

    • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

    コメントを送信

    ハンドルネーム(入力なしでもOK)

    今月のオススメ記事

    勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング