【新高3向け】残り一年!受験生になる前の春休みにやっておいたほうが良いこと3選

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/000718/

この記事を書いた人

首都大学東京 都市教養学部(改組前)  ぴかっち

サムネイル

先輩たちの受験も終わり、次の受験はあなたの番。

受験勉強は始められていますか?

私こと先輩チューター・ぴかっちは、部活が忙しく、あまりできていませんでした。

では忙しい中でも、今思い返せばやれば良かったことを紹介して行きます。

志望大の過去問を解いてみる

志望大の過去問を解いてみる

志望大の問題、見たことや解いたことはありますか?

ないという方は、この春休みのうちに確認しておくことをオススメします。

確認といっても、難しいことではないんです。

過去問を見て、

「何文字くらいの記述が出ているか」

「何分で何問くらい解くのか~」など、出題形式や出題量などをチェックしてみてください。

理由は、

① 1年後の指標になる

② 今後の勉強の計画の基準になる

からです。

① について。

1年後にどれくらいできるようになっていないといけないのか?を知ることは非常に重要です。

「1年後にはこれぐらいできるようにならないといけない」という指標を確立するためにも、一度チェックしてみてくださいね!

② について。

①にもつながるのですが、早いうちに過去問を確認しておくことで、その大学の傾向や問題形式を知ることができ、残り一年間の計画を立てるときに役に立ちます。

もちろん、解くまでいければベストです!

ただ、春休み時点であれば解けなくて当然。

「解けるかどうか?」ではなく、

「どう勉強したら1年後に解けるようになるか?」を意識して取り組んでみてくださいね。

私の場合、当時の首都大の過去問を見て、英文和訳が多い点や、記述量が多いことを知り、記述の対策に力を入れた勉強を始めました!

あわせて、入試制度が変わっている場合もあるので、大学のホームページで受験する年の入試情報はチェックしておけるとベストです!

ゼミのまとめ号・添削課題を行う

各所で「総復習をしなさい」という言葉はよく聞くと思います。

私も、高校の先生に、受験生になる前にここまで習ったことの復習を〜と言われた記憶があります。

しかし、一概に復習しろと言われても

「総復習って何?何からすれば良いの?」

「そもそも全てを一からやる時間はない...」

という気持ちでした。

そこで考えて取り組んだのが

・ゼミのまとめ号(8月号や1〜3月号など)

・ゼミの毎月の添削課題(恥ずかしながら溜まっていた)

です。

上記の教材には重要な部分がまとまっており、かつ短時間でできるので、「教科書を一からやるぞ!」などというやり方より、取り組みやすかったです。

時間があまり取れないという方は、ぜひゼミ教材の、まとまった内容が載っているところから始めてみることをオススメします。

また、総復習時に意識して欲しいのは「ニガテ」。

ニガテを後々まで引きずると、演習がなかなか始められないので、ニガテを潰す、せめて発見しておくことを意識してみてくださいね!

英語と古文の単語・熟語の暗記を開始

これは私がやらずに苦労したことです...。

単語の暗記だけではダメである一方、単語が頭に入っていないと土俵にすら立てないというのが現実でした。

ここまで小テストや授業でコツコツと覚えてきている方も、そうではない方も、今一度「単語や熟語を覚える習慣」を身につけておくことをオススメします。

例えば、1日のうちにやる時間や範囲を決めておくなど。

1日にやること

経験上、3年生になってから「さあ始めるぞ!」では遅いです。

習慣がついていないからやり始めるまでが大変だし、周りが演習をしているときにまだ単語や熟語があやふやなのは、精神的にも焦る場面がありました。

今のうちに覚えきる、とまではいかなくても、暗記を進めておく、単語に触れる習慣をつけることは、なるべく早めにしたほうがよかったなと感じました。

私のように後々大変な思いをしなくていいように、早め早めに始めてみてくださいね!

それでは、受験生に向けて、良いスタートを切れる春休みにしてください!

<この記事を書いた人>

首都大都市教養学部 先輩チューター ぴかっち

勉強以外にも情報収集を大切に!

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #ニガテ何とかしたい
  • #テスト一発逆転
  • #予習復習
  • #時間がない

コメント(2

立楊光八

2020年3月10日 18:06

わかりました!
このやり方で春休みを乗り切ります!

さくらんぼ

2020年3月11日 07:46

ちょうどたまった赤ペンに取り組み、文系科目の暗記を始めたところだったので参考になりました!過去問も確認しようと思います。これからも頑張ります!

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング