【新高2向け】春休みの課題を片付ける鉄則!

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/000353/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

サムネイル

いつもより長い春休みに入った方も、多いのではないでしょうか。

課題はできれば早く終わらせて、スッキリ高2になれると嬉しいですよね。

今回は、春休みの課題を早く終わらせる鉄則を紹介します!

ニガテをつぶせば、かかる時間は半減!?

時間がかかるのはわからない問題に時間をかけすぎているから!?

必要以上に時間をかけている

春休みの課題としてよく出る問題集。

量が多いうえに難しくて手がとまる!ということはないでしょうか。

問題が解けない理由の一つは、基礎事項が定着していないことです。

例えば、知らない単語ばかりの文章を眺めていても、問題は解けないですよね。

もう一つの理由として、解き方がわからないというのがあります。

解き方は、考えれば必ずひらめくわけではないので、5分考えてもわからない場合は諦めるなども大事です。

解けない問題は、「解答解説」をしっかり見る方が得策!

解答解説学習

つまり、ニガテをなくして、問題集で「迷う時間」を少なくするということが鉄則なのです!

ニガテをなくすには、解けない問題の「解答解説」で、どうしてその解き方になるのか、

どういった知識や公式が必要だったのかを確認するのが一番の近道です。

「『解答解説』学習」で、ニガテをつぶすには、30分からできる「チャレンジ」3月号がオススメ!

ニガテ単元

課題で手が止まるのはニガテがある証拠!とはいえ、広い高1範囲の中からニガテをすべてつぶしていくのは大変。

そこで、要点にしぼった復習ができる「チャレンジ」3月号がおすすめです!

ユニットの初めにある「ワーク」が解けない=ニガテと

判定でき、その解けないところだけ講義を確認する、

という「『解答解説』学習」ができる設計になっています。

こうして、ニガテをつぶしておけば、課題にかかる時間もぐっと減ります。

ニガテなところだけは課題の前に「チャレンジ」3月号をやっておくという使い方もおすすめです。

課題が終わっても余裕があれば、残りのユニットにも取り組むといいですね。

高2の学習のために必要な下準備もこれでばっちりです!

まずは、ニガテなユニットだけでも取り組んでみましょう。

<この記事を書いた人>

進研ゼミ高校講座編集室 日高

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #高2難関大挑戦プラン
  • #ニガテ何とかしたい
  • #テスト一発逆転
  • #予習復習
  • #時間がない

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング