【高1生必見】冬休みの過ごし方が未来を左右する!後悔しないための勉強法2つ

  • 勉強法
  • /digitalmyvision/benkyo/000204/

この記事を書いた人

進研ゼミ高校講座

冬休み勉強法

夏休みとは違い、短い冬休みだからこそ、課題や部活で精いっぱいだった......ということになりがちです。

「どう過ごすか」の戦略を考えてみませんか?

【メリット大!】冬休みに苦手な勉強を集中克服しよう!

冬休みにすべきことを、進研ゼミ高校講座編集室 天谷美香が「ゼミ」の先輩たちに聞いたところ、「ニガテ対策」と答えた人が多数でした。

冬休み勉強法

  • ※2018年7月ゼミサポーター(元ゼミ会員の現役大学生)291人へのアンケートより。

先輩体験談:冬休みに英語を復習する。

冬休み勉強法

高2は部活や行事がより忙しく、英語は高1でやったことを理解している前提で進むので、 冬休みに復習しておくと一歩リードできます。(早稲田大J・T先輩) 

先輩体験談:冬休みに得意分野を伸ばす。

冬休み勉強法

冬休みはそんなに長くないので、苦手分野や得意分野に特化するといい。

得意なところは伸びしろが少ないので 苦手対策がオススメ。(千葉大R・O先輩) 



このように、冬休みのうちに時間を見つけてニガテ対策をしておくことが、3学期や高2で苦労しないコツです。

成績アップを狙う!苦手を克服は、「あえてやることをしぼる」

ベネッセ_知的シンプル03.png

さらに、短い冬休みで意識したいのは、「今後も必要な単元」に絞って対策することです。
例えば数学では、高1の2学期までの内容を特に重視して取り組むこと。今後の数学の成績に大きく影響するからです。

先輩体験談:基礎となる高1の学習を強化する。

正弦定理、余弦定理は高2でも高3でも入試でも、とにかくずっと使う。

基礎となる高1のときの学習が大事。(岩手大N・C先輩) 

短い冬休みですが、忙しさに負けず、充実した日々を過ごせるように計画を立ててみてください。

<記事を書いた人>

進研ゼミ高校講座編集室 天谷美香

※この記事は公開日時点の情報に基づいて制作しております。

 
  • #高1最難関コース
  • #高1難関コース
  • #高1標準コース
  • #ニガテ何とかしたい
  • #テスト一発逆転
  • #予習復習

記事にコメントする

【コメント送信前に必ずお読みください】

このコメント欄では、質問や相談はできません。

  • ※学習・進路の質問は、「高校講座アプリ」の画面一番下の「質問・相談」のタブからお願いします。

コメントを送信

ハンドルネーム(入力なしでもOK)

今月のオススメ記事

勉強法カテゴリ よく読まれている記事ランキング