~まだ知らない自分に出会う場所~

栄養士

栄養士の仕事内容は?

栄養士と管理栄養士の違(ちが)いは?栄養士はどんな仕事?


栄養士や管理栄養士は健康によいメニューを作る仕事

・栄養士の仕事:健康な人に向けた食事内容を考え、メニューを作る専門家


栄養士は、食べ物や栄養についてのくわしい知識をもち、学校給食や会社の食堂などのメニューづくりや食生活のためのアドバイスなどをする仕事です。 栄養やカロリーの計算、食材の情報提供、予算を考えるなどの仕事もしています。

・管理栄養士の仕事:傷病者や高齢者(こうれいしゃ)へも栄養指導を行う専門家


管理栄養士は、健康な人だけでなく、病気やけがをした人への栄養指導をしたり、より規模の大きな食堂や給食施設での仕事をしたりします。 どんなに栄養のある食事でも、おいしくなければ食べてもらえません。 食べた人から「おいしい!」と言ってもらえる食事内容を考え、調理師と協力して提供します。

・栄養士と管理栄養士の違い


栄養士と管理栄養士はどちらも栄養指導と食事の管理を行う仕事ですが、栄養士は健康な人を対象に業務を行うのに対し、管理栄養士は健康な人だけでなく、傷病者や特別な配慮(はいりょ)が必要な人々へも業務を行うという点が違います。また、給食施設の運営や労務管理、特定保健指導なども行うのが管理栄養士です。そのため、管理栄養士の方が資格の難易度は高くなっています。

・栄養士や管理栄養士になるには、国家資格が必要


栄養士は都道府県の知事が、管理栄養士は厚生労働省大臣が認定(にんてい)する、いずれも国家資格です。 栄養士になるには国家試験はないため、大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を卒業し、資格申請(しんせい)をすれば資格を取得することができます。 さらに管理栄養士を目指すには、管理栄養士国家試験を受験し、合格する必要があります。卒業してすぐに受験できる場合と、実務の経験が必要な場合があります。 *高校は普通科でも問題ありません。
栄養士はどんな働き方をするの?

栄養士や管理栄養士の就職先は多岐にわたる

・資格を生かしたさまざまな活躍(かつやく)の場


就職先は、学校、保育園、給食センター、食品メーカー、病院、福祉(ふくし)施設、保健所などさまざまです。食品を作る会社では商品開発の研究員や栄養コンサルタントとして働きます。 職場によっては早朝や夜間の勤務があり、忙(いそが)しい時期は休みが少ないこともあるでしょう。 ほかにもスポーツ選手の栄養指導や食品開発、学校での食育活動、フードコーディネーター(※1)や料理研究家(※2)として活やくするなど、仕事のはばを広げることもできます。 ※1 とくに料理や食卓の見栄えをよくするなど、食べることを楽しく演出する仕事。 ※2 新しい料理やレシピ(作り方)を考え、紹介する仕事。

・就職先の例:病院


病院や診療所(しんりょうじょ)で、入院や通院をしている患者さんに合わせた栄養指導を行います。医師や看護師などほかの専門職と協力して栄養サポートチームを構成することもあります。おもに管理栄養士が栄養管理や栄養指導を、栄養士が食事の提供を担当します。

・就職先の例:保育園・幼稚園(ようちえん)や小中学校、給食センターなど


子どもたちの健全な成長に必要な栄養を考えた給食の献立(こんだて)作成や、食事の提供を行います。食材の選定や購入(こうにゅう)、調理場の衛生管理なども行います。

・就職先の例:スポーツ現場


アスリートやスポーツをする子どもたちに対し、体力強化やけが防止のための身体作りをサポートする栄養指導を行います。

・就職先の例:学食や社食などの福利厚生施設


社員食堂や社員寮(りょう)、大学の食堂などで、学生や働く人のための栄養管理、給食の提供を行います。 幅広い年齢(ねんれい)層や生活習慣の人に対応するため、必要となる栄養も異なってきます。

・就職先の例:自治体の保健所や保健センター


都道府県や市町村などの自治体が行う、住民のための健康促進(そくしん)のイベントや栄養相談を行う仕事です。 乳幼児から高齢者(こうれいしゃ)までさまざまな年齢の人が利用するので、幅広い知識が必要となります。

・就職先の例:高齢者・障がい者の福祉施設(ふくししせつ)


介護(かいご)老人保健施設、特別養護老人ホーム、障がい者施設などで、入所者への栄養管理や適切な食事の提供を行います。 年齢や食事機能に合わせて食べやすく栄養バランスのとれた食事を提供するほか、季節感や年中行事を考慮するなど、食事の楽しさにも配慮(はいりょ)します。

・研究・教育機関


大学・短期大学・専門学校など栄養士や管理栄養士を育てる教育機関で育成などを行います。 国や地域の関連機関と協力し、地域への貢献(こうけん)活動も行います。
栄養士はどんな人に向いているの?

栄養士に向いているのは食べることや料理に興味がある人

栄養士は食の栄養について考える専門家なので、まず食べ物が好きで、食べることや料理に興味があることが大切です。 そして食べ物を通じて相手を元気にしたい、健康にしたい、喜んでもらいたいと思う気持ちがあるとよいでしょう。 学校や病院などでの栄養指導や食育活動では、実際に子どもや老人、妊婦(にんぷ)などのさまざまな人と接する機会があります。 栄養士は、一つの施設に一人しかいない場合もあるため、調理師と協力したり責任をもってメニューを作ったりできる協調性や責任感が求められます。
栄養士の将来展望は?

栄養士の研修制度やキャリアアップは?

・経験に応じて研さんし続けられる研修制度


栄養士も管理栄養士も、最新の科学や社会情勢に合わせて知識や技術を磨(みが)き続ける必要があります。 各領域で必須(ひっす)となる基本事項(じこう)を身につける研修や、各専門分野でのレベルアップを図る研修などさまざまなものが充実(じゅうじつ)しています。

・身につけたスキルを示す認定制度


栄養士の仕事は幅広いため、一定の分野について高いスキルと経験をもっている場合に認定される特定分野管理栄養士という制度もあります。 たとえば特定保健指導の分野に強い場合は特定保健指導担当管理栄養士として認定されるなど、より専門性を高めることができます。 こうした専門分野にはさまざまなものがあり、今後ますます注目されていくでしょう。
栄養士にはこうすればなれる!

栄養士や管理栄養士の資格をとるには?

・栄養士の資格をとるには:大学・短期大学・専門学校などの「栄養士養成施設」を卒業する


栄養士の資格をとるための「栄養士養成施設」としては、昼間部の4年制大学、3年制の短期大学・専門学校、2年生の短期大学・専門学校などがあります。 また、在学生や卒業生が受験できるものとして「栄養士実力認定試験」というものもあります。知識の習得度や得意分野・苦手分野などを把握(はあく)することができます。

・管理栄養士の資格をとるには:栄養士の資格を取得後、国家試験を受験


栄養士として一定の実務経験を積んだ後、管理栄養士の国家試験を受験します。 受験科目は筆記試験のみで「社会・環境(かんきょう)と健康」「人体の構造と機能及び疾病(しっぺい)の成り立ち」「食べ物と健康」「基礎(きそ)栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床(りんしょう)栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」があります。 近年の合格率は約6割となっています。
TOP