~まだ知らない自分に出会う場所~

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターの仕事内容は?

ゲームソフトの企画から開発まで関わるさまざまなクリエイターです。

ゲームソフトの開発には、ゲームを企画し構成するプランナー、ストーリーを書くシナリオライター、キャラクターや背景を作成しCGとして仕上げていくグラフィックデザイナー、プログラマー、映像に音楽をつける音楽担当者など、たくさんの専門家がかかわっています。
これらの人々を、「ゲームクリエイター」と呼びます。
ゲームソフトを買うのは、以前は小・中学生が中心でしたが、現在ではおとなでも十分に楽しめることが、大ヒット商品の条件となっています。
より高度でおもしろいゲームが求められ、ゲームクリエイターの仕事は、年々レベルアップしています。

ゲームクリエイターはどんな働き方をするの?

ゲーム企業勤務とフリーランスがあります。

ゲームクリエイターには、ゲームメーカーやソフト制作会社の社員として働いたり、フリーランスで活躍したりと、さまざまな働き方があります。
企業で数年間働いて実力をつけ、ヒットゲームを生みだせば、フリーになるきっかけもつかめます。
ヒット商品を開発することができれば、社員でもフリーでも、大きな報酬を得ることができます。

ゲームクリエイターはどんな人に向いているの?

コンピュータの知識はもちろんですが、それ以上に求められるのが、ざん新なアイデアを生み出せる力です。
たとえば、人気の高いロールプレイングゲームでは、よりおもしろく複雑なストーリーや、グラフィックを生みだす創造力が欠かせません。
また、アイデアを実現するためのプログラミング能力も必要です。
人気ゲームクリエイターになると、集中して作業を行うため徹夜続きになることもあるので、体力も欠かせません。

ゲームクリエイターの将来展望は?

ゲームソフト人気は衰えず、仕事も増えていくでしょう。

インターネットやスマートフォンなど、ゲーム機以外で遊べるオンラインゲームなどが人気を集め、広がってきています。
また、日本のゲームソフトは海外でも人気が高く、輸出産業として大きな可能性をもっています。
これからもゲームクリエイターの仕事は、ますます増えていくでしょう。

ゲームクリエイターにはこうすればなれる!

能力に自信のある人は、売り込みが近道です

能力に自信のある人は、売り込みが近道です。
ゲームについて自分で勉強してきた人や、アイデアをもっている人は、初めからオリジナルの企画をゲームメーカーやソフト制作会社に売りこむのが近道です。
大学や専門学校でコンピュータの基礎を学んでから、ゲームメーカーやゲームソフト制作会社に入社するといいでしょう。

TOP