~まだ知らない自分に出会う場所~

食品メーカー

食品メーカーの仕事内容は?

食品メーカーで商品開発や品質管理などをします。

食品メーカーなどに勤め、加工食品の開発や品質管理、製造ラインの立ち上げなどを行います。
商品の開発では、新商品の企画に対して具現化する案を考え、試作品を作って味や食感、栄養などを分析し、検討します。
また商品ごとに工場の製造ライン(製造する機器や設備)を組み立て、衛生面に問題がないか確認したり、効率のよい生産計画を立てたりします。
こうした商品開発や生産におけるさまざまな課題を解決し、安全でおいしく、売れる商品を作ります。

食品メーカーはどんな働き方をするの?

専門(せんもん)的に学んできた知識や技術を生かした仕事ができます。

食品メーカーに勤める研究者や技術者は、室内で実験や調査をしているだけではありません。
商品の提案をする営業担当に同行したり、工場の製造ラインを確認したり、社内で新商品の試食や打ち合わせをしたりと、取引先や社内のほかの部門と仕事をすることも多いです。
分析が夜間までかかることもありますが、残業や休日出勤は比較的少ない仕事でしょう。
大学などで専門的に学んできた好きなことを仕事にしているやりがいがあります。

食品メーカーはどんな人に向いているの?

化学や工学の専門知識を持っていることが第一にあるため、理系の学問が得意であることは外せません。
研究心があり、実験や調査に熱中できるような人が向いているでしょう。
商品の提案や検討では、営業担当や取引先の担当者に対するわかりやすい説明が求められるため、論理的思考力やプレゼンテーション能力が必要です。
自分の知識や技術を世の中に役立てたいという熱い気持ちや責任感があると、仕事のさまざまな困難も乗りこえられるでしょう。

食品メーカーにはこうすればなれる!

研究者や技術者には高度な専門知識や研究実績が求められるため、食品メーカーの採用試験では大学卒業あるいは大学院修了までの学歴を条件としていることが多いでしょう。
まずは大学の農学部や栄養学部などに進学して、食品科学や栄養学、調理学、農学、化学などの専門分野を学びましょう。
学歴に加えて研究成果を発表するなどの実績があることも就職では有利となります。
*高校は普通(ふつう)科でも問題ありませんが、工業高校、水産高校、農業高校などに進学すると化学や工学の専門的な勉強ができます。

関連職業
 
TOP