~まだ知らない自分に出会う場所~

エステティシャン

エステティシャンの仕事内容は?

エステティシャンの仕事内容は?エステティシャンになるにはどうしたらよい?


エステティシャンの仕事は、お客様の肌(はだ)や全身の手入れを行うこと

・エステティックの定義とは?


一般社団法人日本エステティック協会は、エステティックを「全身美容のことであり、手技又は化粧品・機器等を用いて、人の皮膚(ひふ)のお手入れ(スキンケア)、体型を整える(プロポーションメイキング)、リラクセーション等の施術(せじゅつ)および指導」と定義しています。美しさを求める人の手助けをし、肌や全身の手入れをするエステティックを専門的に行う人をエステティシャンと言います。

・エステティシャンの仕事の範囲は?


エステティックは、フェイシャル(美顔)、ボディケア、脱毛(だつもう)、カウンセリングなどに分かれており、店によって全部をあつかう場合と、一部だけをあつかう場合があります。エステティシャンはマッサージやパックなどの肌の手入れはもちろんのこと、お客様の悩(なや)みを聞くカウンセリングをしたり、会話やサロンの空間を楽しんでもらったりして、お客様がリラックスできるような気配りや応対を心がけます。

・エステティシャンが行う主な施術(しじゅつ):フェイシャルエステ


フェイシャルエステは首から上、顔や頭部への施術です。お客様の肌の悩みに合わせて、古い角質などをはがして肌の新陳代謝(しんちんたいしゃ)を促(うなが)すケミカルピーリング、血行やリンパの流れをよくするマッサージ、スチームや美容液、マスクなどを使用した美肌・保湿(ほしつ)などの施術を行います。

・エステティシャンが行う主な施術:ボディケア


ボディケアでは、体の疲(つか)れをほぐしたり、血行やリンパの流れをよくしたりするオイルマッサージ、美容機器を使用してプロポーションを整える施術、全身のお肌をお手入れする施術などを行います。

・エステティシャンが行う主な施術:脱毛


エステティシャンが施術できるのは美容脱毛で、メラニン色素に反応する光を照射して行う光脱毛や、ワックスを塗ってはがすワックス脱毛などがあります。 お客様にメリットやデメリットをしっかりと説明し、肌を傷めることのないよう注意を払って施術します。レーザー脱毛などは医療(いりょう)脱毛のため、エステティシャンは行うことができません。

・エステティシャンが行えないこと


幅広い施術を行うエステティシャンですが、下記の行為(こうい)は行うことができません。
・医師免許を持たずに、医師の医学的判断及(および)び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし、または危害を及ぼすおそれのある行為。
・美容師免許を持たずに、パーマネントウエーブ、結髪(けっぱつ)、化粧等の方法により、容姿を美しくする行為。
・理容師免許を持たずに、頭髪の刈込(かりこみ)、顔そり等の方法により、容姿を整える行為。
・疾病(しっぺい)の治療(ちりょう)を目的として行う医業類似(るいじ)行為(医学的観点から人体に危害を及ぼすおそれのある行為)
参考:一般社団法人(いっぱんしゃだんほうじん)日本エステティック協会「エステティックについて」

エステティシャンの仕事の流れ


・カウンセリング


来店したお客様の状況(じょうきょう)を把握(はあく)し、解決したいと思っている悩みをていねいに聞きます。 お客様が要望していることをくみ取り、どうすれば改善でき、満足してもらえるのかをいっしょに考え、施術の内容やコースを決めていきます。注意点やメリット・デメリットがあればお客様にわかりやすく説明します。

・施術


フェイシャル・ボディケア・脱毛など、お客様の要望に合わせたコースで施術を行います。お客様の肌にふれるため、細心の注意を払います。悩みを解決するとともに、リラックスした時間や空間も提供します。

・営業・販売(はんばい)


施術後、お客様が自宅で行うケアの紹介(しょうかい)や化粧品(けしょうひん)の提案をすることもあります。お客様の悩みや様子に合わせて、ニーズを満たすような提案をすることで、信頼(しんらい)の獲得(かくとく)や次回以降の来店につながっていきます。

・店舗(てんぽ)業務


接客や施術がないときは、店舗の受付や会計、道具や備品の手入れや管理、店舗の清掃(せいそう)などさまざまな仕事があります。

・アフターフォロー


来店してくれたお客様にはがきやメールでその後の様子をヒアリングしたり、ホームページやSNS、ブログなどで店舗の様子やおすすめのコース、新しい機械や技術などを紹介したりして、次の来店につなげる活動も行います。

エステティシャンの仕事のやりがい


・お客様の満足が大きな喜びに


お客様の悩みを解決し、感謝の言葉をもらったり、信頼してリピーターになってもらえたりすることにやりがいを感じる人が多いようです。美容や身体のケアに興味関心がある人ならば、知識や技術も身について、自らのケアや健康管理にも役立てることができるというメリットもあります。
エステティシャンはどんな働き方をするの?

エステティシャンの勤務時間や働き方

・エステティックサロンで働く


エステティックサロンは全国各地にあり、募集(ぼしゅう)が行われています。お客様が仕事帰りに利用しやすいよう昼ごろに開店し、夜10時ごろまで営業するところが多いようです。ふつうは予約制をとっていますが、お客様の休日に予約が集中しがちなので、そこで働くエステティシャンは、土曜・日曜や祝日に休みを取れるとは限りません。

・独立開業する


技術を磨(みが)き、経験を積めば、独立開業することも可能です。接客や施術の腕前(うでまえ)はもちろんのこと、開業や出店の準備、サロンの経営、スタッフの指導・育成も重要な仕事となります。

エステティシャンの1日の流れ


・出勤・開店準備


サロンの開店時間より早めに出勤し、清掃や道具のセッティング、予約内容の確認(かくにん)、連絡事項(れんらくじこう)を伝達するミーティングなどを行い、お客様を迎える準備をします。

・開店


お客様が来店したら、カウンセリング、施術などを行います。予約人数やコースなどによって、1日の施術時間は変わりますが、1日数名を担当することが多いでしょう。適宜(てきぎ)交代しながら昼食や休憩(きゅうけい)をとります。

・閉店後


その日の施術や接客の報告、売り上げの確認、サロンの清掃や後片付けなどを行います。勉強会や研修、新しい機械の導入準備などを行うこともあります。
エステティシャンはどんな人に向いているの?

エステティシャンは好感をもたれるような人柄(ひとがら)の人に向いている

エステティックのやり方は、お客様ごとに一人ひとりちがいます。お客様とじっくり話し、その人に合った方法を説明し、提案していく接客の力が必要です。また、美容と健康に興味があることも欠かせません。接する人に好感をもたれるような人柄であること、活動的であることなども求められる条件と言えます。

エステティシャンの将来展望は?

エステティシャンの仕事の将来性は?裾野が広がりニーズが高まる

・高まる美容への意識


女性客だけでなく、美や健康に関心の高い男性客も増えています。エステティックサロンは、各地にチェーン店を増やしています。また、スポーツ施設やリゾート地のホテルの中などにも、サロンがつくられるようになっています。サロンは女性向けばかりではなく、近年は身だしなみに関心の高い男性も多く利用しており、活躍(かつやく)の場は広がっています。

・医療機関や福祉(ふくし)施設でのニーズも


近年では、精神的・肉体的・社会的な困難を抱(かか)えている人に対し、医療や福祉の知識に基づいて行う総合的なエステティック「ソシオエステティック」への関心も高まっています。エステティックの施術によって、その人のQOL(生活の質)を高めることに寄与(きよ)することをめざします。
エステティシャンにはこうすればなれる!

エステティシャンになるには資格が必要?

・資格は必須(ひっす)ではないが、取得すればステップアップに


エステティシャンの仕事は資格がなくてもできますが、一定の知識や技術があることを認定する資格がいくつかあります。

・エステティシャンの資格:AJESTHE認定エステティシャン


基本的な知識・技術を持ち、担当範囲(はんい)のエステティックサービスを適切に提供できる能力があることを認定する資格です。フェイシャルケアやボディケアの技術試験と、マークシート式の筆記試験があります。協会認定校での一定時間以上のコースの修了か、実務経験1年以上が必要となります。

・エステティシャンの資格:AJESTHE認定上級エステティシャン


専門的な知識・技術を持ち、お客様のニーズにこたえるエステティックサービスを提供することで店舗・サロンの利益やお客様満足を実現できる能力があることを認定する資格です。AJESTHE認定エステティシャンの上位資格となります。フェイシャルやボディのほか、メイクやネイルの技術試験と、筆記試験があり、協会認定校での一定時間以上のコースの修了か、一定の実務経験などが必要となります。

・エステティシャンの資格:AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザー


エステティックを総合的に深く理解し、お客様に求められる実践(じっせん)力とサロンでの指導力があることを認定する資格です。AJESTHE認定上級エステティシャンの上位資格となります。筆記試験、実技試験があり、広いテーマの中から出題されます。実技試験ではプレゼンテーションやロールプレイングを行います。

エステティシャンの勉強はどこでする?


・美容専門学校


エステティシャンになるために、公的な資格はとくに必要ありませんが、知識や技術をしっかりと基礎(きそ)から学びたいと思ったら、専門学校に入って学ぶのもよいでしょう。美容専門学校では、幅広いジャンルについて学ぶことができます。

・エステティックスクール


さまざまなコースの中から選ぶことができます。自分がどのような知識・技術を身につけていきたいか、方向性をよく考えて選ぶのがよいでしょう。一般社団法人日本エステティック協会から登録教室を探すこともできます。

・未経験者でも応募できるサロンも


大手のエステティックサロンでは、未経験者も数多く受け入れています。自社の研修システムがあり、しっかり指導してくれるので、採用された後に技術を身につけ、活躍しているエステティシャンも大勢います。
TOP