~まだ知らない自分に出会う場所~

コピーライター

コピーライターの仕事内容は?

人をひきつける魅力のあるコピー(宣伝文)をつくるクリエイターです。

テレビやラジオのCM、新聞や雑誌やインターネットの広告のほか、パンフレットやポスター、チラシなどのコピーをつくっているのが、コピーライターです。
コピーライターには、商品やサービスの特長をつかみ、世の中の様子や流行なども理解した上で、消費者を引きつけるコピーをつくることが求められます。
1本のコピーが採用されるまでには、情報を集め、プランを立て、何十本ものコピーを試しに作るなど、多くの時間や労力がかけられます。

コピーライターはどんな働き方をするの?

広告代理店で働くのが一般的ですが、フリーランスで活躍する人もいます。

コピーライターの多くは、広告代理店や広告制作プロダクションなどに勤めています。
最初は一般社員として採用されることが多いようです。
人気のある大手広告代理店への就職はかなり難しいですが、まずは、中小の広告代理店や広告制作プロダクションに就職して経験を積み才能を発揮すれば、ステップアップも可能です。
経験をつみ、才能のある人であれば、フリーランスで売れっ子のコピーライターとして、さまざまなシーンで活躍することも可能です。

コピーライターはどんな人に向いているの?

コピーライターは、文章を書くことが好きで、広告や宣伝に興味があることが大切です。
一つのことにこだわったり、これまでの常識にとらわれすぎることなく、自由な発想や考え方ができる人に向いています。
消費者が何に興味をもち、何を求めているかなど、常に時代の流れに敏感であることも必要です。

コピーライターの将来展望は?

時代に合った効果的なコピーを生み出す感性が求められます。

商品の販売競争がはげしくなるにつれて、広告代理店などは業績をのばしてきました。
テレビCMが商品の売れ行きに与える影響は大きく、キャッチコピーが流行語になることも少なくありません。
そのため、より効果的なコピーを作ることのできる人が求められています。

コピーライターにはこうすればなれる!

実力主義の世界なので、広告代理店などで実績をつくりましょう。

コピーライターは実力がものをいう世界なので、文章テクニックやいろいろな分野に関する知識は必要ですが、特別な資格や学歴は必要とされません。
ただし、大手の広告代理店では、大学卒者を採用条件としているところも多くあります。
また、広告代理店に入社した後は、いろいろな部署で仕事を経験したのち、適性によってコピーライターに起用されるのが一般的です。
まずは、現場に身を置き、コンテストに積極的に応募するなど、自らチャンスを広げることが大切です。

TOP