~まだ知らない自分に出会う場所~

スーパー・コンビニ店長

スーパー・コンビニ店長の仕事内容は?

コンビニ店長になるには? スーパーの店長の仕事とは?


スーパー・コンビニ店長は店の運営のためにあらゆることを管理する仕事

スーパーマーケットとコンビニエンスストアは、店の大きさや商品などに違いはありますが、店長の役割はほぼ同じと言えます。
店長の仕事は、店のすべてを管理し、売り上げをのばすためにさまざまな努力をすることです。
流行っていることや、テレビなどで放送されている情報などを細かくチェックして、お客様がどのような商品を買いたいのか考えて仕入れます。
また、お客様が気持ちよく買い物できるよう、店の掃除が行きとどいているかどうかをチェックしたり、従業員に身だしなみや接客の仕方などを教育したりもします。
コンビニは、親会社が運営するフランチャイズ・システムの加盟店であることも多く、その場合は親会社から宣伝や販売のしかたなど多くの面で支援を受けることができます。

スーパー・コンビニ店長はどんな働き方をするの?

スーパー・コンビニ店長は店舗の中心者として働く

商品の仕入れから棚への陳列、レジの中身の確認、店内のチェック、防犯対策、従業員のシフト管理など、店長の仕事にはたくさんの種類があります。
大型スーパーでは週休2日制のところが多いようですが、お店自体は土日も営業しているため、休日が必ずしも土日とは限りません。
また、特定地域を除いて基本的に年中無休・24時間営業のコンビニの場合、24時間を3~4分割し、アルバイトや従業員とともに交代制で働くことが多いようです。

スーパー・コンビニ店長はどんな人に向いているの?

スーパー・コンビニ店長リーダーシップ、思考力、計算力がある人に向く

スーパー・コンビニ店長には、実際に店頭に立って販売をする社員やパートタイマーをまとめていけるリーダーシップが欠かせません。
それに、店の売り上げをのばすためにはどうすればよいかを考える力や工夫する姿勢も求められます。また、商品や売れ行きに関係する情報のチェックや、経理の仕事もあるので、数字や計算に強い人がよいでしょう。

スーパー・コンビニ店長の将来展望は?

スーパー・コンビニ店長の将来 競争激化で若い人材が活躍

スーパーやコンビニは次々に出店し、競争がはげしくなってきていて、どのお店もお客さんが求める店づくりに知恵をしぼっています。
また、インターネットを使ったオンラインショッピングを使う人も増えており、今後はどんなものが売れるか分析したり、そのための情報を集めたりする力や新たな店づくりを行う企画力などが求められてくるでしょう。
競争に勝つため、新しいアイデアを出せる若い人材に期待がよせられています。
スーパー・コンビニは、その店が立つ場所によって、お客様が必要とするものが変わります。
また、インターネットの普及によりライバルは近くの店だけではなくなりました。そのため、スーパー・コンビニ店長は、他の店にはない特色をどのように出すのかを考える力が求められる仕事と言えるでしょう。

スーパー・コンビニ店長にはこうすればなれる!

スーパー・コンビニ店長になるには? 販売士の資格が有利

・評価が高まってきた販売士の資格


スーパーやコンビニの仕事に、学歴や資格はとくに必要ありません。 しかし、仕入れの計画や在庫の管理などに、これまでのような経験やカンにたよるのではなく科学的な方法が必要になってきています。 店を運営するためのそういったノウハウは、フランチャイズ・システムに加盟している店であれば、本部の研修などで学ぶことができますが、それを使いこなせる4年制大学卒業程度の学歴をもった人材が求められる場合もあります。


・販売のプロを目指す「販売士」の資格



スーパーやコンビニの店長になるために、特に決まった資格はありませんが、日本商工会議所が実施している販売士という資格があります。
1級では、どのような商品を販売するかを考える商品計画や、経営計画を立てる店長以上に役立つ内容を身につけていることが証明できます。
2級では、店舗販売での高い専門知識を身につけていることが証明でき、店長は2級以上が適切と考えられます。店での販売の仕事は、プロとしての技術を証明しづらい分野でもあるので、キャリアアップのためにもこの資格を取る人も多いようが、「酒類販売管理者」「衛生管理者」「サービス接遇検定」なども目標にすると良いでしょ

関連職業
 
TOP