~まだ知らない自分に出会う場所~

CADオペレーター

CADオペレーターの仕事内容は?

コンピュータで設計図や完成予想図をつくります。

CADとは「コンピュータの助けを借りた設計」という意味で、一般に「キャド」と呼ばれています。
CADソフトを使うと、建築物などさまざまな図面をコンピュータでかくことができます。
高度で複雑な設計図も、短時間でつくれます。
CADオペレーターの仕事は、このCADソフトをつかって図面や完成予想図を作製することです。
立体的な建築の設計図、精密な機械の図面などもCADソフトでつくっています。

CADオペレーターはどんな働き方をするの?

一般的には、建設会社やデザイン関連会社などで働きます。

そのほか、電機・機械・自動車・通信などさまざまな分野で必要とされています。
正社員として、つねに職場で働く以外にも、パートやアルバイトとして週に決められた時間だけ働くこともできます。
また、派遣会社から、ものづくりを行う企業へ派遣されて勤務する場合もあります。

CADオペレーターはどんな人に向いているの?

設計技術者やデザイナーの要望を、できるだけ正確に画面上にあらわすことが大切です。
そのため、きっちりと仕事をするきちょうめんさが欠かせません。
また、次から次へと入ってくる仕事をこなせるスピードも求められます。
立体的なデザインに生かすことのできる、センスのある人が向いているでしょう。

CADオペレーターの将来展望は?

在宅オペレーターが増える可能性もあります。

コンピューターの普及により、CADオペレーターの活躍の場は広がってきていますが、これからはより質の高い仕事が求められていくでしょう。
なお、今後は、自宅のパソコンで仕事をする在宅オペレーターも増えていきそうです。

CADオペレーターにはこうすればなれる!

短大や専門学校で基礎を学ぶ必要があります。

CADオペレーターには、CADのあつかい方や製図の知識が必要とされるので、短大や専門学校で情報処理関連、建築CAD設計、CAD設計製図などを学ぶとよいでしょう。
関連する資格として、CADを利用するうえで必要な知識や技術のレベルをはかる「CAD利用技術者試験」などがあります。

TOP