~まだ知らない自分に出会う場所~

広告代理店のお仕事

広告代理店のお仕事の仕事内容は?

広告や宣伝の方法を考え、制作する人です。

新しい商品やサービスを消費者にアピールするためには、広告や宣伝が欠かせません。
広告や宣伝をプロデュースしているのが、広告代理店の仕事です。
まずは、企業に対して効果のある宣伝方法を考え、企画をプレゼンテーションします。
企画が採用されれば、企業の担当者と具体的な打ち合わせを重ねて、社外のスタッフとも協力しながら広告物を制作していきます。

広告代理店のお仕事はどんな働き方をするの?

さまざまな部門で働き、打合せを数多くこなします。

広告代理店には、大手総合代理店、新聞の求人広告を専門に扱う代理店、決まった企業の広告だけを扱うハウスエージェンシーなどがあります。
営業や制作部門のほか、新聞や雑誌に掲載するための広告枠を確実に得るといった媒体部門や、市場調査をしたり、店頭でイベントを行ったりするマーケティング・セールスプロモーション部門などがあります。
広告の企画を考え、具体的な形にしていくため、社内での会議や依頼主の下へ出向いての打ち合わせなどに1日の大半を費やします。
職場によっては企画提案の締め切り前などは忙しくなることが多く、また担当する商品のCM撮影やイベントなどのため、夜遅くや休日の出勤もあるようです。

広告代理店のお仕事はどんな人に向いているの?

ユニークなアイデアを出すには、はば広い知識やいちはやく流行を感じとるなどするどい時代感覚が求められます。大がかりな広告キャンペーンなどでは、写真家やコピーライター、グラフィックデザイナーなど、たくさんのスペシャリストがかかわります。
そのため、広告・宣伝担当者には、スタッフをまとめるリーダーシップが必要です。

広告代理店のお仕事の将来展望は?

いろいろなメディアを活用して広告・宣伝できる人が求められます。

最近、これまでメインだった新聞やテレビ以外のメディアを使った広告が増えています。
とくにインターネットを使った広告は、大きくのびています。そのほか、ラッピングバスなど公共の交通機関を使ったり、ビルの壁を使った広告などもあります。
これからは、いろいろなメディアを活用しながら、より効果的な広告・宣伝をすることのできる人が求められるでしょう。

広告代理店のお仕事にはこうすればなれる!

学生時代から雑学や知識を身につけることが必要です。

大手広告代理店には、4年制大学卒業を条件にしているところもあります。
学生時代から、文学や音楽、映像などに接したり、雑学的な知識を身につけておくと役立ちます。
多くの広告代理店では、入社後に自分が所属する部署が決まります。
部署によっては、すぐに広告や宣伝の仕事ができないこともあります。
大手広告代理店は人気で就職はかなり難しくなっています。

TOP