~まだ知らない自分に出会う場所~

ケアマネージャーになるには 佐藤萌さんインタビュー 

介護のお仕事ってどんなイメージを持っているかな?人とかかわるお仕事・人のためになるお仕事とうイメージが強いのではないかな?
誰かのために一生懸命に動くことができるって、すごいことだよね。
今回は、ケアマネージャー(介護支援専門員)として活躍するオトナのインタビュー動画をお届け!


今回のオトナの本音はこちら!
佐藤 萌さん


佐藤さんは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として活動をしているよ。
大学時代、ボランティア活動などを通じて「他の人のためになること」に興味を持ち、福祉のお仕事を選んだそうだよ。
様々な活動に積極的に参加し、興味関心を広げることが、将来のお仕事にもつながっていくんだね!
将来に悩めるキミ、人の役に立つお仕事に興味があるキミ、早速動画を見てみよう!




ケアマネージャー

ケアマネージャーは介護保険制度の中心をになう専門職


介護を必要とする高齢者が急激に増えていることに対応するために、2000年度から介護保険制度が始まりました。
介護に必要なお金を国民が平等に負担するしくみをつくり、介護を必要とする高齢者一人ひとりに応じた、きめ細かな介護を提供するのが目的です。
都道府県が定めた介護保険施設や病院などに勤めるケアマネージャーは、この制度の中心となる専門職です。
介護を必要とする高齢者の相談にのり、その人に合った介護プランをつくります。
また、市町村や介護保険し設などと連絡をとり、その人に合ったサービスが利用できるようにスケジュールを調整するといった仕事を行います。

ケアマネージャーはどんな働き方をするの?


ケアマネージャーの勤務時間は、他の福祉関係の仕事とは違って夜間や泊まり込みの勤務は少なく、平日の昼間に働くのが基本です。
しかし、サービスを必要とする高齢者やその家族を訪問して相談を行うこともあり、場合によっては夜間や休日に働くこともあります。
また、急ぎの相談などがあったときには、勤務時間以外でも対応することもあります。

ケアマネージャーはどんな人に向いているの?


介護を受ける高齢者の必要性におうじて、きめ細かな介護計画を立てたりするので、企画を立てる力やスケジュールを管理する力が求められます。
また、介護保険制度を利用できるようにするために、高齢者のかわりに書類を作成することもあるので、事務を処理する能力も求められます。

ケアマネージャーの将来展望は?


少子高齢化社会が進み、採用は安定しています。
日本は急激に高齢化社会になり、2035年には3人に1人が65歳以上になると言われています。
そうしたなかで、介護に関係する仕事にはより専門性が求められており、介護を必要とするそれぞれの人にふさわしいサービスを調整するケアマネージャーは、より重要になっていくでしょう。
福祉の現場は全体的に人が足りておらず、これからも求人が減ることはないと思われます。

ケアマネージャーにはこうすればなれる!


実際に働きながら資格を取ります。
ケアマネージャーの資格を取るためには、福祉などの現場で決められた期間、実際に働いたあと、都道府県が行う研修を受けるための試験に合格し、研修を受けることが必要です。
実際には、介護福祉士などが資格を取り、これまでの仕事の経験を生かしながら仕事をしていることが多いようです。





どうだったかな? ケアマネージャーに関係する職業としては
介護事務
介護福祉士
ソーシャルワーカー
などがあります。興味があったら調べてみてね。
TOP