~まだ知らない自分に出会う場所~

参観日に手が上がる予習法を試してみよう

sankanbi-illust.png

学校の授業参観日。いつもの授業で手を挙げるのも気がのらないのに、保護者のかたがズラーっと並ぶなかで手を挙げて、しかも間違えるシーンを想像したら......考えただけでも逃げたくなってくる!?
普段の授業から、間違えることがいやで手を挙げるのが難しい人や、そもそも「先生がなんの話をしているのかさっぱりわからない」という人、......そんな人に今日はオススメの勉強を教えちゃうよ。
ズバリそれは「予習」だ。
「え?予習?確かにやった方がいいとは言われるけど、習っていないところなんてわからないし」
そりゃそうだ!習っていないところはわからなくて当然。でも大丈夫。予習をする意味は「わからない」ことに気づくところにあるんだ。



予習は勉強が苦手でも大きな成果を上げられる方法


もし、キミが成績アップを狙っていて、でも、予習が大切だとはあまり思っていなかったら、それはとってももったいない!
復習ももちろん大切だけど、学校での授業時間を実のあるものにして、復習をする大変さを減らす方法こそ「予習」なんだ!
勉強が苦手な場合、家で机に向かう時間は少しでも短くしたい......そんなふうに思うよね。
休みの日に「6時間は勉強しなさい」って言われたら「そんなに机に向かうなんて、無理!」と思うかもしれないけど、6時間授業の日、キミは学校で6時間勉強しているんだって気づいてた?
そう、実は平日はすでに「机に向かう時間」が学校でたっぷり用意されているんだよね。だから、予習をすることで授業の時間を充実させて、家での勉強時間も減らすことができるんだよ!



予習で最も大切なのは


予習するときに大切なのは「自分がわからないところを見つけておく」ことだ。
楽しい例に例えるなら、これは「初めてのテーマパークへ行くとき」と似ているかもしれない。
まったく知らないテーマパークへ連れて行かれて「ハイ、遊んでおいで!」といわれても、どんな乗り物があって、どれがいちばん人気で、どこで写真を撮るのがオススメなのか、さっぱりわからないよね。わからないままに園内を歩いて、時間になって引き上げたら、いちばんのオススメの乗り物は行ってない場所にあった......!なんて残念すぎる。
実は、予習をせずに授業を受けるということは、それと同じようなことが起こっているっていうことなんだ。
「今日の授業でやる大まかな内容」
「どのあたりに、自分が『?』と感じる内容があるか」
「問題に出るのはどのあたりなのか」
予習をすることで、集中して授業を聞いておくべき「ポイント」をつかむことができるんだ。
まずは、次の授業でやる部分の教科書を読んでみることから始めてみよう。
1度目を通すことで、知らなかった単語も1度目に入る。すると、授業で聞いたときの理解の深さが大きく変わってくるんだ!
どう?ちょっと予習してみる気になってくれたかな。



授業の受け方も工夫しよう


予習をして授業を受けると、これまでとは授業の受け方が変わるはずだ。
「あれ?先生が言っていることがわかる」
「あ、ここが大切なのか!」
と、いつもよりも余裕をもって話を聞けている自分に気づくんじゃないかな。
そして、ちょっと余裕を感じたら、先生の話のなかで出てきたポイントをノートにメモして、復習のときに見直してみよう。
予習で1回目、授業で2回目、復習で3回目......と繰り返し同じ内容に目を通すことになれば、いつもよりも身についていることがわかるはずだよ!
予習をすることで授業にも積極的に参加できて、「ボー」っとしたまま1時間が過ぎることが減るのは間違いない。そして、学校の授業を集中して聞くことができるようになれば、それはつまり1日あたりの勉強時間が増えているのと同じこと。
どう、予習の力ってすごいでしょ!?
さあ、参観日の前に、今日からスタートしてみよう!



予習に興味を持ったキミにぴったりな仕事
どうしたら勉強ができるようになるのか、いろいろな方法を考えてみることに興味がある人は「中学校教諭 高校教諭」を調べてみよう。自分の受け持ったクラスの子どもたちの成績が上がるように......とひとりひとりに合った方法を考えてくれるのが先生だよね。
「ノウハウをまとめて、それをみんなに伝えたい......!」そんなふうにだれかに伝えることに興味をもったキミは「出版社社員」が向いているかもしれないよ。世の中に埋もれているだれかのアイデアを、どうしたらもっとたくさんの人に伝えられるのか?いつも考える仕事だ。
だれかの勉強のやり方の相談にのって、その方法についてアドバイスすることにやりがいを感じたら、「中小企業診断士」という仕事を調べてみよう。「中小企業のお医者さん」と呼ばれる仕事だよ。
どんな仕事かな?と思ったら「ミライ科」を見てみてね!(職業名をクリックしたら見られるよ!)



TOP