~まだ知らない自分に出会う場所~

片思い あるある 男子も女子もdokidokiだよね!

ツンデレの女の子

連続ドラマや小説、映画や漫画でなくてはならない要素、それは「恋愛」。
歴史もの、アクション、ヒーロー、どんなジャンルでも盛り上げるのに一役買っているのが「片思い」というスパイス!
相手を想う気持ちが高まりすぎて、ついつい突っ走っちゃうのも仕方がない!周りからしたら「オイオイオイ!止まれー!」なんていうこともあるけれど、本人はいたく真剣だったりすると、それすら微笑ましくて応援したくなっちゃう。そんな、片思いでついやっちゃう「あるある」を考えてみたよ。



そもそも学校が「相手に会える場所」となっている


学校は授業とか勉強とかの場所ではもはやない。あの人と会えるから学校に行くのだ。これが学校に行く唯一のモチベーションなのだっ!
うんうん、その気持ちはとってもよくわかる。逆に長期休みが嫌だったりするよね。だってあの人に会えないんだもん。

目があっただけでその日は最高


どんな日がいい日か? だって? あの人と目があった日に決まってるじゃん!
もちろん、こっちはずっとあの人のことを見ているんだけどさ、なかなか目が合わないんだよね。
だからなにかの拍子に目があうなんて、これはもう奇跡! 尊いわー。目があった瞬間に手を振ってくれたりしたら気絶しちゃうかも。

あいさつできた日を一生忘れない


「おはよう」って言われた! あの人から言われた! が、しまった! あせってしまって「おおおおおおお、おはあよよよう・・」なんて変な民謡のような調子で返してしまった。
あいさつするなら、その前に言って欲しい。「今日はあいさつするから心の準備をしといてね」って。
変な民謡調の返事とともに、顔も引きつっていた。ちょっと「なまはげ」のお面な感じだったかもしれない。
今日から寝る前に「おはよう!(笑顔)」の練習をしようと心に誓ったよ。

なにも用事はないけど、あの人のクラスに行く


なにも用事はない。ただ、そこにあの人がいるからそのクラスに行くんだ。
それはあたかも登山家がなぜ山に登るのか、と問われて「そこに山があるからだ」と答えるのと似ている。
「なぜそのクラスにいくのか? そこにあの人がいるからだ」
なんとすがすがしい。人生の本質を見る思いだ。用事? そんなものはでっち上げればいいだけだ。

後光がさしている


「後光」は「ごこう」と読む。仏や菩薩の背中から放射されると言われている神秘的な光のことだ。
恋するきみには、あの人に「後光がさしている」ように見えるはずだ。
周りの景色からあの人だけが浮いて見える。オーラを感じる!
あ、手を合わせないで。拝まないでー。

学校行事がパラダイス


平凡な毎日にメリハリを生んでくれるのが学校行事。体育祭、文化祭、遠足、球技大会、部活の大会......とにかく、学校行事はいつもと違う姿が見られたり、ひょんなきっかけで話すチャンスがうまれたりするから片思い中の身にとってはパラダイス!
体育祭なんかはクラスが違うと敵どうしっていうこともあるけれど、ハチマキ姿を見るだけでドキドキドキドキ......一緒に写真を撮るチャンスだってあるかもしれない!
文化祭では、好きな相手が当番になっている時間を狙って遊びに行けるし、クラスをまたいで実行委委員を一緒にやれたりしたら、もうそれはバラ色の日々だよね!一気に距離を縮められたら、文化祭後には......なんて想像もふくらむよね。



移動教室が楽しみ


好きな相手が同じ学年の場合は、移動教室も一大イベントだよね!
同じクラスだったら、バスや電車での移動中も興奮は止まらない。近くの席になったら、数時間近くにいられて、おしゃべりができる!
それに移動教室は宿泊することが多いよね。24時間×2、3日、部屋は違っても同じ建物や近くに相手がいると想像するだけで、ドキドキドキドキ......。 移動教室では、好きな人とクラスが違えばなおさら、普段は見られない食事姿や、授業中の真剣な表情、友達と笑い合う姿が見られて、レアなシーンがたっぷり。
ずっと幸せ気分で過ごせちゃう!



いじわるしちゃう


これは小学生、もしくは幼稚園児もやっちゃうやつ。構ってほしいあまりに、相手が嫌がることをワザと言ったり、注意したり、ついついいじわるをする!
いじわるしながら距離が縮まってハッピーエンドになれば微笑ましいけれど、相手がいわゆる「いじられキャラ」の場合はキミの気持ちにはまったく気付いていない可能性もあるし、中学生にもなると、ときには本当に傷つけることを言ってしまっている可能性もある。
小さな子供とは違うのは「いじめた後」がポイントだっていうこと。ちゃんと相手の様子を見て「しまった!傷つけた!」と思ったときはすかさずフォローを。
フォローできないのは小学生まで。中学生になってフォローができないと単に嫌われるだけだから気をつけて。
中学生だからこそ、「普段はいじめてくるのに、ときどき優しい」っていうギャップ作戦に出るのもアリだ。片思いを両思いに変わる可能性も高いから、高度なテクニックだけどぜひ使ってみてほしい!

同じ状況の歌を激リピしてしまう


「うわ! これわたしのことじゃん!」って感じた歌を何度も聴いてしまう。片思いの場合はとくにその傾向が強いぞ。
会いたいけど勇気が出なかったり、告白したいけど傷つきたくない、嫌われたくない気持ちが歌われていると瞬時に共感しちゃうんだよねえ。
bucknumber「高嶺の花子さん」GReeeeN「オレンジ」ヨルシカ「花に亡霊」Official 髭男dism「Pritender」あたりを激リピしてないっすか?

彼の苗字に自分の名前を当てはめてみる


これは脳内結婚シミュレーションだね。
たぶん、だれでもやっている。なんなら芸能人とだってやっている。でもそれは芸名だから。本名じゃないから意味なーい。
男の子だってあの人の家に婿入りを夢見てやっているかもしれない。
ちなみにブライダル大手の「ワタナベウエディング」が2018年に調査したところ、あこがれの苗字は「五十嵐」がトップ。
2位「佐藤」、3位「伊集院」「田中」、4位「橘」、5位「山田」「西園寺」「藤原」だったそうだ。
そうなんだー。

恋愛のおまじないをする


もちろんきみは「万葉集」を知っているよね。7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された、現存するわが国最古の歌集のことだ。だいたい1200年前。そのころから「恋愛のおまじない」は流行っていたらしい。
万葉集にはこんな歌が載っている。
君に恋ひうらぶれ居れば悔しくもわが下紐に結ふ手いたづらに
現代語訳:あなたに恋をして切なくなってると、悔しい。自分で下紐を結びなおす自分の手が、むなしくなってくる。
当時、「下着の紐(=下紐)が勝手にほどけると、好きな男性が訪ねてきてくれる」というおまじない信仰があったそうだよ。
それを下敷きにした恋の歌だね。
1200年も歴史がある日本の恋愛のおまじないだもの。絶対効果があるはず! 今日も励もうね!

astronosy.jpg

あの人の星占いもチェック


自分の星座の星占いは当然チェック。そのときにどうしてもあの人の星座の分もチェックしちゃう。
あの人の今日の運勢を知ってどうなるのか? もし「運命の出会いあり」とか書かれていたらどうやって自分をその「運命の人」にするためだ。
「運命の人は黄色いTシャツに赤いパンツ、浮き輪と潜望鏡をつけて現れる」おいおい、そんな運命の人になり切るの、無理だろ。



LINEの返事を遅らせる


LINEの返事が遅いのは「あなたのことを考えて、ていねいに文章をつくっているから」。
ちまたではこのように言われていて、相手に「ちっ、返事が遅いじゃん。あれ、ひょっとして、おれのことを?」という以心伝心ワザなんだよね。少なくともほかの子とは違う印象を残せるかもしれないもんね。

既読スルー、未読スルーが怖い


実際には忙しかったり、単に忘れてただけの話かもしれないけど、そしてほかの人のスルーはどうでもいいけど、あの人のスルーはこたえるわあ。
気持ちはわかるけど、ここで耐えきれず連投したり、返事を強く催促するのは良い印象を与えない。じっとがまん。
ほとぼりをさましてから、またLINEしてみよう。

友達にしゃべってしまう


「好きという気持ちがあふれすぎて、自然にバレている」っていう状態もあるあるだけど、自分で友達にしゃべってしまって、しかもその相手の口が軽くて、数日で本人の耳まで届く......そんなこともあるあるだよね。
「人の口に戸は立てられぬ」というのはよく言ったもので、「〇〇が■■を好き」っていう情報はあっという間に伝わる!みんなウワサ話は大好きだから、人に相談するときは話す相手をよーく考えてからにするのがオススメ。
広まってしまっても「人のウワサも七十五日」という言葉もあるから、2か月間のがまんだ。

片思いは楽しい


両思いで付き合うのももちろん楽しいけれど、誤解を恐れずに言えば「片思い」も楽しい。「片思い」は相手の反応を見て行動したり、ライバルと駆け引きがあったり......なーんてとてもドラマチックだからだ。
そして、なによりだれかを好きになることは素晴らしいことだからね。

きみの気持ちを伝えるのに、プレゼントが力を貸してくれることがあるよね。雑貨デザイナーは恋愛に興味があるきみにぴったりの職業かもしれない。


雑貨デザイナー
pendant.jpg
雑貨デザイナーにはデザインだけを行う人と、商品企画からデザインまでをトータルで手がける人がいる

・雑貨デザイナーの仕事内容とは?


雑貨デザイナーは、日用雑貨専門のデザイナーです。
デザインだけを行う人と、商品企画からデザインまでをトータルで手がける人がいます。
日用雑貨とは、ペンケースなどの文房具、お皿やスポンジなどのキッチン用品、メイク用ポーチやミラー、バス用品、花瓶、ゴミ箱、トートバッグなど様々なものがあります。
雑貨デザイナーは、日用雑貨を素材の質感、機能性、安全性、コスト面なども考えてデザインします。
そのため、デザインや色彩の知識だけでなく、さまざまな素材や安全性、人間の身体の動きなどの幅広い知識を持っています。
またさまざまなユーザーに配慮してユニバーサルデザインの採用も行います。
ユニバーサルデザインというのは、文化、言語、国籍や年齢、性別、能力などの違いにかかわらず、できるだけ多くの人が利用できることをめざしたデザインのことです。

プロダクトデザイナーとの違いは?


プロダクトデザイナーは、ありとあらゆる立体の製品をデザインします。
キッチン用品や文房具などのほか、家電、家具、インテリア、さらには自動車や飛行機などの大きなもののデザインまで含まれます。
雑貨デザイナーもプロダクトデザイナーの1つで、雑貨を専門としているデザイナーと言えます。

雑貨デザイナーは日用雑貨メーカーや、プロダクトデザイン事務所に所属


雑貨デザイナーの活躍の場は、日用雑貨メーカーや、プロダクトデザイン事務所などです。
雑貨デザイナーは基本的に正社員での採用が多い職種ですが、契約社員やアルバイトで働く人もいます。
また、実務経験を積んだあと会社から独立して、フリーランスで活躍している人もいます。
雑貨メーカーやプロダクトデザイン事務所の勤務時間は、1日8時間、土日祝日が休みというところがほとんどのようです。
しかし雑貨デザイナーは、勤務時間中だけデザインのことを考えるのではなく、プライベートでも常に新しい雑貨のデザインのことを考えたり、雑貨売り場でリサーチしたりしている人が多いようです。

雑貨デザイナーには「アイディア」「センス」がある人に向く


雑貨デザイナーに求められるスキルの代表的な者は「アイディア力」「センス」「リサーチ力」「絵を描く力」「コミュニケーション力」です。それぞれについて補足します。
◯ デザインのアイディア力
日用雑貨は、次々と新しいデザインが求められます。こんなデザインはどうだろう?この方が便利な形なのでは?など次々とアイディアを出せる力が求められます。
◯ センス
デザイナーはセンスが命。ほかのメーカーの商品が並ぶ中で思わず手にとってしまう魅力のあるデザインをするには、常にセンスを磨くことが必要とされます。
◯ リサーチ力
今のトレンドを押さえながらさらに新しいヒット商品をつくり出していくには、他社の商品のリサーチや、ターゲットがどのようなシーンでどう使うのか?といったリサーチが欠かせません。
日頃から雑貨屋巡りが大好きな人など向いています。
◯ 絵を描く力
デザインはまずラフスケッチから始まります。
イメージをサラサラと絵で表現できるとデザインの仕事は非常にスムーズになります。イラストを描く能力もデザイナーにはとても大事な要素です。
◯ コミュニケーション力
雑貨デザイナーは、商品企画部門や、工場の営業職の人などと、打ち合わせや連絡、交渉ごとが多くあります。机に向かってデザインに集中する力も必要ですが、コミュニケーション力も重要です。コミュニケーション能力が高いほど、デザインのイメージをしっかり共有しながら、スムーズに仕事を進められます。




告白に大切なのは花束もいっしょ。花屋さんという職業も恋愛に興味を持ったら調べてみよう。


花屋
flowershop.jpg

花屋の仕事は規模や種類によって仕事範囲が変わる


花屋の仕事は、個人の経営する小さなショップから大型フラワーショップ、オンライン専門ショップなど、規模や種類によって仕事範囲は異なります。(ここでは店舗のある花屋さんの仕事をメインに紹介します)。
花屋の仕事は、花の仕入れ、注文や予約の確認、販売、アレンジメントやブーケの製作、接客、配達の手配(自営の場合で自分で配達する花屋さんも)、床の掃除などが仕事です。
まず市場や直接生産者から花を仕入れ、切り花の水揚げ(切り花に再び水を吸わせること)をし、水替え、観葉植物など鉢物の手入れを行います。
それから店頭のディスプレイを整え、商品の値段表示、花束やアレンジメントの商品をつくりながら接客をします。
店頭に訪れる人は、ちょっとしたプレゼントや、自宅に飾る花、お祝い事や発表会など、それぞれの用途で花を買いに来ているので、相手の用途やイメージにあった花を予算に合わせて選ぶことが必要です。
またお客様から花が長持ちする方法や花の名前など尋ねられた時は、花の専門家としてそれに答えることも仕事のうちです。
閉店後は、仕入れが必要な花や鉢を点検して、後片づけや、掃除、水の取り替えなど商品の植物に必要なケアをします。

花屋は早朝から市場に仕入れに行ったり意外と体力勝負?


花屋は美しい花に囲まれた職場に憧れる人も多いですが、花を仕入れに出かけたり、水の入った重いバケツや花を運んだり、一日中立ち仕事だったりと、体力勝負の面が多くあります。
開店前には週に2〜3回、朝5時から6時ごろには花の仕入れのため市場に行ったり、閉店後も店内の片づけや商品の点検をしたりなど、長時間労働になることも多いです。
またサービス業なので土日や祝日には休めないことも珍しくありません。
とくに母の日やいい夫婦の日、クリスマス、お正月などのシーズンは忙しくなります。
花屋で働くことは、美しい花に囲まれて働ける反面、長時間労働で力仕事であることも覚悟しておく必要があります。

花屋に向いている人は?花が大好きで接客好き、体力もある人が向いている


花が大好きな人、植物に関する豊富な知識に興味がある人、フラワーアレンジメントのセンスのある人など、花の魅力を伝えるために必要な知識、技術力、情熱のある人が向いています。そして体力があることも大切です。




デートにふさわしい場所や結婚式場など、空間プロデューサーはステキな場所をつぎつぎと作るよ。

空間デザイナー
wedding.jpg

空間デザイナーとは依頼主の要望に合わせて空間を演出する人


空間デザイナーとは空間をデザインし、ステキに演出する仕事です。 空間デザイナーは、スペースデザイナーとも呼ばれます。おしゃれなカフェ、ホテルのロビー、イベント会場、施設のディスプレイ、美術館など、あらゆる空間をステキな内装やインテリアで演出するのが仕事です。 新築の建物やリフォームの設計段階から関わる仕事もあれば、期間限定でディスプレイのデザインをする仕事など、受け持つ範囲や規模はさまざまです。照明や装飾品、インテリアの手配はもちろん、自分でそれらを作ってしまう人もいます。 空間デザインのイメージを決める時には、依頼主の要望やコンセプトに合わせて提案を行います。与えられた空間をどうやって魅力的にするか、それを考えてプランを立てるのが空間デザイナーの仕事です。

空間デザイナーはどんな働き方をするの?


空間デザイナーには企業内デザイナーとデザイン事務所のデザイナーがいる 空間デザイナーには、ある企業に勤めて企業内デザイナーとして働く人と、 デザイン事務所に所属して外部からさまざまな依頼を受けて働く人がいます。 企業内デザイナーとして働く場合は、例えば、ハウスメーカーや飲食チェーンなどです。しかし最初からフリーランスとして仕事を受ける人もいます。 収入は他のサラリーマンとほぼ変わらない水準ですが、賞を取るなど有名な空間デザイナーになるとかなり高額の年収を稼ぐ人もいます。

空間デザイナーとは内装やインテリアに興味のある人が向いている


空間デザイナーは建物の内装やインテリアに関心があり、日頃からセンスを磨いている人が向いています。 イメージにあったインテリアや装飾品を探したり、選んだりすること自体が楽しくて仕方のない人なら、空間デザイナーの仕事はやりがいになります。




グリーンコーディネーターは結婚式場などの空間を緑で飾り、さらにステキにする仕事だ。


グリーンコーディネーター
greencoodinator.jpg

グリーンコーディネーターとは植物を使って空間を演出する人


グリーンコーディネーターはイベント会場や商業施設などを植物を使った癒し空間に変えるプロフェッショナルです。
・グリーンコーディネーターは観葉植物で癒しの空間を作り出すプロ
グリーンコーディネーターは、さまざまな観葉植物を使って、ホテルやイベント会場、商業施設、オフィスなどを、美しいグリーンの癒し空間に変えるプロフェッショナルです。
グリーンコーディネーターは、お客様からの要望やスペースに合わせて、グリーンのコーディネートを提案するだけでなく、植物を設置することや植物の世話、メンテナンスまでを行います。
またグリーンコーディネーターの仕事は、一人で行うこともありますが、空間デザイナーやインテリアコーディネーターなど関連職種の人たちと共同作業で行うことも多々あります。
・グリーンコーディネーターやりがい
依頼主を始めその空間を訪れる人々に、「癒される」「おしゃれ」「素敵」などと本当に感動して喜んでもらえることが、グリーンコーディネーターの一番のやりがいです。依頼主の期待以上の空間を作り上げることができた時には、大きな達成感を味わうことができるでしょう。

グリーンコーディネーターの働き方は休日や勤務時間帯など変則的になりがち


グリーンコーディネーターの働き方は、休日や勤務時間帯など変則的になりがちです。
グリーンコーディネーターは、依頼先の期日や作業時間の要望に合わせてコーディネートをすることや、植物という生き物のお世話も仕事のうちだからです。
また季節のイベントなどが続く繁忙期には休日が取れないこともあります。

グリーンコーディネーターは植物が大好きで栽培やケアに関心の高い人が向く


グリーンコーディネーターは何より観葉植物が大好きで、植物の栽培やケアに関心の高い人が向いています。また重い鉢を運ぶことが多いので体力に自信があることも需要なポイント。
その上でグリーンコーディネーターとして広く活躍するには、お客さまのニーズ(要望)をくみ取る力や高い提案力、美的なセンスが何よりも求められます。より素晴らしいコーディネートを目指して、常に自分のスキルとセンスを磨くことのできる人が向いていると言えます。




TOP