~まだ知らない自分に出会う場所~

大丸拓郎さん(NASAジェット推進研究所)宇宙開発技術者

NASA フロリダ外観
宇宙のお仕事って、めちゃくちゃかっこよくない!?
でもいったいどんな仕事なんだろう?
宇宙飛行士はなんとなくわかるけれど、それ以外の宇宙のお仕事について、ちょっとのぞいてみよう!

宇宙開発技術者とは? どうすればなれる?

宇宙開発技術者とは、ロケットや衛星など宇宙開発にかかわる技術者。宇宙開発機関ではアメリカの「NASA」が有名だよね。日本では宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、大学や民間企業と連携しながら開発を進めているよ。
宇宙開発技術者の仕事の範囲はとても広く、ロケットや探査機の設計にかかわる人もいれば、月や惑星の研究をする人、特殊素材の開発をする人、気象観測のためのシステムを構築する人、宇宙食の研究をする人などさまざま。宇宙開発技術者は一人で開発を行うのではなく、それぞれ自分の専門分野のチームで活躍しているんだ。

宇宙開発技術者はJ A X A、宇宙に関連する民間企業に就職

宇宙開発技術者の就職先は、宇宙航空研究開発機構(J A X A)や、重工メーカー、電機メーカーなど、宇宙に関連する民間企業だよ。
国際プロジェクトにかかわる場合は、勤務地が海外になる場合もある。
労働条件は勤務先の規定によりますが、ロケットの打ち上げや衛星の運用にかかわる仕事になった場合は、通常の勤務時間ではなく交代制で働く。

宇宙開発技術者には宇宙への興味とチャレンジ精神のある人に向く

◯ コミュニケーション力
宇宙開発のミッションはチームで行われるよ。常に周囲とコミュニケーションを取りながら研究開発を行うことがとても重視されているんだ。
◯ 高い専門知識と技術
宇宙開発は、常に各分野の最先端の技術と知識を集結して行われます。宇宙工学に必要な工学系や理学系、理工系の専門性の非常に高い知識が求められる。入社してからもずっと最先端の知識や技術を学び続けなければならないよ。
◯ 語学力
もちろん、NASAなどの宇宙開発の現場は、国際的で、職場では英語が必須。仕事で支障なく使えるレベルまで語学力をつけておくことが必要だね。
◯ 宇宙への興味とチャレンジ精神
だれも見たことのないものを発見したい、つくりたい、知りたいという宇宙への興味とチャレンジ精神のある人に向いている。
日本の技術者は世界でも技術レベルが高いことで有名なんだよ。優秀な技術者になれば世界中に活躍の場が広がるといえるね。

宇宙開発技術者にはこうすればなれる!

宇宙開発技術者になるには宇宙工学に関する高いレベルの専門知識が必要
宇宙開発技術者になるには、特に指定された資格はありませんが、特に理系の宇宙工学に関する高いレベルの専門知識が必要。この分野の勉強のできる大学・大学院に進学するのがおすすめだ。そのためにも高校では数学、物理、化学などを得意にして理系を選択したほうがいい。

ということで、今回のオトナの本音はこちら!

大丸拓郎さん(宇宙のお仕事)


今はアメリカのNASAで働いているけれど、中学時代は体育がいちばん得意。バスケに明け暮れ、バスケ関連の仕事につきたいとさえ考えていた大丸さん。
そんな大丸さんが、宇宙関連のお仕事を目指すきっかけとなったできごととは!?
さっそく動画を見てみよう!


大丸さんのお話、どうだったかな?
宇宙の仕事につくことははっきり言って狭き門だ。でも大丸さんは自身のブログで次のように語っている。
 「自分の夢や目標を達成するために本質的なことは、具体的なアプローチを考え、どんな環境にいたとしても目の前にある自分がやるべきことをやる、そしてチャンスが巡ってきたときにベストを尽くす」
キミはこのメッセージをどう受け止めるかな?

大丸拓郎さんの経歴

2014年4月 - 2017年3月 東北大学 工学研究科 航空宇宙工学専攻 博士課程
2012年4月 - 2014年3月 東北大学 工学研究科 航空宇宙工学専攻 修士課程
2008年4月 - 2012年3月 東北大学 工学部 機械知能・航空工学科

2017年7月 - 現在 NASAジェット推進研究所 サーマルエンジニア
2017年4月 - 2017年6月 東北大学 流体科学研究所 博士研究員
2014年4月 - 2017年3月 日本学術振興会 特別研究員 DC1

これまでのおもな仕事

火星ローバー Mars 2020, 熱設計チーム, サンプル採集サブシステム・ローバーシステムの熱設計
2018年5月 - 現在
エウロパ・ランダー, サンプル採集チーム, サンプル採集ツール試験用極低温チャンバーの開発
2017年11月 - 現在
エウロパ・ランダー, 着陸地選定に向けたエウロパ表面の実験的・数値的シミュレーション 2017年10月 - 現在
自励振動ヒートパイプ熱制御システムの開発
2017年8月 - 現在
気液二相流体ループ熱制御システムの開発
2017年7月 - 現在

大丸拓郎さんのおもな受賞歴

2020年8月 NASAジェット推進研究所 ボイジャーアワード
大丸拓郎
2020年8月 NASAジェット推進研究所 チームアワード 火星ローバー Mars 2020 Perseverance
サーマルサブシステムチーム
2019年8月 NASAジェット推進研究所 チームアワード エウロパランダー CITADEL
大丸 拓郎
2018年8月 NASAジェット推進研究所 ディスカバリーアワード
大丸 拓郎
2017年3月 東北大学 工学研究科長賞
大丸 拓郎
2016年6月 第18回 国際ヒートパイプ学会・第12回 国際ヒートパイプシンポジウム 最優秀論文賞(学生)
大丸拓郎
2015年10月 第36 回 日本熱物性シンポジウム ベストプレゼンテーション賞
大丸拓郎
2014年8月 日本混相流学会 混相流シンポジウム2014 ベストプレゼンテーションアワード 大丸拓郎
※サイト「reseachmap」参照
宇宙のお仕事について、もっと知りたくなったキミは、ココから詳しく知ることができるよ!
TOP